踏み入る先にあるものはL

6/25 赤城適当縦走

歩きを再開すると今まで低かった笹藪が腰の高さを超え始める。この後笹の高さは上下するが一時は肩までの深さもあった。1680m辺りで本日初のシャクナゲさん。はぐれシャクナゲのため通行に支障は無し。前袈裟丸山だろうか。尾根を遮る切株は左から巻いた。1690m辺りのシャク ...

さて今日の目的の一つである奥袈裟丸の西尾根を観察しようとしたが北方面は木々に覆われてこの始末。仕方なく東進してゆるゆると登っていく。直後面白い造形の巨木に出会う。どうしてこんな形になってしまったのか。近づいてみると183cmの僕でも右側はそのまま通ることができ ...

2015.10.24(土)後袈裟丸山に登るルートは郡界尾根、前袈裟丸山から、法師岳方面からの三パターンがネットでは見うけられる。しかし山頂付近で郡界尾根と合流する西尾根を歩いた記録が見つからない。いずれ奥袈裟丸山を西尾根から登りたいと考えており、奥袈裟丸山の西尾根を ...

石丸峠から上日川峠に迎うルートの始めも展望は良い。しかし少し歩いて行くと木々に囲まれてしまった。日差しが和らぐので悪くはないが展望は望めない。たまに東が見えるさくさく歩いて林道に到着この後林道の山側が大きく崩れているのを見てそっちに注目してしまう。これが ...

人の波についていくと10分で山頂に。展望はなく一本の棒の周りを遠巻きに人が囲む異様な光景が広がっていた。写真の手前と右には人だかり。記念撮影の順番待ちだ。僕たちは棒だけ取って戻った。雷岩を通過して大菩薩峠を目指す。振り返る。賽ノ河原を通り過ぎて東を見る。向 ...

2015.10.18(日)今週末と来週末の予定は決まっていた。今週はM崎君と大菩薩、来週は後袈裟丸山の西尾根だ。土曜は雨予報で金曜の時点で中止、日曜は晴れとのことで決行となった。何故大菩薩かというと近場で紅葉が見れるからどうかとのM崎君からの提案で特に別の案もなかった ...

13:00、黒檜岳に到着。展望はないが山名板はぞろぞろと。ここから先は破線図とはいえ登山道。赤テープやら標識で迷うことはない・・。と思ったが時々左右どちらも進めそうで迷う時もあった。キツツキらしき音に足をとめたり、落ちていたアクエリアスのペットボトルを街にかえ ...

崩壊地の真横を通る。通り過ぎて振り向くと踏み跡から数歩で真下に切れ落ちて崩壊している。後ろで覗きこもうとしている男を制しておく。落ちることはないと思うが万が一が怖い。10:45、広い空間に辿り着く。テントが張れそうな場所もあるし時間があればここでゆっくりするの ...

8:32、振り返れば太陽が大分上がってきた。笹の急斜面を僕とオワコンはストックを使い登っていく。S木君には困ったら笹につかまれと言っておく。9:06、急斜面が終わり展望地に出る。ここで景色を眺めているとハイカー二人がやってきた。さてここまできて二人が疲れていたら社 ...

10月12日(月)三連休の最後は後輩のオワコン、S木君と三人で山に行くことになっていた。ただの藪こぎに連れて行っても二人は嫌気がさすだろうと笹藪はあるが景色が良いところに行くことにした。歌ヶ浜から大日尾根に支尾根から取り付き稜線に出て歩いていけば景色には満足する ...

↑このページのトップヘ