踏み入る先にあるものはL

6/25 赤城適当縦走

1700m辺りで景色がいいなあと写真を取って進むと笹に埋もれた183cmの僕の背丈の笹藪。こういうのもあるのか・・。折角なのでしばらく泳いだが体力の消耗を悟り林に逃げ込んだ。逃げ出して進むと岩稜帯が現れた。出会った直後はとりあえず上を通るがその後は右に回避する。西 ...

8:35、ここまで1286m地点から北西に進んできたがこの辺りで北寄りに変えつつ進んでいく。笹が始まる一面の笹の海を適当に登っていく。この辺りは特に深くもなかった。8:54、1456m地点が近づき笹の斜面から離脱する。休憩。1456m地点を通過していく。ここまで赤テープ類を見な ...

土日は雨と麻雀でつぶれた。こんなこともあろうかと夏休み(有給三連続)を28-30に取得しておいたのだ。季節外れだが夏休み、夏と言えば海。笹の海を泳ぎに行くことにした。前から気になっていた場所があった。庚申山の塔の峰。地形図で見ても何の魅力があるのかさっぱりわから ...

前白根山に向けて青空の下稜線を進んでいく。天気が良いと気分もよい。登山道との合流地点が近づいてきた。古い小屋を過ぎ登山道の合流点を過ぎた11:30前白根山は目前だ。少し歩いて振り返る11:45、前白根山到着。後は湯元に下るだけ・・なのだが途中の道はあまり良くないら ...

急斜面を過ぎて2268m地点を目指す。登りも大分穏やかになり平和な時間が続いた。樹林帯の中を心穏やかに登っていく。途中シャクナゲさんが現れたが適当に回避した。さらに木々の間を進んでいく。尾根らしきところを進んでいくと藪が濃すぎて進めそうもないので右下の斜面を下 ...

前から行きたかった南尾根で社山を無事完了し次に行く先を考えることにした。SWは残り三日、21は休み、22日はゴルフ、最終日は天気も良いようだ山に行ける。日光周辺の地形図を眺めていると白根隠山の南東の尾根は等高線のきつい個所もあるがなんだか登れそうである。早速調 ...

旧登山道なので踏み跡と赤テープに素直に従い降りていく。降りて行ったが沢に下りたところで道がわからなくなった。テープも道も見当たらないが地図を見る限りでは右岸側に道がある(あった)はず。とりあえず沢を歩けるところまで歩くことにした。道を見つけて復帰道がなくな ...

一休みして歩き出せばすぐ山頂。阿世潟峠へ下っていく。中禅寺湖方面の眺めがよくなった。男体山と中禅寺湖。この光景が見たくてここに来たので天気が良くて本当に嬉しい。男体山もいつか登ろう。景色を堪能する阿世潟峠へはわりと急斜面だった。滑らないように気をつけて下 ...

ススキを掻き分け進んでいくと前方に樹林帯が現れた。ようやく本当にススキとお別れできるようである。腕をタオルでふきあげる。8:30振り返ると山に囲まれていた。期待通り樹林帯の中はススキがいない。気持ちも足取りも軽くなる。笹藪が現れたが背が低い。ススキと比べたら ...

赤城山から帰った僕は反省した。失敗の原因は何か?まずは寝坊したこと、次に下調べがなかったこと。後は保険のGPSがなかったことである。実は帝釈山に行く時スマホのアプリを入れたのだがそれ以降まともに動作せず使用していなかった。とりあえずアプリを再導入してみると無 ...

↑このページのトップヘ