2016.1.31(日)

先週は土曜は歯医者と所要、日曜はM崎君と雪山に行く予定だったのだが
天気予報がよくなかったため早々に中止、風が強いため一人で栃木の適当な山に行くのも諦めた。そんなわけで数ヶ月ぶりに山に行かない週ができてしまった。

今週末も当初雪の予定でやきもきしていたが日曜の天気は回復予測。
当初北横岳という案もあったがこれだけ雪が降れば赤城山でいいだろうということで赤城山に行くことに。

問題は凍結路の運転。4WDのレガシィにブリジストンのスタットレスを履かせたとはいえ運転する僕自身は凍結した山道を相当期間運転していない。学生の頃スキーに行って以来か。

そんなわけで日和って鍋割山にいこうといったのだが当日朝M崎君がやっぱり地蔵岳か黒檜山に行きてえとおっしゃる。これだから凍結した坂道の恐ろしさを知らないほぼペーパードライバーは困る。昔下りのカーブでスリップして対向車線にはみ出したことのある僕は姫百合駐車場から先では事故っても知らないと一応通告して最悪バスに乗ることを条件に上まで行くことになった。

前橋駅でM崎君を拾い一路北へ。僕の住んでいるところでもうっすら積もったぐらいだから
標高が上がるに連れて一面雪景色へ。そして凍結というか圧雪路が始まる。
カーブ手前で慎重に速度を落として姫百合駐車場までは何事もなくついた。
さてこの先へ行くかどうかだがここまでスリップしていないので下りは天に祈りを捧げることにしてカーブの多発する先へと進むことにした。姫百合駐車場は結構埋まっていた。
今まで以上に注意して登っていく。途中一台進めなくなったらしく布をタイヤの下に敷いてがんばっている。僕のレガシィは今のところ順調だ。
カーブ多発地帯を登りきり牧場横を過ぎるとしばらく下り。ここで1、2速のエンジンブレーキを利かせた運転の練習をしてみる。スリップしない。これならいけそうだ。

最終的に地蔵岳に登る事になり大洞駐車場に車を停める。大体九時。
車は1台しか停まっていないので広々。適当に停める。寒いから人気ないのかな?と思ってたらぽつぽつ後続が。
車を降りると風が吹いて寒い。急いで装備を装着すると暖かい。アイゼンは登山道に入ったらつける事にしてケースこどぶらさげる。スノーシューはどうしようか迷ったが傾斜がありそうなので車においていく。

準備を整えて駐車場近くに見えた登山口へ。どこから登るのが一般的かしらないが登山道だし踏み跡もあるから問題ないはず・・。アイゼンをつけて出発だ。9:30。
18ad8492.jpg



雪はたっぷり。昨日も積もったのだろうかふかふか。
a49120bd.jpg



踏み跡を辿るのだが滑る滑る。雪がふかふかなので蹴りこんでやらないと進めない。
蹴りこんでもかかとに重心を置くと後ろに滑り落ちる。
これはやっかいだな・・。すぐ疲れた。雪がしまってないとアイゼン意味ないのかな?
前途多難である。
6e462bb9.jpg



夏のコースタイムは1時間程度で山頂に着くのにこれでは何時につくことやら。たまに踏み抜いて膝まで沈む。じたばたのぼっていると汗をかきはじめてこれはやばいとストップ。M崎君と前後交代。
さらに後ろからきた雪山になれていそうな人3人くらいに道を譲る。
上から老夫婦が尻で滑ってきた。楽そうだがウェア痛まないのかな。

30分経過した割にはあまり進んでいない。
f042dfd4.jpg



ふわふわずぶずぶ。道をはずしたら生きて帰れるのかどうか。
2e1a577f.jpg



夏のコースタイム35分の中間地点まで50分掛かった。疲れたので休憩。
慣れない冬用靴というのもあり足が無駄に疲れている。
916becf0.jpg



しかしゴーグルをしているとバラクラバが悪いのか眼鏡が非常に曇る。M崎君から曇り止めをもらいつけたがいまいち。これは次回の課題か。ゴーグルをはずす。

歩きを再開。今度は僕が前へ。踏み跡が分岐していたのでなんとなく右を選ぶがこの踏み跡ワカンかスノーシューのような?
案の定ずふずぶとあえなく沈む。面倒になって膝立ちで進んだ。
適当に進んでM崎君と交代。ここまでで薄々気づいていたのだが70kgないM崎君と85kg超えの僕では踏み抜き度合いが違う。坂だからおいてきたがスノーシュー履いたほうが良かったのかなあ。

11時、1600m地点辺りまで来る。山頂は大分近い。展望が良く天気も良いのだが風が冷たい。
86b8dd2e.jpg


0a0330c9.jpg


10152a54.jpg



隙あらば踏み抜き。平坦なところだから油断していると腿まで沈んだ。
嫌なタイミングで後ろから来た人に道を譲る。
なんだかんだであと少し。
dcbc348b.jpg



11:20、寒風吹きすさぶ山頂に到着。途中はわりと風がうまいこと遮られていたのだが山頂は吹きさらしで寒い。
展望はいいけどね。天気が良くてよかった。
5622711c.jpg


05e43d46.jpg



黒檜山と大沼。
c111f071.jpg



奥は武尊山?
8a3ec343.jpg



パノラマ写真(拡大可)
555a9574.jpg



袈裟丸は赤城山に隠れてよく見えないが流石に積もっているだろう。春にまた会おう。
4fad61fb.jpg



写真を撮っている間に手が冷えた。風が来ないところに退避して昼ごはん。
念のためバーナーはもってきたが使わず。
午後の紅茶が半分凍ってシャーベット状になってしまった。ここで夜は明かしたくないな・・。
2Lのペットボトルも持参したがいらなかったな。これならM崎君同様魔法瓶に温かいお茶入れてくればよかった。

スキーで下る人がいてすごいなあと思っていったら速攻こけて立ち上がるのに苦労している。僕はやめておこう。

下りのルートはそのままピストンはつまらないので八丁峠に向けて下る。11:55。
小沼の周りの外殻一周も面白そうだがこのさらさら新雪では苦労しそう。
b99952af.jpg



しかし行きのルートと違ってこのルートやけに踏み固められているというか全く踏み抜かないのでさくさく進む。こっちの方が一般的なのかな。
5925898e.jpg



踏み抜かないし下りは早い。
e9a3752d.jpg



八丁峠で急な下りは終わり。早い早い。
緩やかに北へ下っていく。
車道を横目に小さな橋を通過。
d4f3c5bb.jpg



スキー場なんてあるのか。結構人がいるのに驚く。
fcfd99a7.jpg



ゲレンデの裏をこそこそと歩いているとM崎君が踏み抜き踏み抜きからこける。どうやら僕の気持ちが分かってもらえたようで何よりだ。もう車道だからと気を抜いてルートを間違えたらしい。

12:35、駐車場着。行きはガラガラだったのに車が一杯。皆スキー場へ?大したゲレンデではなかったように思えたが逆に小さな子供連れには人気なのかな。
a2160c28.jpg



一応ルート

この地図は電子地形図25000(国土地理院)を加工して使用しています(令和元年手続改正により申請適用外)

無題
このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント

 コメント一覧 (6)

    • 1. 瀑泉
    • 2016年01月31日 22:37
    • 赤城山の雪もやっと見られるようになりましたネ。
      ちなみに,地蔵岳は八丁峠の往復か,往路に使って,ふみふみぃさんが登ったルートを復路に使うのが一般的だと思います。で,スノ―シューを使うなら,はやり八丁峠からですネ。ただ,周回の場合,復路は急だから,トレースがあるとスノ―シューは小回りが利かず苦戦するカモ。σ(^^)は,ワカンでアッサリかわしました。
      四駆のレガシーなら楽勝でしょう。σ(^^)は,此処で苦戦したことは有りませんが,今日は,学校平手前で,登れなくなりそうになってあせりました(笑)。
      アマゾンで売ってる,メガネの上にかけられるサングラス(偏光グラス)を使ってますが,ゴーグルより曇らなくて良いですヨ。
    • 0
      ふみふみぃ

      ふみふみぃ

      likedしました

      liked
    • 2. たそがれオヤジ
    • 2016年02月01日 06:02
    • 初雪山、いろいろと課題が残ったようですね。
      雪山にそんなに慣れているわけではないですが、赤城山あたりは、私なんかは特別に意識せずに自然体で歩いておりますがね。
      この時期はワカンがいいような気もいたしますけど、人それぞれですし、現地での状況もあるだろうし。
      結局は、回数を重ねて、ご自身で感覚をつかむことでしょうね。
    • 0
      ふみふみぃ

      ふみふみぃ

      likedしました

      liked
    • 3. ふみふみぃ
    • 2016年02月01日 07:26
    • 瀑泉さん、おはようございます。
      やはり登りで使うのは一般的ではないコースでしたか。雪山の登りはどこもこんな感じだとちょっとつらいなと思っていましたが少し安心しました。ワカンとスノーシューも使い分けですか。実際歩いてみてなんとなくイメージはつかめたのでワカンもそのうち導入ですね。
      凍結路は下りで滑るのを心配しておりました。でも良く考えたら登りで停まって動かなくなる心配もあるんですよね。実際一台立ち往生しているの見ましたし大変そうです。
      アマゾンのゴーグル、まさに同行したM崎君が装着しておりまして、購入しようか検討しています。
    • 0
      ふみふみぃ

      ふみふみぃ

      likedしました

      liked
    • 4. ふみふみぃ
    • 2016年02月01日 07:31
    • たそがれさん、おはようございます。
      自然体で歩こうとしたらあえなく沈んでいきました。ワカンの踏み跡は明らかに沈んでいなかったのでたそがれさんの言うとおりワカンを使用するのが正解だったと思います。まあワカンを使っても重いと沈みそうなので少し体重を削ろうかと思いましたが・・。
      歩きの感覚も必要な道具も回数を重ねて整えていきます。
    • 0
      ふみふみぃ

      ふみふみぃ

      likedしました

      liked
    • 5. みー猫
    • 2016年02月02日 07:30
    • おはようございます。
      赤城の雪を楽しまれたのですね。黒檜の周回や八丁峠から地蔵のピストンでは、踏まれた雪ばかりで今回のコース選択は結果的にはナイスでは(笑)自分の方は、当日は別の山ですが装備をチェンジするのが面倒でプチ厄介なことになりました。ゴーグルは厳しいときしか使いません。さい先良いスタートで、これから楽しみですね。
      みー猫
    • 0
      ふみふみぃ

      ふみふみぃ

      likedしました

      liked
    • 6. ふみふみぃ
    • 2016年02月02日 19:37
    • みー猫さん、こんばんわ。
      そうですね、ある意味おいしい思いができたのかもしれません。今年は雪山では登山道で経験を積むつもりですがその中でも踏み固められていないところを歩いたほうが後々は活きてきそうです。
      装備のチェンジですか。アイゼンとスノシューがあればいいのかなあと思っていましたがワカンも必要なのだなと実際行ってみると思いました。ピッケルを使う羽目にはそうそうならないとは思いますがそこもおいおいですかね。ゴーグルは厳しい時のみですか。サングラス導入に気持ちが傾きますね。
      初めてにしては上々でした。この調子で慣れていきたいです。雪の足尾もいつか経験を積んだらいってみたいですね。
    • 0
      ふみふみぃ

      ふみふみぃ

      likedしました

      liked
コメントフォーム
記事の評価
  • リセット
  • リセット