2016.3.5(土)

本来は先週浅間山の西にある黒班山に行くことになっていた。
しかしM崎君が風邪を引いたため中止(インフルではなかったらしい)
さて今週は回復したらしいM崎君にどうするか聞くと
天気は微妙だが隣の浅間山が見えればよくね?ということで決行となった。
僕としては花粉から逃げられればそれでいいのだが果たして。


五時過ぎに家を出て西へ向かう。六時近くなると夜が白み始める。
僕は眩しい御来光よりも白み始めた西の空のほうが好きだ。
本庄駅でM崎君を拾い高速へ向かう。
佐久ICで降りて車坂峠まで向かうが・・曇ってるなあ。
山道に雪がカケラしか見えない。凍結路なし。
雪がなければ予定より先まで行こうかな、なんて。
車坂峠とその先の駐車場に空きがなく仕方ないので数百メートル先に停めた。


一応雪があるようだがスノーシューは用なしと思われるので置いていく。
準備後少し登って登山口着。9:30。
af17fc58.jpg



人が結構いる。面倒だな・・。
空模様はよろしくない。
967779e4.jpg



12本歯のアイゼンは大げさな気がしてチェーンスパイクで歩き始める。
コースが二つ有りとりあえず南側の表コースへ進んでみる。
登山道には踏み固められた雪がちゃんとあった。
d02e3d57.jpg



しばらく歩いて。
どうも雪山用の靴は歩き始めて1時間くらいたたないと右足がしっくり来ない。
靴下を変えてみようかなあ。
振り返る西はそれなりの天気。
45e415ee.jpg




初めの小ピークから少し下る。
下りではアイゼンにしとけばよかったなと少し後悔。
最下部から黒班山を見上げて。
この時はまだマシな天候だった。
9fca762a.jpg



登り返して。樹林帯を歩いて展望の良いところに抜けた。
西の水ノ塔山達が見える。
空模様が怪しげになってきた?
30652b08.jpg



広間みたいなところは雪が解けて地面露出。
休憩。
68705b22.jpg



遠くは霞んで
adc5c7c4.jpg



斜面から尾根のようにところへ。雰囲気が出てくる。
シャクナゲさんもすかさず自己主張をしてくるがなんだか元気なくしょげている。
寒いのだろうか。
7336aa47.jpg



悲報、天候悪化で黒班山隠れる。ようやく靴がなじんできたのに。
1e2c6f9c.jpg



終いには雪がちらついてきた。夕方からじゃなかったのか。
大したことはないが曇っているのは大ダメージ。
谷間から見えるはずの浅間山は下しか見えない。
左の岩っぽいところの上がトーミの頭。
9c030c6d.jpg



シェルターらしきものの横を通り過ぎる。
M崎君が中をのぞくが何もなかったらしい。

トーミの頭の南に位置するなだらかな小ピークの上に到着。
浅間山はありまーす(雲の中に)
f3446113.jpg



一番オイシイところを綺麗に隠されてしまった。
妄想で補うしかないなどとM崎君が言っている。
剣ヶ峰はピンポイントでセーフ
60569037.jpg



テンション低下しながらトーミの頭へ一度下って登り返す。
雪なしの泥登山道が一部。靴が汚れるとM崎君が嘆く。
6d746b2c.jpg



11:10、トーミの頭着。
浅間山はお隠れになったまま。心の目で見るしかないとM崎君は言う。
c025948a.jpg



蛇骨山から先の北方面。
35ac753b.jpg



今から行く黒班山
40799507.jpg



さっきまでいた小ピーク。谷間の辺りに別コースとの分岐がある。
baf3e537.jpg



さて黒班山までもう少しがんばりますか。
ここで少し休もうと思っていたが風が寒い。
ますます雲が降りてきて。
dcaa7a2e.jpg



途中で湯の平らへの分岐があるがちょとこの季節は怖くていけない。

黒班山に11:30。結構人がいるなあ。
特に記述はなかったが途中でも数十人の人に出会っている。
857697ea.jpg



黒班山の標識奥にたって写真を撮っていた人がいたが割りと怖い。
滑って落ちたら事件の目撃者になってしまう。

落ちたらサヨナラでしょうこれは。
雲は低空飛行のまま。
その2へ