山と全く関係ないがドラゴンズに対するとりとめのない想いを書き留める日記。


賭博問題などゴダゴダがあったもののプロ野球が開幕した。
山と関係ないし近年世代交代で下位に沈んでいるので息を潜めてきたが僕は生まれも育ちも愛知県なので昔からドラゴンズファンだ。

2011年、ドラゴンズ黄金時代を築き上げた落合監督最後の胴上げを見るためにマジック2になってから有給使って東京ドーム3連戦を現地に見に行くもまさかの三連敗、仕方なく次の横浜スタジアムにも足を運び延長12回引き分けで胴上げという落合野球らしい有終の美を見届けたこともある。ドラゴンズファンの中でも落合監督を好かないという人はいるようだが、2004年に現有戦力の底上げだけで優勝できると大口叩いて本当に優勝してから僕は落合監督を支持し続けた。

中日の野球は地味だの何だの読売系列のマスコミは陰湿な扱いを続けていたが地味で何が悪い。金で選手をかき集めて他球団の動向が気に入らなければ一リーグ制にするぞだのルールを変えるだの言ってた偉そうでいけすかない球団より、地道に鍛え上げた守りの野球でしぶとくとった少ない点を守り抜く落合野球のほうが僕は好きだった。僕は巨人が大嫌いだが大体それはナベツネとかマスコミが悪い。だから別に巨人ファンの人は嫌いではない。

基本的に僕は生え抜きの選手が鍛え上げて結果を出していくのが好きなので札束で頬を叩くFAとか外人の強奪は好きじゃない。だからウッズはすごく活躍してくれたが横浜から奪ったので複雑だった。ブランコは逆だが。和田さんは地元中日ドラゴンズ愛に溢れた移籍だから仕方なかったと思う。


そんな和田さんを含めベテラン達がごっそり抜けた今年、開幕戦のオーダーは大島荒木平田藤井以外かなり若手のメンバーになった。数年前からがらりと変わったといっていい。

開幕投手、大野には感じ入るものがある。僕が2011年、中日の優勝を見るために東京ドームに行った一戦目、マウンドにはプロ初登板初先発で見るも無残にボッコボコに打たれる大野の姿があった。あれから五年、よく成長してくれたなと思う。
四番ビシエドには久々にロマンの大砲がやってきたなと感じ、7番周平にはドラゴンズの次代を担う男として今年こそはやって貰わねばならぬと思っている。


開幕戦は阪神相手に京セラドーム。去年開幕三連戦勝てる試合を落としたいやな場所だ。どうなることかと思っていたら早速点を取られた。嫌な感じがしていたが周平の活躍で2点取り、追いつかれたらビシエドの意地の一打で勝ち越し。8回にはビシエドがそれ入っちゃうの?!という逆方向へのこすったような打球をスタンドにぶち込む脅威のホームランで今後も期待せざるを得ない桁違いのパワーを見せ付けてくれた。投げては大野がエースのピッチングからの昨年の雪辱で又吉・福谷と繋ぐ継投で終わってみれば快勝。
これが今年のベストゲームだったとならなければいいが・・と思う感じの不安になるくらい上出来なスタートだった。

今年は世代交代がうまく進んであわよくば2、3位をと思っているのだが優勝して欲しいなという気持ちはもちろんある。先発の数的に厳しいとは思っているが。

優勝とは別にどうしても復活して欲しいのが浅尾だ。僕は勝手に浅尾はすごくいいヤツだと思っている。生まれも育ちも愛知で無名の高校・大学と進みエリート街道とは無縁、それながら大学四年次の活躍で脚光を浴び、相思相愛のドラゴンズに入団できるはずが西武の横槍も・・・という事態になり神社に神頼みしてまでドラゴンズに入団したいと願ったという浅尾の想いをドラフト前の新聞記事で見てから僕はずっと浅尾を応援し続けている。どの選手もドラゴンズに入団した時点で当然応援はするけどもやはりドラゴンズ愛に溢れる選手にはより活躍して欲しい。

そんなとりとめもない事を書き連ねていたらこんな時間になってしまった。
明日の天気はなんだが微妙でどこにいくべきか未だに決めかねている。
朝の天気をみて決めよう、そんな感じだ。