岩場を登ったご褒美にアカヤシオ。
f4ee1780.jpg


3e6e3bca.jpg



この支尾根アカヤシオが一杯いたから最初の尾根からこちらに足を踏み入れる人もいるようだ。でも今僕がいる末端まで来る人はまあいないだろう。

この先も木の根を掴んでよじ登ったからね・・。
befc1798.jpg



やれやれようやく無駄なアドベンチャーは終わりか。普通の細尾根になった。
標高1040mくらい。11:00。
ce6ad132.jpg



まあ無駄に苦労してきたわけで繁茂するアカヤシオを楽しんでいかないと損でしょう。
f4824fc2.jpg


bc82bc51.jpg



満開とはいかないがこれで文句言ったら罰が当たるか。
もやが掛かる中この光景は幻想的だった。
0b866acf.jpg



淡く浮かび上がる。
422da99e.jpg



満開じゃなくてもこれなんだから毎年通う人がいてもおかしくない。
来年またこようかな、なんて。
a926c79b.jpg



これで青空を望むのは贅沢なのか。
40eabfb8.jpg



でも流石に展望地らしき場所がこれでは・・・。
北方向が何も見えない。
aeba7f00.jpg



アカヤシオに見とれつつ
1215.7三角点、11:50。随分時間が掛かりましたね。原因は明確だが。
e6fbed72.jpg



空が少し明るくなってきた。
しかし何か岩場に。
1e74142a.jpg



ちょっと面倒なので右側に下りた。笹原を降りる。
アカシヤオを楽しみつつ尾根に戻ろうとするのだが?
d2213abc.jpg



実はここでミスをしていた。岩場を嫌い右に下りたのだが、ちょうどそこは尾根が左右にわかれるところだったのだ。正解は左の尾根。
僕は右の尾根の右側から回りこんだので北西に進むはずが北東を向いてしまっていた。
トラバースで正解尾根に行こうとするも谷間が危険そう。大人しく登り返す。
20分くらい時間を無駄にしたが景色をみておかしいと気づきコンパス確認してよかった。

やれやれと岩場の手前に戻り西におりてみるとさもありなん、踏み跡があった。
e152ad38.jpg



歩きやすくなったなと1147鉄塔下までさくっと。12:40。
15810f19.jpg



鉄塔巡視路らしく笹が刈り取られゴム階段もある。しかし右に逸れていったので左の進行方向尾根をそのままあるいていく。
君らは危険な場所が好きだよね。
1150m上でも日当たりがいいのか結構咲いてるやつもいる。
04598b6d.jpg



田沢奥山はあれかな?
08d353ee.jpg



13:15、田沢奥山到着。無駄に時間を費やしたが時間的余裕はあるので軽くカロリー補給。
3641b88e.jpg



再度歩き出す。北西の家の串、郡界尾根へ。
熊にやられたかと思ったら粘菌だった。なおこの辺りのアカヤシオは蕾9割。
5212ed24.jpg



ここが家の串か。何もないな。13:30。
74731f47.jpg



ここからは郡界尾根を南西に進む。
南サイドにススキの茂る一帯を見つけたので近寄ってみる。
5267a5d1.jpg



ススキはあちこちで寝ていた。
36b0692e.jpg



田沢奥山を振り返る。ようやく天候回復してきたか。
bace1767.jpg



白い大きな花が咲いていたが名前が分からない。
856c0ebc.jpg



続く