たまに見つかる踏み跡を辿ったり適当に歩いたり。膝程度の笹なのでどうにでも。
踏み跡も完全に獣たちのものなので好き勝手な方向へ続いていく。

支尾根に行かないよう気をつけつつ進む。
b01ccc93.jpg



目指す赤鉄塔が見えてきたな。
4c174a8d.jpg



代わりばえのしない笹原を進む。
前回とのつなぎ、1102地点から支尾根を北に進み郡界尾根との合流地点までやってきた。
ここで南に向かい1102地点、その付近の鉄塔を目指す。
後は消化試合だ。
313adee4.jpg



一回通ってるし今度は下り基調だからなあ。
d2f7ca1b.jpg



南進していくとほどなく鉄塔にたどり着く。三ヶ月ぶり2回目。14:25。
さて時間の余裕もあるしラーメン作るか。
861c2b13.jpg



20分ほど休みまた南進。さらば鉄塔。次はたぶん無い。
d65924c3.jpg



藪もなく歩きやすいのは鉄塔が近くにあるのも関係?1102地点辺り。
df91e191.jpg



一つ小ピークを超えて次の小ピーク。どちらも何もないのは知ってる。
後は本当下るだけだ。
2cf76029.jpg



そうそう、ここは急だったなんて思いながら。
5ca72b3d.jpg



新緑の尾根を下る。
5f3e475d.jpg


e5e164fe.jpg



前回は850mくらいでこの尾根に登り上げた気がするがそこを超えていく。
とはいえ末端まで行くと岩場で終了だ。
そろそろ東側に下りよう。
609c7551.jpg



適当に斜面を降りようとしたがわりと急。支尾根を見つけたので利用する。
ffb390db.jpg



さてこの支尾根どこへ繋がるか。
林道上ギリギリのラインにいるのでうまく林道に下りれないと沢に一直線である。
おまけに支尾根は南東→南と最後微妙に方角を変えた。
8d1d7d67.jpg



支尾根末端はちょうど林道ヘアピンカーブをかする感じに下りていた。
ただし急なので右側の植林を下りてそちらから林道へトラバース。
やれやれなんとかなった。15:54。
172a1b49.jpg



後は林道を歩くだけ。適当である。
97d0cda4.jpg


cc0e02a9.jpg



桜のような白い花。なんだろうか。
01390dc2.jpg



林道ショートカットしつつ沢沿いを。
c5e45a32.jpg



16:20、帰還。結構時間が掛かったが余計なことしたしこんなものか。

今回のルート概要。ぱっと見は自然ですね。

この地図は電子地形図25000(国土地理院)を加工して使用しています(令和元年手続改正により申請適用外)

3


最高の状態ではないが中々のアカヤシオを楽しめた。これは来年もコースを変えて再訪だろう。
謎のトラバース道からの岩登りはいかにアカヤシオ群生見れるといえどもむりしていくところではない。その先の安全に上からこれる場所が十分凄いのだから。
謎の洞窟はマンガン鉱なのかな?人工的に掘られたのは確実だが。
郡界尾根を一先ず前回まで繋げられたのは良し。次を繋げるなら北からか。周回が面倒だし行く価値があるか疑問だがまあ気が向いた時にでもまたこよう。


さて来週はGWだが前半は30日しか空いていない。なんとか晴れて欲しいものだがさて。
コースは決めてあるから迷う必要はない。面白い場所であることを祈るだけだ。
このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント

 コメント一覧 (10)

    • 1. サクラマス
    • 2016年04月24日 03:25
    • 意外とアカヤシオは標高の高いとこまで進んでいることがおかげさまでわかりました。早くもGW体制ですね。今週天気が良くないので、連休は良くなってもらいたいものです。
    • 0
      ふみふみぃ

      ふみふみぃ

      likedしました

      liked
    • 2. たそがれオヤジ
    • 2016年04月24日 07:00
    • 今回のルート、私も後追いする気にはなれませんね。こうデンジャラスではねぇ。
      こんな、人もまずは入り込みそうもないところで、発見されないままに白骨化して朽ちるのも一興でしょうが、寂し過ぎの感がいたします。当然、骨も集約されずに、動物に持ち去られて散乱でしょう。
      おとなしく、尾根伝いに歩いていれば、十分満喫なハイキングとは思うのですが。
      家の串、田沢奥山と、普通は北側を歩いて行くものですが、南からというのは常人には発想外で、前回ルートの引き続きといったこだわりが、ふみふみぃさんにはおありだったということでしょうか。
      ふみふみぃさんが歩かれるところ、いたるところにアカヤシオですね。
      私、昨日は残馬山付近を安全に歩いておりましたが、ツツジは盛りでしたね。ただ、同様にどんよりした天気、いつ雨が落ちてきてもおかしくない気配で、どうも気分がすっきりしないままに下ってきましたよ。
    • 0
      ふみふみぃ

      ふみふみぃ

      likedしました

      liked
    • 3. 瀑泉
    • 2016年04月24日 08:00
    • 人様のブログで,失礼いたします。
      たそがれオヤジさん,昨日,残馬山に居られたんですか?あちゃ~,ホントにニアミスだったなぁ~。もしかして,途中で単独の男性(←自分ではありませんが。)に会いませんでした?
      ふみふみぃさん,失礼いたしました。
      アカヤシオ情報,ありがとうございます。おかげで,状況が良く飲み込めましたヨ。まぁ,自分の場合,田沢上まで入るのが時間がかかるので平仁手か群界尾根しかないんですが,そもそも周回が難しいし,来週は900m辺りは散っちゃいソウなので,往復で考えてみますヨ。
    • 0
      ふみふみぃ

      ふみふみぃ

      likedしました

      liked
    • 4. ふみふみぃ
    • 2016年04月24日 09:13
    • サクラマスさん、おはようございます。
      1200m辺りでも8分咲きの株もいれば1050mで蕾の株もいたりですが今週は1000m前後くらいがちょうど良かったのかなという感じで来週は1200mは超えると思います。なので少し気が早そうですが前日光でも行こうかと。GWは晴れて欲しいですね。
    • 0
      ふみふみぃ

      ふみふみぃ

      likedしました

      liked
    • 5. ふみふみぃ
    • 2016年04月24日 09:25
    • たそがれさん、おはようございます。
      まあ断崖絶壁ではないのですが木の根頼りに登る辺り人様にはオススメできませんでした。でも木の根頼りに登った上、北西サイドはそんな危険地帯には見えずおそらく私が岩場トラバースしてた地点の下に降りて回り込めば安全に登れました。岩場トラバースの崖下は緩やかなところでしたから。まあ支尾根の上から入り込んで二本足で歩けるところを見て回るだけで十分楽しめますしそちらをオススメしますが。
      ネットで情報を得たアカヤシオポイントと私の都合をあわせたらこうなりました。周回もできますし悪くは無かったかと。アカヤシオが咲きそうな標高を狙ってるのでうまいこと見れていますね。
      そこそこ近い場所に居られたのですね。残馬山にどのようなルートで行かれたのか気になります。記事を楽しみにしていますよ。私の方は昼過ぎくらいからようやく晴れ間が見えてまあオッケーかと思いましたがそちらは最後までどんよりしてました?赤城山と袈裟丸が終始見られずそこはすっきりしませんでした。
    • 0
      ふみふみぃ

      ふみふみぃ

      likedしました

      liked
    • 6. ふみふみぃ
    • 2016年04月24日 09:35
    • 瀑泉さん、おはようございます。
      山のお話ですしお気になさらず(笑)。
      平仁手からとなればハイトスさんが歩かれている黄色破線図で田沢奥山ルートでしょうか。そこから1215三角点、南西に降りて散策ですかね。1050m上はまだ咲いているというか今日よりもいいと思うので私が木の根頼りで登った先の安全地帯先は是非見て頂きたいですね。上から二本足でこれるところは危険もなく良いとこですよ。
      私が歩いていないルートを人様に勧めるのもなんですが平仁手の車道が実線に変わり西へと橋を渡る辺りから1020地点へ南へ登りあがりそこから1215三角点を目指せば無駄なく周回できそうですね。1020地点から西もポイントがあるかもしれないし。自分で気になってきました(笑)。距離が短いしGW後半に半端な時間が有れば歩いてみたいところです。一日時間が取れたら別の場所に行きますけどね。
    • 0
      ふみふみぃ

      ふみふみぃ

      likedしました

      liked
    • 7. みー猫
    • 2016年04月24日 17:39
    • こんばんわ。
      だんだんと袈裟丸山とシャクナゲさんに近づいてますね(笑)このようなルート取りとしていると、まさかふみふみぃさんは骨にはならないでしょうけどもしかして誰かのを見つけちゃうかもしれませんね。それにしても研究熱心で頭が下がりますよ。安蘇の山懐さんのページに鉄塔巡視路を使った周回が紹介されてました。GW中の訪問希望は一杯あるのですがタイミングあれば行って見ようかと思います。
      みー猫
    • 0
      ふみふみぃ

      ふみふみぃ

      likedしました

      liked
    • 8. ふみふみぃ
    • 2016年04月24日 19:22
    • みー猫さん、こんばんわ。
      じりじりとシャクナゲさん包囲網を狭めています(笑)。
      骨にならないよう本当に無理だなと思ったら別の道を探してます。洞窟の中に熊か骨があったらどうしようとは思いましたね。
      歩く前にいつも軽く調べるのですが今回は色々見つかって楽でした。平仁手からだと鉄塔巡視路利用もありですね。
      みー猫さんは残雪の山も視野に入れて居られるでしょうしターゲットが多くて大変そうですね。私もGW前半のルートは決めましたが後半はどこに行こうか絞りきれずに目移りしています。
    • 0
      ふみふみぃ

      ふみふみぃ

      likedしました

      liked
    • 9. ハイトス
    • 2016年04月29日 16:36
    • こんにちは。
      田沢奥山もふみふみぃさんにかかるとこのようなルート取りになるのですね。
      感心します。
      地形図を見て発想する事はあっても実行するとなるとちょっと尻込みですね。
      でも藪山歩きを趣とする輩には見るからに面白そうだと感じてしまうものですが。
      後追いはちょいと無理そうですが。
      田沢奥山も訪れる人がだいぶ増えたようで連休には賑やかかもしれません。
      ところで来年はコースを変えてと言うことですが、自分には思いつかないなぁ。
    • 0
      ふみふみぃ

      ふみふみぃ

      likedしました

      liked
    • 10. ふみふみぃ
    • 2016年04月29日 19:52
    • ハイトスさん、こんばんわ。
      中々面白いルートを歩けたのですが木の根掴んで岩場登りは少し反省でした。登れそうだから登ってしまったのですが少し下って緩やかなところで回り込んだほうが良かったのではないかと考えています。
      私のほかに一台停まっていましたし混雑する栗生山よりこちらへと考える人も出てきているかもしれませんね。
      平仁手から林道の橋を渡った先から1020地点経由で1215.7m地点に登るのが一つ、今回の岩場の下から回りこむルートが一つ、岩場から登った支尾根以外に南に派生している支尾根二本が広葉樹林なので果たしてアカヤシオは?等いくつか気になるスポットがあるのでその辺りの様子を見てみたいです。
    • 0
      ふみふみぃ

      ふみふみぃ

      likedしました

      liked
コメントフォーム
記事の評価
  • リセット
  • リセット