しばらく待っていると14人の団体が下りて頂上へ上がれた。13:20。
団体が下りたのに人がいっぱい。別の団体もいた。
ノースフェイスツアーの方などと言っている。ノースフェイスはよく知らないがツアーでわざわざくるような山とも思えないが。
山頂の展望はあるけど道中は皆無だったし。
aad242b1.jpg


df9315a0.jpg



狭いし人多いし落ち着かないのでさっさと下りようとしたら
ノースフェイスの団体に紛れ込んでしまった。そのまま下りていく。
武甲山は分かりやすい。
7f39d823.jpg



しばらく団体に紛れ込んでいくとノース達は大峠への分岐へと分かれていった。ここで離脱する。
しかしM崎君が来ない。数分待っていると下りてきた。
ノース達が消えて山頂は空いたから写真を撮っていたらしい。

ところでノースフェイスって知ってる?とM崎君に聞いてみると知らないの?と驚かれた。登山道具も売っているメーカーらしい。そうなのか。
なんでこんなとこにわざわざツアーで知らない奴らと大勢で来るんだろうと話を振ってみるとM崎君曰く、リア充の方々は見ず知らずとの交流を高いコミュ力で楽しまれるためにツアーに参加するそうだ。よくわからないな。それは場所が山である必要があるのだろうか。

そんなどうでもいことを話しながら両神神社まで下りていく。
行きに撮れなかった社。13:54。
cbb90e56.jpg



神社で一休みしてから清滝小屋まで下って昼ご飯をとることにする。M崎君は行きのハイペースが祟り大分疲れているようだ。月一でしか山に登らず普段運動してないから・・。
毎週山に登ってる僕でもあのペースはつらかったのに。

鎖場でもたつく方々が道を譲ってくれるので先行して分岐に下りていく。
行きに合流してきた七滝沢コースとの分岐を今度は清滝小屋へ。分岐を超えればすぐのはず。
52dd8abe.jpg



14:27、清滝小屋は休業していた。帰って調べたらもう7年くらい休業しているらしい。
まあこのコース行く前に参考にしたのが2006年のHIDEJIさんの記事だからなあ。10年経てば色々変わるか。
48f66654.jpg



机・いす、水道があるので休むのに支障はない。結構疲れた。
カロリー補給。

テントをかついた方々がかなりくたびれて登ってくる。テン場が裏にあるようだ。
しかし今日はシャクナゲさんに会えなかったな・・。
5/7から連続シャクナゲさん遭遇記録を伸ばし続けてきたのに。

一息ついたので下ろうとM崎君に声を掛けるが15:00まで休みたいという。大分来てるなあ。水も補給したし暇なので案内板を写真を撮るが…おや?
1c6f7982.jpg



極々自然に写真に写りこんでくるいつもの高山植物の姿が。今日一日姿を眩ませていたシャクナゲさんである。何故こんなところに・・。
よくよく見渡してみればそこかしこに庭木のごとく違和感なく紛れ込むシャクナゲさんの姿が。藪の番人をやめて小屋の番人を始めたとでもいうのだろうか。
周りの様子をうかがうがシャクナゲさんがいることに違和感を覚えている人はいないようだ。どうやらうまいこと小屋周りに居住権を手に入れたようである。
28311812.jpg



ともあれ今週もシャクナゲさんに会えたので両神山にもう用はない。下る。
こちらのコースもトラバース道が続くが暑い。下りなのに暑い。
標高がさがるにつれて下界の気温が襲ってくる。

30分ほど歩いて沢を渡るところでたまらず休憩し顔を洗う。
こちらのコースは人が多く連なって歩いていたのだが後続の人々も同じ気持ちか沢で一息つく。
26b894b8.jpg



歩きだそうとするとM崎君から後2分休むとの声。何故2分なのかは定かではない。

沢を見ては涼を取った気分になる。でも暑い。
d7c2dfd2.jpg



小屋を出てから一時間で分岐近くの滝まで下りてきた。下りは速い。
滝に打たれたい。
17dab9ba.jpg



その先のスペースにベンチがありM崎君からタイムが入る。
暑さと微妙に存在する登り返しにやられたようだ。道自体は至って普通の登山道。よく整備されているというか人通りが多いらしく落ち葉が邪魔になったりしない。
軽く休んでさあいくかとするとまた後2分の声。だから2分は何なんだろう。

歩きを再開で登り返してすぐ七滝沢コースとの分岐。16:06。
あとはゆるゆると歩くだけだ。
d1e8643d.jpg



微妙な登り返しがいやらしいがM崎君も休みで回復したと言っている。そのまま下りきる作戦で。
ゴールは近いと言うと足が軽くなったと言っているがそれ最後の輝きだろう。

登山口付近まで下りてきたら救急車が止まっていた。どうしたんだろう。
そんなにあわててなさそうだったが。
6da10e9b.jpg



登山口に辿りつく。16:25。バス停前の自販機は下界と同じ価格。
迷わず僕らはジュースを買って一気のみ。生き返った。
行きに腹で浮いていた車はどうしたかなと通りがかりに様子を見るとちょうどレッカー車が撤退していた。なんとかなったようだ。
16:34、レガシイ待つ駐車場に帰還。飯でも食べて帰るかということに。

僕は腹が膨れればなんでもいいのでM崎君にどこに行くか聞くと名物の豚みそ丼?とやらが食べたいらしい。味噌カツ丼とは違うのだろうか。
まあいいやと店を調べてもらうと駅近くに"ちんばた"というよくわからない店があり評価が高いのにレビューでは空いていると書かれているとか。どういうことだ。

まあ駅から近いなら通り道から近いだろうと秩父を目指す。途中で目的地と違うところで蕎麦屋の"ちんばた"を見つける。方言なのだろうか。
目的のちんばたは秩父駅近くの高台の上だった。まあ車でいくと、近いなのだが。
空いているというのは嘘で人も車もいっぱい。30分待ちと言われたが面倒なのでそのまま店の前で待った。

店の前で待ってもいいかなと思ったのは高台からの眺めが開放的だったから。
武甲山も近い。
d4c7a34a.jpg



夕暮れの秩父の街並み・・・というか空。
f429792c.jpg



店に入れたのでさて何を頼むか。大盛りにすると肉も増えるらしいので1400円だが味噌漬けトンカツとやらを頼んでみる。M崎君は豚みそ丼と秩父サイダー。地サイダーが最近各地ではやっているとか。
c4e242fa.jpg



ふむ・・おいしいしカツの量もあるがタレが足りないな。僕は普通の味噌カツの方が好きだ(愛知育ち)。タレの量が足りないな。ソースでも僕はいいけど。
M崎君はトンカツならやっぱ味噌が一番いいと言っていたが。

店を出ると19時。ソーラーパネルが街を見下ろす。
こんな時間でも明るいなとM崎君。M崎君は普段登山にバス・電車利用で僕みたく日没ギリギリまで歩かないからな・・
9ca39b5f.jpg



秩父は本数が少ないというM崎君を駅に送って僕も帰った。
スペアタイヤなのでゆっくりと。渋滞はなかった。

今日の軌跡。GPSずれまくり。往路は大体補足してなかったし。

この地図は電子地形図25000(国土地理院)を加工して使用しています(令和元年手続改正により申請適用外)

無題

M崎君と一緒なのでポピュラーなコースで歩いたがその割に七滝沢コースは人気がほとんどなくその点は良かった。七滝沢コースは迷う個所ありといくつかの記録で見たがテープは多いし全うに歩いていたら迷うところはない。大方視界の悪い日に下りで使ったんだろう。山頂・日向大谷コースは人が多く落ち着いて歩けない。まあ100名山だからこんなものなのだろうがなんで人気の山なのかは皆目わからなかった。シャクナゲさんも人に迎合する生き方を選んでいたし。歴史ある山とかそういう基準なのだろう。

ハイトスさんやみー猫さんが歩かれた八丁峠からのコースやHIDEJIさんが歩かれている天理岳経由は面白そう。もし一人で行くなら天理岳コースに行っただろう。そこそこ遠いしわざわざまた両神山に行く気はあまりないのだが。

しかし土曜は暑かった。もう標高を上げないとやっていけない。沢歩きは危険だが沢沿い歩きには切り替える方向も検討を始めないと熱中症でやられかねない。
来週は晴れたら那須の藪に行こうと思っているのだが、果たして天気と暑さはどうなのだろか。

このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント

 コメント一覧 (10)

    • 1. たそがれオヤジ
    • 2016年06月19日 16:50
    • 昨日の暑さの中、秩父の山をよく歩かれましたね。それもパンク付きですか。ご苦労さま。
      救急車の出動は、大方、熱中症ではないですかね。うちの前のアパートのブラジリアンも救急車で運ばれていたくらいです。暑い国から来た方々がこうですから。
      私は運よくというか、出勤で、エアコンの涼しさの中で終日仕事をしておりました。おかげて、今日は朝から鼻がグズグズして、たまにクシャミなんか出る始末です。
      秩父の山も、この時期、雲取山周辺を除けば、閑散期に入るものですが、両神山のような百名山という立場になると、閑散期も繁忙期も関係ないということでしょうね。HIDEJIさんの筑波山もごった返しのようでしたから。
      清滝小屋は、かつて火災があって、再建されたはずですが、結局は休業ですか。いつか泊まってみたいなと思っていたのですが。一般コースを歩いている分には、わざわざ泊まるまでもない山だし、小屋そのものの存在感がきっと薄いのですよ。(その1)
    • 0
      ふみふみぃ

      ふみふみぃ

      likedしました

      liked
    • 2. たそがれオヤジ
    • 2016年06月19日 16:51
    • (その2)
      百名山ツアーが気になって調べたら、新宿発着バスの旅、両神温泉一泊付きで54,800円という豪華版がありました。安いところでは、西武秩父駅集合で7,000~8,500円。食事は持参だし、登山口までのバス代だとしたら、タクシー代に比べて割高でしょうが、同趣味の方々とのふれあいを第一としたい方には安いかもですね。気持ちの持ちようでしょう。
      百名山を登りきるまでに1,000万円費やしたという話を聞いたことがあります。温泉に泊まって一山あたり10万円で歩いていたら、そうもなるでしょう。もっとも2人で1,000万円ということですから、一人500万円にはなるのですが、こうなると、山頂のランチは何を食べているのか気にもなります。湯を沸かしてカップラーメンではないでしょう。
      例の車の方は大した根性ですね。放置のままで登山ですか。きっと、遠方からわざわざ百名山アタックで見えたのでしょうが、普通の感覚なら、JAFを待って、山は中止ですよ。
      長々と失礼しました。ふみふみぃさんのブログの読後感がやたらと暑かったものですから。
    • 0
      ふみふみぃ

      ふみふみぃ

      likedしました

      liked
    • 3. サクラマス
    • 2016年06月19日 17:04
    • M崎君とのお付き合いお疲れさまでした。七滝コースは私も使いましたが、両神山コースで唯一静かなコースです。再びはないかと思いますが尾の内渓谷からなんてのもアリですよ。
    • 0
      ふみふみぃ

      ふみふみぃ

      likedしました

      liked
    • 4. 瀑泉
    • 2016年06月19日 21:26
    • タイヤのパンクに加えて,炎天下の両神山,お疲れ様でした。
      昨日は暑かったでしょうネ。昨日は留守番を言い付けられて,仕方なく,今日,百名山を登って来ましたが,山頂は寒いくらいでしたヨ。まぁ,人は4・50人は居ましたが。
      両神山,登りたい山なんだケド・・・登るなら八丁峠か尾ノ内だけど,登山口に行くだけでも遠くて。昔,八丁峠辺りをドライブしたケド,行くだけで疲れましたヨ。
      白井差は廃道では無くて,有料化になっているでしょう。一昔前,相続税のことで山の地主さんと国や県との間に色々あったんですよネ。
    • 0
      ふみふみぃ

      ふみふみぃ

      likedしました

      liked
    • 5. HIDEJI
    • 2016年06月19日 23:29
    • ふみふみぃさん、こんばんは。
      山登りでしかも奥秩父方面へ向かう途中で、パンク遭うなんて、神からの啓示ではないかとビビッてしまって、私では引き返してしまいそうですが、とりあえず対処できてよかったですね。それと駐車場の車はサイドブレーキ引いておらず、勝手に自走してしまったのですかね。まさかあの状態のままで登山に行かれたとは思えないのですが。。(^^;
      2006年の古い記事は大して役に立たなかったと思われますが、日向大谷コースにおける人の多さは昔も今も変わらないようですね。最近の両神山は若い人が多いようですが、ツアー客も押し寄せているのですねぇ(^^;
      あの界隈で賑やかなのは両神山くらいで、他では静かな山歩きが楽しめると思います。
      七滝沢コースは、いずれ機会があれば歩いてみたいですね。
      一般ルート以外にも気になるルートがありますので、そちらも機会があれば行ってみたいですのですが、おっしゃる通り、この時季の秩父は暑いですから二の足を踏みます。
      それでも記事を拝見していると奥秩父方面へ向かいたくなってしまうのがヤバいのですが(^^;
    • 0
      ふみふみぃ

      ふみふみぃ

      likedしました

      liked
    • 6. ふみふみぃ
    • 2016年06月20日 22:45
    • たそがれさん、こんばんわ。
      本当に暑かったです。この季節秩父方面に行くものではありませんね。行きたい場所はいくつかあるのですが秋までお預けです。パンクしたタイヤ、というか四本とも昨日交換してきました。
      熱中症はありそうですね。私は水場があるのをいいことに3L持っていった水をがぶがぶ飲んだおかげでなんともありませんでしたが。
      休日出勤お疲れ様ですと言うべきか涼しくてうらやましいですと言うべきか難しいところですね(笑)。
      私は花粉の残滓のせいか最近まで山から帰ると鼻がむずむずしていましたが今回はなんともありませんでした。
      両神山、100名山ということを除くとこの時期に行く魅力を感じないのですがそこまで100名山ブランドはすごいということなんでしょうね。
      ただ山頂は狭いし鎖場で混むので登山適期のもっと混雑した時期にいくのは厭だなとも思いましたが。
      清滝小屋は再建された小屋でしたか。私はてっきり開店しているものだと思っていたのでコーラとか買う気マンマンでしたが肩透かしでした。こんな暑い時期でも人が多いし割高でも飲み物買う人はいそうですが山小屋は宿泊客がいないと儲からないんですかね
    • 0
      ふみふみぃ

      ふみふみぃ

      likedしました

      liked
    • 7. ふみふみぃ
    • 2016年06月20日 22:57
    • (続き)
      温泉一泊5万超えとは一体どんな豪華なご飯が食べられるのでしょうか(笑)。申し込む気にはなりませんが気になりますね。
      食事持参で7000円は高いなと思いますがガイド料含めるとそうなるのでしょうか。
      同趣味の方とは普通に人気の山にいけば触れ合えるような気もしますがツアー参加なら気楽に話せるとかがあるんでしょうね。
      百名山登り切るのに一人500万円ですか。100名山ともなれば山小屋がある場所も多いでしょうし山小屋で昼ご飯、帰りも地元の名物を食べて良い宿で、となればお金もかかりますね。
      登山と観光を同比率に考える方であればそういうのもありなのかもしれませんね。
      どこナンバーか忘れましたが北関東だったような。まあ登山口まで来て悔しい気持ちは分かりますがあの状態で車放置は勇気が要りますね。
      暑さを和らげるべく滝の写真を多めにしてみましたがにじみ出る暑さは隠せませんでしたね(笑)。
    • 0
      ふみふみぃ

      ふみふみぃ

      likedしました

      liked
    • 8. ふみふみぃ
    • 2016年06月20日 23:04
    • サクラマスさん、こんばんわ。
      M崎君にも鍛えてもらわないと夏のアルプスで困るので(笑)。
      確かに静かなコースでした。もう少し涼しい時期なら気分良く歩けた感じがします。
      ただ合流後はやはり賑やかな100名山ですね。どこから湧いてきたのかと急に別の山にきた感じがしました。
      尾の内渓谷、そういうのもあるんですね。どういうコース取りをされるんでしょうか。ただまた行くとしても矢岳や酉谷山辺りを歩いてからかなあとは思います。
    • 0
      ふみふみぃ

      ふみふみぃ

      likedしました

      liked
    • 9. ふみふみぃ
    • 2016年06月20日 23:20
    • 瀑泉さん、こんばんわ。
      パンクは幸先悪いなと思いましたが暑さがすべてを忘れさせてくれました(笑)。
      涼しい100名山ですか。40,50人もいるとは結構広い山頂かなと思いましたが狭い両神山でもかなりの人数が山頂にいましたからスペースはあまり関係なさそうですね。どこでしょうか。
      尾ノ内からは廃道とはいえ昔は登山道があったんですね。もしいくなら鎖とが錆落ちる前なんでしょうか。
      私の家からでも登山口まで余裕で100km以上ありましたし瀑泉さんの住む所からは日帰りだときつい距離ですかね。高速使うにもなんだか微妙な場所ですし。
      白井差コース、そういえばM崎君が何かで調べたのか歩くには○○さんに連絡取らなきゃいけないとかいってました。
      電話番号とか個人情報載ってていいのかよなどと話してましたがそういう事情があったんですね。
    • 0
      ふみふみぃ

      ふみふみぃ

      likedしました

      liked
    • 10. ふみふみぃ
    • 2016年06月20日 23:36
    • HIDEJIさん、こんばんわ。
      神からの啓示とは奥秩父は結構やばいとこなのですか?私はあまりよくわかっていないのですが岩っぽいんでしょうか。
      駐車場の車はサイドブレーキではなく自分から突っ込んだと思います。下りではなく登らないと突っ込めない方向ですから。
      わりと豪気ですよねあのまま登山に向かうとは。
      10年の間に小屋が閉まっていたこと以外は参考になりました(笑)。HIDEJIさんの記事を拝見しているとどうしてもシャクナゲさんも暮らしている天理岳のコースの方に行きたくなってしまいましたけれど(笑)。
      100名山ブームがいつのころからなのかは知りませんがよくぞあんな狭い山頂に人が押し寄せるものですね。
      確かに結構若い人がいました。もっと涼しくて気持ちいい山に行けばいいのにと思いましたね。
      他の山は静かすぎて熊とかに会う確率が高そうですね(笑)。そういえば登山口に5/23に山頂近くで熊に襲われた人がいると書いてありました。人が多い山でも襲われるんですね。
      気になるルートはどんなところでしょうか。沢歩きならともかく土曜日に炎天下の中歩いた私からすると秋まで奥秩父は遠慮します(笑
    • 0
      ふみふみぃ

      ふみふみぃ

      likedしました

      liked
コメントフォーム
記事の評価
  • リセット
  • リセット