中央鞍部を過ぎる辺りで倒木にふさがれる。
その先に踏み跡が続いていたので無理やり乗り越え。
今日おろしたての登山靴を気にするS木君。
d5836a66.jpg



左に乗ってから右の岩へ。シャクナゲさんの根が形成する疑似地面に騙されないように。
アスレチック風味にS木君は結構楽しんでいる。藪慣れしてきたか?良い傾向だ。
76ddb8c9.jpg



根でトラップを仕掛けておきながら素知らぬ顔のイキモノ。
f619fd02.jpg



時々岩が現れて横を巻く。
45dcb548.jpg



瑞々しいというか水々しいというか。
e77fccdf.jpg



ワイヤー下がってるけどこれ登る人いるのか?
4fa76bb6.jpg



気づけばシャクナゲさんは姿を消して。
技のシャクナゲから力のコメツガにバトンタッチか?藪藪しくはないけど。
日光や奥袈裟丸山西尾根の上の方と変わらない雰囲気。歩きやすい。
832c64c8.jpg



テープがあろうとなかろうと変わらんな。
中央鞍部から東は緩い登りで藪も大したことなく非常に歩きやすいところだった。
08667a67.jpg



10:30、小川山・大日岩を繋げる尾根に出た。ルーファン必要なく踏み跡あるし思ったより本当あっけなく終わった。雰囲気は悪くないけどちょっと物足りないなあ。
32f94952.jpg



一人なら小川山に行くところだがS木君が一緒でできたら金峰山も・・と釣っているので大人しく大日岩・八丁平の方へ進む。こちらの破線路の方がテープは少なかった。
迷うことはないが。
96002356.jpg



シャクっと行こうぜ!シャクナゲトンネルを潜ることもある。
108e8847.jpg


cc8781db.jpg


cb328506.jpg



おおガスいガスい。これは金峰山いっても展望ないな。
金峰山まで行く理由がないなとテンション下がり気味で大日岩まで行って帰るかと考え始めている。
b4aaa6c7.jpg



八丁平、11:00。富士見平からのルートを合わせて。
まあ僕らは南の大日岩に行くのだが。
fe8e2dd6.jpg



進んでいくとすぐに東の廻り目平とやらからのルートを合わせた。
a670c739.jpg



今回の藪ルートには好評価だったS木君だがやっぱり登山道は歩きやすいなあなどと言い出す。藪の方がやわらかくて膝に優しいのに。
caf4e1da.jpg



ほぼ休憩なしで瑞牆山から歩いてきたので大岩を登った上で少し休んだ。



歩きを再開。あれが大日岩?
ee2add67.jpg



どうやら手前の別の岩だったようだ。
そのまま登るのかと思ったら西から巻くルートになっていた。見上げて。
b586ef97.jpg



ガレ場を過ぎてシャクナゲトンネル抜けて。すぐそこかな?
4a00edd0.jpg



視界不良の大日岩。11:53。瑞牆山からは誰とも会わず。
これは金峰山までいかない方がいいな。
8eb68a38.jpg



うっすら見えているすぐ南東の峰さえ雲にすぐ隠れる。
04c88c11.jpg



金峰山は諦めて帰ることにしたのでここでゆっくりと休憩。誰も来ない。
S木君は白根隠山は草原で風も吹いてたし寝るのにちょうどよかったですよね。ここは岩だから難易度高い、などといいつつ普通に寝だした。レベル高いなあ。

僕も軽く横になったりしつつ大日岩周辺散策。
この植物は?
99df2fa9.jpg



上には青空がチラ見できるのに。
周りは雲がどんどん上がってくる。
900e02f9.jpg





続く