2016.8.6(土) 同行者 :K納さん、I井君、O川君

今週末は天気がよさそうで本来ならばテントでも担いでシャクナゲゴーと行きたいところだ。しかし土曜は仕事の一環みたいなもので東京に行かねばならないため諦め。
まあ社内の集まりだし昼過ぎに行って数時間拘束されたら帰れるのでさっさと山の準備をして日曜は山だな。

そう考えていたのだが同じく東京に召集の掛っているK納さんから声がかかる。
"土曜は所用終わったら上野公園な"
ポケモンゲットである。
東京は嫌いなので良く知らないが上野公園には色々ポケモンが沸くようだ。
まあ軽く散策して晩飯食べて帰ればいいか。
僕が自主的に東京に行くのは帰省しに新幹線に乗る時くらいなので東京のポケモン生態調査をすることは今後ない可能性もある。わかりましたととりあえず着いていくことにした。歩くのは嫌いじゃないし。

さて土曜日。汚れたザックを洗って干してとしてから東京へ。
上野公園に行く前に所用を済ませる必要がある。
適当に昼飯を済ませ目的の建物を目指す。何階の何処とか細かい場所は知らないんだよな、と建物の前まで来るとスマホを弄る人影が。K納さんである。案の定ポケモンゴーをしていた。そのまま付いていき部屋に入る。

席に座って数時間、所用は終わった。懇親会に参加する義務はないのでそのまま離脱。K納さんの他、同じく所用に駆り出されていたI井君・O川君も加えて四人パーティで上野公園に乗り込んだ。

16:30過ぎとはいえ暑い。すぐに汗が出てくる。
階段登ってすぐの噴水みたいな所が涼しくてそのまま動きたくなかったのだが上野公園のメインはもう少し奥のようだ。スマホを覗きこむ人々を尻目にちょっと歩いて階段下り信号を渡る。後輩二人が上野公園の間取りにやけに詳しいなと思ったら二人は既に午前中上野公園を探検済みらしい。ポケモンゴーに対する熱意ありすぎ。

上野公園はポケモンゴーへの熱意ある人々で溢れかえっていた。上野公園にきたのは初めてだけど間違いなく真夏のこんな時期に人で溢れかえるのはまれだろう。
恐るべしポケモンゴー。
34f7a3f1.jpg



皆スマホを見ているからポケモンゴーをしているとすぐ分かる。
人のことは何も言えないのだがこんな暑い時期によくこんなに人が集まるものだ。
不忍池の奥へと進む屋台がある細い道は人で埋もれている。異常である。
別に今日は夏祭りでもなんでもない。
15d6fb9f.jpg



ただでさえ暑いのに人だかりに入って行くのか・・・という思いはあったがポケストップ(アイテムがもらえる場所)が点在しているしじっとしていても暑いだけでポケモンは出てこないから進んでいく。
人山を写してもつまらないのでハス達に被写体になってもらう。
6be2612a.jpg



まあしかし人が多いのは難点だがポケモンは結構沸く。コイキングとコダックが9割だが。
稀にミニリューが沸くのもいい(数十匹集めて進化させるととても強い)。
K納さんは歩きながらポケモンを捕まえられるしポケストップもあるからご機嫌。
古河総合公園はポケストップが固まってるのは楽だけど歩きまわらないからなあ固まりすぎて。K納さんはアクティブだから歩きながらポケモン生態調査をしたいのだろう。後はビールがあれば最高だな、と屋台を見るが缶ビール500円に沈黙していた。

屋台は焼きトウモロコシが500円とか非日常空間にありがちなぼったくり価格で僕は買う気にならないのだが流石にこれだけ人がいるのでそこそこ売れているようだ。今が稼ぎ時なんだろうな。ケバブ600円がなんだか良心的に見えた。

スマホを買い換えたばかりの僕はこの人だかりでもGPSロストすることは少ないのだが後の三人はGPSロストやフリーズが頻発しているようだ。
折角レアなポケモンが出たのにスマホが動かず悶絶していたりする。ポケモンゴーでは沸いて数分後にはポケモンが消えてしまうので必死である。
そうこうしているうちに新しいポケモンが沸いたりしてあまり前には進まない。
これ皆でワイワイやってるから楽しいけど一人で来たらどうなんだろう。

のろのろと突き当たりの不忍池真ん中三叉路に。特に理由はないが南西ルートへ。コンビニに行きたい。
稀にレアなやつがでてくるが相変わらずコイ(コイキング)とアヒル(コダック)ばかりだ。
ポケモンゴーは右下に近くにいるらしきポケモンが9匹まで表示されるのだがしまいには8匹がコイになった。K納さんは9匹ともコイにしようと頑張っている。

道端にいるハト達がやけに人に慣れている。逃げるそぶりなし。
ここまで野性を無くしていると悪い奴らに狩られそうだな。餌付けされているのか?
と思ったら鳥にえさやりをしている人たちが。スズメがまるで手乗りインコ。すごい勢いで集まっている。
bc50d746.jpg



しかしここの公園餌やりOKなのか?と思ったら横に餌やり禁止の看板があった。無意味である。
K納さんは近くにいるポケモンがコイだけに出来たので喜んでいる。

公園の敷地の外にローソンが見えたので立ち寄る。
すかさずビールに手を伸ばすK納さん。僕はカラアゲ君とアイスとお茶を。
汗をかいた後のアイスと揚げ物はうまいな。太るから食べすぎは禁物だが・・。

再び公園に戻り東へ、野外ホールの方まで歩いていく。ライブをしているようだ。
しかしここでアクシデント発生。
人々がすごい勢いで西に駆けて行く。レアポケモンでも沸いたのか?
この暑い中がんばるなあ・・。
と、眺めていたらK納さん、I井君、O川君も人々についてはしって行ってしまった。
え?この暑い中全力疾走?と初動が遅れた僕はレアポケモンの出現に間に合う気もしなかったので道すがらコイを捕まえつつ人々が去って行った西へ一人歩いて行った。

まあそんなのんびりしていたら追いつけるはずもなく、分岐までやってきたが人々がどこにいったのかもわからない。はぐれた。
仕方ないのでちょうど沸いていたミニリューを捕獲しつつハスを眺める。
5時半過ぎても暑いな。
164188fd.jpg



さて分岐から池の真ん中へ進むか西から回り込むか。
行ってないから西かな?適当に進むが三人は見つからず。
やれやれと一休みしてから連絡を試みる。
どうやら最初の屋台の方にいるようだ。池の反対側か・・。
まあ適当に行くか。

分岐に戻り池の中心→屋台の方へと歩くことにしてコイを捕まえつつ進んでいく。
この暑さではボートを漕ぐのもつらそうだが?
0433564c.jpg



亀達が集まっているのは日向ぼっこでもしていたのか。餌でも貰えたからなのか。
19e72ce0.jpg



最初の屋台通路の入口までやってきて再度連絡。I井君とO川君とは合流できた。
K納さんとは途中ではぐれたらしい。
人々が駆けていたのはやはりレアポケモンが沸いたからだそうで。
皆頑張るなあ。暑いのに。

とりあえず動かずK納さんを待つことにしたがI井君はちょっと行ってきます!と駆けて行ってしまった。イキがいい。でもまたはぐれてしまったのだが。
まあいいかと待っていると一時間ぶりぐらいにK納さん合流。
とりあえず行っていない方向に、と南に歩いていく。

6時半を過ぎたが人は減った気がしない。
eb0b0ed3.jpg



歩いているとまた人々が駆けだしていく。O川君は行ってきます!と駆けて行ってしまった。僕とK納さんはのんびりと歩いていくことにする。
ライトアップされている。
1f032a06.jpg



携帯の電池がだいぶ減ってきた。そろそろころ合いかなと思いつつ晩飯どこで食べます?と話しながら入口に戻るため北へ引き返す。
横を気づかず通り過ぎようとしているO川君を捕獲するがまた人々ともに北へ駆けて行ってしまった。元気だなあ。

入口に着くころにはI井君とセットでO川君が戻ってきた。
僕のスマホ、電池残量10%切って虫の息。
晩飯行きましょうと上野公園離脱を図る。
7時を回ると流石に薄暗い。それでも暑い。
石段を登っていくとまた人々が駆けて行く。忙しない。


適当な店に入り晩御飯。僕以外の三人は店で充電をさせてもらう。どうやら晩飯後に夜の部に行くようだ。熱意が違う。
食事中に着信があり、電話に出るとM野さん。懇親会が終わり上野公園に参戦しに来たようだ。この様子ではうっかり上野公園にヒゲが来ていてもおかしくはないな。

M野さんと合流し再度ポケモンハントに向かう三人と分かれて僕は帰宅した。この時点では日曜は山に行くつもりだったからだ。
しかして古河に帰り花火大会から帰る渋滞に巻き込まれ家に着くころにはなんだか疲れ切ってしまった。
アラームかけ忘れて起きたのは六時。
冬場なら近場の山にささっと行くには何も問題ない時間だが夏場の今では奥日光までいかないと暑いし今からでは行く気がしない。諦めて二度寝した。

久々に山に行かない週末だったが無駄に暑いからまあいいか・・。盆休みは2回ほど山に行くつもりだからそこで帳尻を合わせよう。そう思っている。