2016.8.11(木・山の日)
高瀬ダム-ブナ立尾根-烏帽子小屋 -烏帽子岳・南沢岳方面分岐 -烏帽子岳 -分岐 -南沢岳手前 -分岐 -烏帽子小屋 -ブナ立尾根 -高瀬ダム -泣きの5.5km舗装路歩き -七倉山荘

往復運転540kmが疲れた。


11日は山の日だろうがブナの日だろうがどうでもいいのだがお盆休み初日なのでさくっと日帰りで登って翌日夕方実家に帰省するつもりだった。
そんなわけでいつも通り奥日光でシャクナゲさんと戯れるつもりだったのだがどうやら天気はイマイチなようで。それならどこまで行けば天気は良くなるかとみて行くと、新潟や長野の北の方は晴れらしい。

巻機山稜線の気になるとこに行こうかと思ったがこの季節では稜線で干からびる以前に途中で干からびる懸念さえある。
遠いし日帰りで行くのはなんとももったいないが北アルプスはどうだろうか。
構想しているのが前日なのでM崎君を誘うには間に合わない。S木君は速攻で帰省するらしい。山の日に一人で日帰り北アルプスか…色々きついな。

しかしおそらく余所よりは涼しいだろうとの目算で北アルプスでも地味そうなとこに行くことにした。烏帽子岳とその先である。
ブナ立尾根とやらは日本三大急登らしいがアップダウン繰り返すよりはましだろう。どうやら裏銀座ルートの入口らしいが烏帽子岳方面、烏帽子岳から先へ行く人はあんまりいなそうだ。烏帽子小屋から船窪小屋まで著名なのは200名山の烏帽子岳のみで途中水場なし小屋なしアップダウン・危険個所あり9kmである。

七倉ダムから船窪小屋に登り烏帽子岳の方に縦走してブナ立尾根を下るのはコースタイム19時間ほどで日帰りする人は稀にいるようだが今の僕には無理だろう。失敗した時のリスクが高すぎる。エスケープルートないし。
甚だ不本意ではあるがピストンでいくことにした。


前日、さくっと帰れたので21時に寝て0時起床。いそいそと準備をして1時に茨城を出た。
長野は遠い・・遠いが高速代は節約したいので太田桐生でのって麻績でおりてみたらくねくねとした狭い山道を無駄に走るはめになった。帰りは大人しく安曇野から高速に乗ろう。

SAの売店が開いてなかったので仕方なくコンビニで朝飯を食べ立ち読みも済ませて5:30過ぎに七倉ダムの駐車場に着いた。うわ・・車多すぎ・・・。50台は停められるらしいが道際も埋まっておりこれは来る時間を間違えたかと思いつつ一番奥になんとなく入っていくと一台分スペースあり。助かった。

準備をして高瀬ダムまでの特定タクシーに乗るべく列に並ぼうとしたら七倉山荘の前で素知らぬふりをして生えている高山植物が。シャクナゲさんである。栄養分とかなさそうな土だったが大丈夫だろうか。

さてタクシー待ちの列に並ぶ。4人乗りあいで一人500円。約6kmが500円で済むのだから行きは乗りたい。帰りも乗りあえれば乗って帰りたいが・・。
人はかなり並んでいたがバンバンタクシーが来るため結構進みは早い。
15-20分くらい並んで乗れた。

そして高瀬ダムに辿りつく。天気は良さそうである。6:28、行動開始。
2e993a04.jpg



僕より先に歩きはじめている人が相当数いるが日帰りピストンしようとかしている人間はあまりいないようだ。皆荷物が重そう。適当にそのうち前に行かせてもらおうと思いつつブナ立尾根の登山口まではのんびりあるいた。
最初は涼しいなあなんて思っていた。

トンネル抜けてつり橋。やたら揺れるし底は木の板。結構怖かった。
9bba981d.jpg



濁沢キャンプ場(ただの砂地)を過ぎて登山口に進む。
濁沢はその名の通り濁っていて。あれは濁滝とでもいうのか。
b0fe7dd3.jpg



6:49、登山口到着。いよいよブナ立尾根である。正直なところ登りより帰りの下りで足に来るのではと心配している。
e9d6589b.jpg



展望もなく風もない樹林帯をひたすら登る。暑い・・。既に余裕で汗が絞れる。新しい薄手の長袖を着てきたのだがもう一枚こいつを持ってくればよかった。

最初から飛ばしてもなあとマイペースでいきたいのだが凄まじく人が多い。でもって皆大荷物のせいか危なっかしい歩きをする人が団体であれば一人はいるようで。
団体さんの後ろに追いつく→息を整えるためにゆっくりしようと後ろをついていく→道を譲られる。ちょっとはゆっくり歩きたかったのだがひたすらこれを繰り返し前へ前へと行かされてしまい休む暇もない。これ後々大丈夫かなあ。

7:36、標高1700くらい。数字標識8。一番下が12だったので1/3か。まあ人が多いとはいえ前へ前へと押し出されたためコースタイムより早い。
休んでまた抜かすのが面倒なのでそのまま先に行く。
91229e3e.jpg



6の数字手前で疲れたので一旦休憩。汗だくである。タオルに吸わせてみる。カロリー補給して先に行く。

あんまり代り映えのしない光景の中登っていく。稀に木々の隙間から展望があった。
a78d3267.jpg



8:45、2208.5三角点。標高1700のとこからコースタイム2時間のはずだが大分早くついた。のそのそしてる人らは減ったからなあ。後コースタイムも日帰り装備では設定されていないだろう。軽く休んで先へ。

2250mくらいにあったタヌキ岩。名前の由来は不明である。8:53。
0dda9f75.jpg



もうこの辺りでは抜かせるようなのそのそした人々は全部抜かしきったので僕の前には人影はなく僕の後ろも大分空いていた。これでようやくマイペースで行ける。
稀に現れるシャクナゲさんと触れ合ったりたまに見える展望を写真に撮ったりしつつ歩いていく。

緑の不動岳と左の危なそうな鞍部は南沢乗越か。濁沢をつめて南沢乗越にいくのは無理だろう。即崩壊しそう。
e5ce29d9.jpg



食べれるかもしれないキイチゴをスルーしたりアザミも花は綺麗だなと思いつつ進んでいく。大分上まで来ておじさんに追いつきかけたが抜かす必要もなさそうなのでのんびり進んだ。
あれは唐沢岳?
dcffed49.jpg



烏帽子小屋まであと一息。ようやくのぼりともおさらばだ。
ちょっと霞かかってるがいい天気である。南沢岳から不動岳、さらにその先や奥の山まで見渡せる。良い気分である。
86a51ac7.jpg



烏帽子岳方面と野口五郎方面分岐を過ぎてすぐ烏帽子小屋。9:50。
思ったより早くついたな。休憩。
94edc69d.jpg



まだ時間が早いせいか人はまばらで。今のうちに烏帽子岳まで行ってしまうか。
西の方の山は名前がわからない。アルプスはよく知らない。
3b05c56e.jpg



分岐に戻り烏帽子岳方面へ。道すがらシャクナゲさんが手を伸ばしてくる。今までほとんど姿を現さなかったが稜線で主に暮らしているようだ。
眩しい場所は避けて狭いスペースでハイマツの根元から生えている仮暮らしに見えたが・・。

シャクナゲさん観察道を過ぎて振り向くと見えるのは三ツ岳か。アルプスっぽい感じがある。崩壊してればアルプスか。
7903c104.jpg



進行方向に見えるのはニセ烏帽子岳?略してニボシ岳である。
88e755ec.jpg



パノラマ(クリックで拡大可)。
360度この光景が見られるのは流石アルプスか。遠いから好きじゃないんだけど。ルートの自由度も低いし。とはいえ流石に景色は敵もさるものである。
d16e03c5.jpg



反対方向のパノラマ(クリックで拡大可)。
麓から結構歩いてきたなあ。七倉ダムまでは歩きたくないな・・。
7f6dcca6.jpg



仮暮らしのシャクナゲさんはこんな感じで生息していた。
c9488f9a.jpg



写真をのんびりとっているので中々先に進まない。
10:21、ニセ烏帽子岳。
南沢岳まで行こうかどうしようか。烏帽子岳のてっぺんに登らなければ余裕で行けるのだがさて。
fa1e94f7.jpg



そして遂に姿を現す烏帽子岳。ぱっと見でどれだか分かるのは中々の個性。
しかし惜しいかな標高が周りと比べて大して差がないためあまり目立つ存在ではないようで。一応200名山だが地味な感がする。
f19ae27f.jpg



パノラマ(クリックで拡大可)。
立山方面も写っているのかもしれないが判別がつく僕ではないのだ。休憩。
9e34cc30.jpg



10:42、烏帽子岳分岐にやってきた。
南沢岳方面に進むか迷うが折角だし烏帽子岳に登っていこう。左に進む。
しかしてあの岩登れるのかな。
6e950238.jpg



山頂近くまでは普通に歩いて。ここから鎖場のようだ。
写真には写っていないが右の鎖で上に登ってから左にトラバース→山頂に登りあげるルートである。おじさんが下りるのを待ちつつストック収納。行くか。
61937dd5.jpg



鎖を登るのは大したこと無くて。むしろ面倒なのは下りかな。ザックデポすればよかった。トラバースは怖い。
76b2b077.jpg



地味呼ばわりしたが烏帽子岳はそれなりに人気らしく結構人が来る。すれ違いながら山頂へ。高瀬ダムからも結構歩いたなあ。
ef9a33c5.jpg



11:00、大体山頂。後は最後の岩の上に立つだけ。南沢岳に行く途中は池があるようだ。あの辺りまでは散策に行くか。
4048f3d1.jpg





続く