植林帯の踏み跡を辿る。
戻りは右下の林道を意味もなく歩こうかと思ったがそのうち消えてしまった。
8a2f3a0a.jpg



和久土也山到着、13:25。孫黒檜山が俗称らしいが。シャクナゲさんがいるわけでもないのでどちらでもいいな。
落葉前のため昨年の10月末にたそがれさんが訪れた時の写真とは印象が違うな。
展望がないのもあり山頂感が薄い。
腰かけるのにちょうどいいものも見当たらないのでそのまま引き返した。
47c81053.jpg



南に歩いていき破線路が東にカーブするとこ辺りで破線路からずれ支尾根を南に下る。
踏み跡もあるし笹も低い。
56533e6a.jpg



適当に下りて行くと作業道跡のようなものが混在するようになり尾根の形が崩れる。
そろそろ左下にありそうな破線に行った方がいいかもなあ。
0d7444e4.jpg



自然に破線路に合流したので薄く笹が生える林道を下っていくと重機の音が。
そういえば今日は平日だからお仕事中のようだ。
そっと気配を消して近づいて上から見下ろす。
f5a017c1.jpg



ちょうど車道歩きのショートカットのため通ろうとしていた付近で作業中だ。
邪魔するわけにいかないので大人しく車道に向かった。
13:50、車道に降り立つ。ここから延々と車道歩き、しかもしばらく登りだ。面倒。
d77e0adc.jpg



とりあえずヘアピンカーブをショートカットするとさっきの重機はここから入ったのかと砂利道が北に延びている。
47edf460.jpg



三回目のヘアピンカーブショートカットは少し長い。
林道にめぐり合う。乾いた石がちょうど良かったのでここで座って休憩。残りの食料を貪りスポーツドリンクをがぶ飲み。展望はガスで得られないのに日差しはあるから暑い。
14:22。車道の横で休むのは気が引けるからちょうど良かった。
0d69a17d.jpg



涸沢を二回横切り土壁を登って面倒なことになりつつ車道復帰してしばらく大人しく歩く。
五輪峠にいくのが面倒でやはりショートカット。結構笹が深いなここ。でもハンターは来るようだ。
af399eb8.jpg



果たしてこれは本当にショートカットなのかという根本的疑問はあった。
でもみー猫さんもここは同じように歩いてるんだよなあ。
藪の番人は結局一度も姿を見せることは無かった。踏み跡というか作業道みたいなのもあり少し利用して車道に出た。
1babe97d.jpg


06102885.jpg



車道に出たところで携帯の機内モードを解除すると会社から電話やメール。明日までほっとくとめんどくさそうなので適当に対応した。強制的に日常へ戻されてしまった。

車道をだらだらと歩いていく。大沼上に雲がすーっと流れて行く。
雲は鳥居峠の方角から流れてきているようだ。鳥居峠は風の通り道なのかな。
da1cb568.jpg



霧の湖、覚満淵の横を通り鳥居峠を目指す。なんもみえねえ。
e690e6e6.jpg



分岐のベンチでから16:05、鳥居峠に帰還した。霧の中と言うか雲の中。
この時写真にうっすら写っている右の案内板を見ている男性が今日の核心だった。
2c15d9f4.jpg



レガシィに荷物を入れてごそごそしていると先ほどの男性が展望台の方に歩いていく。僕の車の横を通って。
気にせず後部座席で着替えてさて帰るかと運転席に移ろうとドアを開けたら奇声が聞こえてくる。
何だろう?と前方霧の中の展望台方面を見るとさっきの男性が奇声を上げつつ両手を上下させながらぐるぐる廻っていた。なにこれ怖い。召喚師かな?
後部座席からカメラを取って動画に収めるべきか関わってはいけない人種なので逃げるかと考えていると男性は儀式を終えたらしくこちらに歩いてきて・・・僕の隣に止めてある車に乗り込んだ。あっお隣さんでしたか。目があった。

結局タイミング悪く鳥居峠から17号線に合流するまでずっと僕の後ろにぴたりと張りつかれたまま車を走らす羽目になった。でも運転は普通だったので安心した。群馬ではああいうのが流行ってるのかな?北関東にきて七年経つけどこちらの文化は良く分からないままだ。その後は普通に帰った。

後半のルート図。
この地図は電子地形図25000(国土地理院)を加工して使用しています(令和元年手続改正により申請適用外)
ふ無題

黒檜山から先は大して藪もなく踏み跡もそれなりにあったので大体ほのぼの散歩といっていいのかもしれない。登山道のようなところを歩いたという意味で。ショートカットしたとこの方が笹深かったし。
青空好展望も朝方だけ、紅葉にも早く藪にはシャクナゲさんがいない。スター不在の山歩きだった。別につまらなかったわけでもないしそれなりの満足感はあるがわくわく感とかは足らなかった。
赤城山は登山を再開して最初に登った山だから一年前のあの時を思うとずいぶん成長したなと思うのでその点は良かったと思う。

今週末もなんだか微妙な天気だし水が引いてるのか怪しいので松木川の奥地へは来週末になるだろうか。今度は沢水が冷たすぎて撤退とかありえそうだが・・。
せめて土日のどちらかだけ好天なら日光に行きたいのだがどうなることか。結局は晴れてそうなとこを探して行くことになりそうだ。
このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント

 コメント一覧 (16)

    • 1. はるりん
    • 2016年09月29日 13:07
    • 人が休みと分かっているのに、会社からのメールに電話。やめて欲しいッス(怒)
      やはり秘境のグンマー 何かしらの術を行っていたのでしょうか? 人の目に触れたらいけない術でしたら、危なかったですが ラッキーでしたね~(熊さんより怖いかも)
    • 0
      ふみふみぃ

      ふみふみぃ

      likedしました

      liked
    • 2. k-mat
    • 2016年09月29日 16:09
    • ふみふみぃさん、こんにちは。
      怪しい男性、インパクト強すぎですね。隣の車というのも怖いシチュエーションです。何事もなく良かったですね。
    • 0
      ふみふみぃ

      ふみふみぃ

      likedしました

      liked
    • 3. サクラマス
    • 2016年09月29日 16:34
    • あ!それ私です(笑)そんなわけはございません。群馬にはこのような人種がウロウロしてるので気をつけてくださいな(ウソ)
      赤城周辺にも歩き方によっては新鮮だなあと思うところがありました。篭山から延びてる尾根ねも春は良いですよ。
    • 0
      ふみふみぃ

      ふみふみぃ

      likedしました

      liked
    • 4. みー猫
    • 2016年09月29日 21:40
    • こんばんわ。
      ちょっと紅葉には早かったんですね。赤城も選択肢と思ってたのですが、横根山の方が紅葉が早そうです。赤城は霧氷のころに是非行かれてみてください。
      みー猫
    • 0
      ふみふみぃ

      ふみふみぃ

      likedしました

      liked
    • 5. ふみふみぃ
    • 2016年09月29日 21:53
    • はるりんさん、こんばんわ。
      メール入れられてなんで見てないんだとか後から言われても困りますしね。今群馬の山の中ですと返信しましたが。
      UFO召喚かな?と思いましたが霧の中では上から見えないよなーと(笑)。儀式が終わった後は至って普通の人間の動きをされたので良かったです。
    • 0
      ふみふみぃ

      ふみふみぃ

      likedしました

      liked
    • 6. ふみふみぃ
    • 2016年09月29日 21:54
    • k-matさん、こんばんわ。
      インパクト強すぎてこれ後輩に話しても信じてもらえないだろうと動画を取ろうとしたのですが間に合いませんでした。というか大分気持ちは逃げてました(笑)。
      まさか隣の車でしばらくご一緒に走るはめになるとは思いませんでしたが・・。
    • 0
      ふみふみぃ

      ふみふみぃ

      likedしました

      liked
    • 7. ふみふみぃ
    • 2016年09月29日 21:58
    • サクラマスさん、こんばんわ。
      なんだ、サクラマスさんでしたか。安心しました(笑)。いやあ群馬は怖いですね。人の目に触れないシャクナゲ村に逃げ込まないと・・。
      赤城山も登山道が整備されてますが他に東からとかは新鮮な歩きができそうだなあと狙いつつあんまり行けていません。アカヤシオが咲いてるみたいですね。春はどこに行こうか迷いますがふと気になったら行ってみます。
    • 0
      ふみふみぃ

      ふみふみぃ

      likedしました

      liked
    • 8. ふみふみぃ
    • 2016年09月29日 22:00
    • みー猫さん、こんばんわ。
      紅葉には早かったです。今年の紅葉は遅いらしいですね。横根山のが早いとは赤城は標高の割に暑いんでしょうか。
      樹氷の頃、みー猫さんの記事で見ましたが今年の冬は私も見に行ってみようかな。
    • 0
      ふみふみぃ

      ふみふみぃ

      likedしました

      liked
    • 9. きりんこ
    • 2016年09月29日 23:47
    • 最後の休日を無駄にせずよかったですね。
      それにしても、片道2時間半の距離でもシャクっとでかけられる行動力は見習いたいです。赤城山も、いろんなルート取りができそうだなぁとは思うのですが、何度も通うには遠くてねぇ。
    • 0
      ふみふみぃ

      ふみふみぃ

      likedしました

      liked
    • 10. たそがれオヤジ
    • 2016年09月30日 07:08
    • 赤城山にわくわく感を求めるなら、黒保根奥の花見ヶ原森林公園あたりから登った方がいいのではと思いますよ。ハイカーの姿を見ることはめったにないし、物の怪の気配やら、巨大な生き物が立ち去る音も聞こえてきたりしますしね。期待の深いヤブはさほどではありませんが。
      よく歩きましたね。長七郎立ち寄りで和久土也山ですか。どうやって帰ったのかと気になりましたが、やはりそうなるでしょうか。2時間15分は長いですわ。確かに、破線路のショートカットはあまり用をなさないとは思います。
      奇声の男性の件、北関東の文化ではないでしょう。たまにどこでも見かけますよ。だからといって、北関東の人間が、ごくありふれた光景として許容しているわけでもないし。いうなれば、ただの異質な文化かと。
    • 0
      ふみふみぃ

      ふみふみぃ

      likedしました

      liked
    • 11. ふみふみぃ
    • 2016年09月30日 07:54
    • きりんこさん、おはようございます。
      朝方は晴れてましたし家でぐうたらしなくて良かったです。
      片道3時間くらいならシャクッとでかけられるのですが4時間とかになるとがくっとやる気をなくすので中々それ以上の行動範囲が広がりません(笑)
      私も色んなルート取りができるよなと思いつつ稀にしか行かないのであんまり潰せていません。年2回くらいは行こうとかなと思ってますが。
    • 0
      ふみふみぃ

      ふみふみぃ

      likedしました

      liked
    • 12. ふみふみぃ
    • 2016年09月30日 08:03
    • たそがれさん、おはようございます。
      花見ヶ原森林公園からの尾根の一本南の尾根とか黒檜山の南東尾根とか狙ってはいるんですがどうも熊が怖くて(笑)。たそがれさんが花見ヶ原森林公園への帰り道で山の仲間達と出会った記事を以前読んでから東面には熊の楽園があるのではと怯えています。まあ熊なんてどこにでもいるから・・といずれ行くつもりでいるのですが。
      電動自転車や協力者がいれば楽に戻れるんでしょうがそういうわけにもいかず歩いて帰りましたが2時間以上の延長戦は疲れました。ショートカットは距離を稼げたと言う気分だけですね。
      奇声の人が北関東の文化は冗談半分、でももしかしたああいう盆踊りもあるのかな?と思いましたが違いましたか。異質な人は稀に見かけるんですね。私は初めて見たのでショックでした。街中で見かけるならああ変な人だなと通り過ぎますが霧の峠でやっているのがなんとも印象深くて。
    • 0
      ふみふみぃ

      ふみふみぃ

      likedしました

      liked
    • 13. 瀑泉
    • 2016年09月30日 12:50
    • 短い時間とはいえ,青空の下を歩けただけでも儲けモノでしたネ。自分なんて,しばらく山で青空を拝んでいないような気がしますヨ。
      赤城山の紅葉は,まだこんなモンでしょう。やはり出だしは標高や風当たりもあるけどツツジやナナカマドが主体だから,行くなら谷川や那須でしょうネ。
      それにしても,黒檜から和久土也山とは。帰りの登りを考えたらやりたくないなぁ~(笑)。精々,小黒檜止まりにしておきますよ,まぁ,雪山で。
      帰りの男性,爆笑でしたが,そんな人に山で会いたくは無いですネ。
    • 0
      ふみふみぃ

      ふみふみぃ

      likedしました

      liked
    • 14. ふみふみぃ
    • 2016年10月01日 08:44
    • 瀑泉さん、おはようございます。
      青空ってもっと簡単に手に入るものだったはずなのにここしばらくとても貴重なものになってしまいましたね。
      谷川や那須も考えないではなかったのですがそこまでいくのが何か面倒で。行ってみて曇りだった時のダメージが大きいので(笑)。
      帰りの登りは地味にきました(笑)。足を引きずってとかいうことは無いですがだるいなあと思いながらのろのろ戻りましたよ。
      笑うべきか逃げるべきか撮影するべきか迷うシーンでした。まだ駐車場だからいいですが山頂についてあんな人がいたら頭を抱えますね。
    • 0
      ふみふみぃ

      ふみふみぃ

      likedしました

      liked
    • 15. ハイトス
    • 2016年10月02日 00:37
    • こんばんは。
      小黒檜から北方向はまだ歩いたことがありませんでした。
      みー猫さんの云われるように里山の雰囲気でしょうかね。
      小黒檜の西方向の国道から登ると結構な藪との格闘になるという記事を昔読んだことがありますが。
      しかし戻りの歩きが長いですねぇ。
      皆さんと同様奇声を発する男性の話には笑いをこらえられません。
      やっぱり関わりになりたくないなぁ。
      彼なりのストレスの発散方法だったりして。
    • 0
      ふみふみぃ

      ふみふみぃ

      likedしました

      liked
    • 16. ふみふみぃ
    • 2016年10月02日 22:18
    • ハイトスさん、こんばんわ。
      里山の雰囲気の中にシダ植物が生えた火山岩地帯は面白かったです。西側方面は見ませんでしたと言うか霧の中で見えませんでした。笹が生い茂ってるのかな?
      戻りが長いので自転車か複数人で行くかそもそも縦走しないかですね。
      ストレス発散法だったら平和でいい・・かもしれませんね。関わりあいになりたくはないですが(笑)。
    • 0
      ふみふみぃ

      ふみふみぃ

      likedしました

      liked
コメントフォーム
記事の評価
  • リセット
  • リセット