2017.2.18-19(土、日) 同行者 : M崎君、T木
草津温泉

草津温泉ノープランの旅


一月半ば、草津旅行の誘いがM崎君から来た。理由は分からないが2月に草津に行こうと言うことらしい。行って何をするかは不明である。まあ無計画なのは大体いつものことなので気にしないことにして電車で行くならOKと返答。9月に近くの白砂山に行ったがまたあそこまで運転して帰るのはめんどくさい。冬だし。
僕とM崎君は関東住まいだからいいとして他の友人達は愛知とかに住んでいるため果たして何人参加するものやらと思っていたらやはり遠くから来るのはT木だけで。W田君は関東は遠いから、というより仕事から忙しいから来れないようだが。
参加者三人、日にちと宿だけ決めて後は流れでと言った感じで草津に旅立つこととなった。


2.18、13時に草津現地集合と言うことなので8時過ぎに家を出る。
古河から大宮、乗り換えて高崎へ。これだけで既に10時半。特急に乗るのをケチって在来線で移動したせいだが。
高崎駅内部にははじめてきたので乗り換えすぐ分かるかな?と思ったらなんのことはない。長野原草津口方面は下りたホームの反対側に乗り換えるだけだった。余裕を持ってきたのでささっと乗り込み悠々と座れる。

80分ほどパンを齧りながら鈍行乗っていると長野原草津口についた。
周りの山には雪が積もっている。
3c176969.jpg



さてバスに乗るかと思ったら時刻表にない草津温泉行きの急行バスが。どうやら人が多いために臨時増便しているようだ。ここにいても仕方がないのでささっと乗り込み草津へ。

30分もたたずして草津に到着。M崎君とT木が来るまで10分ほど暇なので少し外に出てみる。寒い・・が思ったほどではない。早速足湯の建物があるが浸かる気にはならない。
f019bfa8.jpg



いまいち寒さの程度が分からなかったので長袖、セーター、ダウンできたがちょうどいいくらいか。草津に来るまでの道もそうだったが綺麗に除雪されている。雪山用の登山靴でこなくて本当に良かった。ランニングシューズだから通気性良すぎて少し寒いけど。

寒いのでバスターミナルに戻って軽く時間を潰していると二人がやってきた。
とりあえず温泉街に行くかと三人で歩きだす。
ほどなくして中心地らしい湯畑についた。硫黄の香り。
4e09731f.jpg



集合してから昼飯を適当に食べると言う話だったので何を食べようかとぶらぶら。蕎麦屋があるので入ってみる。
てんぷらそばか豚せいろか迷ったが肉が食べたかったので豚せいろ大盛り。おいしいけど麺つゆが暖かい。僕は冷たいそばの方が好きだ。まあ冷たいと豚の脂が固まるし仕方がないけれども。同じメニューを頼んだM崎君は満足していた。
67f405ad.jpg



M崎君は9月に白砂山に行って以来登山をしていなかったらしい。年末年始に観光でミャンマーには行ったようだが。雪山誘ってくれば行ったのにというと寒いから引きこもっていたとか。じゃあ三月雪山どっか行く?ということにはなった。

さて昼食を終えて14時。ホテルのチェックインは15時過ぎだったような気がするので後一時間ほど時間をつぶさなくてはいけない。まあ折角草津に来たので時間をつぶすと言うか観光を楽しめという話ではある。
草津についてからの行動計画は前日ラインでM崎君からノープランと宣言をされている。僕もT木も勿論ノープラン。
適当に目についた西の河原公園目指して散歩することにした。

お土産屋の並ぶ通りを抜けてスキー場への道を通り過ぎ奥へ。人がそれなりにいるので何かよく知らないが観光スポットなのだろう。無計画に僕らも奥へ。暖かそうな湯が湧いている。手を入れてみると適温。
77835b06.jpg


a558f961.jpg



如何にもぬめりそうな小滝に果敢にチャレンジ・・・するわけもなく横を登る。
51d6d2bd.jpg



すると圧雪が凍りついた遊歩道が現れる。
「この先何かあんの?」「さあ?何かあるんじゃない。人いるし」
取りあえず前進して見る。取りつきの斜面でM崎君とT木が滑った。
db4fd44e.jpg



ほどなく分岐で左に行くと露天風呂があるようだ。だがここは奥に向かってみる。
9ba5e037.jpg



凍りついた階段だったと思われるようなところを進んで行くと突き辺りには凍りついた池。横には公衆トイレ、ただし冬季閉鎖中。
戻りますか・・となったが一応東屋みたいなとこに行ってみるかと進んでみるとどこかで見たようなシルエットが?
6a120d8d.jpg



雪の中からにょろりと顔を出している地味な生き物がいる。久々登場、アズナゲさんである。葉っぱが少しうなだれている。
cb4aa79f.jpg



ナゲを観察していると手持無沙汰なM崎君が雪玉を投げてきたので戻ることにする。
afb6e084.jpg



戻ろうとしたところで案内板のよこで寒そうにしているナゲの姿が。葉を丸めることに寄り地味度がさらに上がっている。
bc291955.jpg



これは行きに見逃したナゲ達が居るんじゃないか?と注意深く遊歩道を戻っていくと案の定遊歩道の柵の外、ぬるま湯流れる沢横の斜面に生えるナゲ達の姿が。
湯気で暖かいのかあまり丸まっていない。
cfe1a419.jpg



分岐まで戻り露天風呂の横を通り帰ろうとするとビジターセンターとやらがある。どうやらM崎君が草津温泉のパンフレットをどこかで落としたらしいのでここで配布してるんじゃないかと入って見る。目論見通りパンフレットをゲット。ついでに中を軽く見学。

現在地はどこだ?長野はうまいこと平地に街を作ってるなとかどうでもいいことを話しつつ。
8cc62d7f.jpg



僕は一人展示物の一つに吸い寄せられ、重大な事実を知った。
そう、アズナゲさんは草津町の町花だったのだ。
6f9401b0.jpg



人々が草津に温泉を見つける以前からアズナゲさん達はこの地で暮らしてきたのだろう。その気高き姿に草津の人々は感銘を受けて町花として祭り上げたのだろうか。
町花ということは草津の街中にナゲ達が紛れ込んでいる可能性がある。気をつけなければ。

適当にぶらついている間にちょうどいい時間になったので湯畑まで戻る。
ホテルは湯畑からすぐだ。僕とM崎君は鞄一つと荷物は軽いのだがT木は鞄二つだし手ぶらな方が身軽で良いのでささっとチェックインして荷物を置きに行くことに。
3ec1db46.jpg



荷物を下ろし茶を飲んで一息つくともうこのまま夕食まで一眠りと行きたくなったがM崎君が湯もみとやらを見に行きたいと言う。よくわからないが四時からの公演に間に合うよう出かけようとのこと。まあ草津まできて部屋でぐうたらするのもなあと言うことで重い腰を上げてホテルを出た。

湯もみとやらを見れる施設に近づくと行列。わりと並んでるなと思ったら道を挟んだ反対まで列は伸びていた。面倒になったがまあ仕方ないかと大人しく並ぶ。
ふと視線を感じて横を見ると温泉の前にさりげなく生えているナゲの姿が。番頭代わりなのだろうか。
18afdde5.jpg



温泉前で暖かいのか葉を丸めていないナゲを横目に湯もみ施設の中へ。600円支払う。
真新しげな施設の二階から見下ろす。この期に及んで湯もみとは何か良く分かっていない。
236ce7f1.jpg



定刻になるとプロジェクターに湯もみの歴史みたいなのが映し出されて。
要約すると草津の源泉は最大95度近く、冷ますのに水を入れると温泉成分が薄まるので良くない。だから木べらで混ぜて冷ます伝統があった。ということらしい。
歌いながら湯もみ人達が木ヘラで混ぜる実演。
湯もみ体験と言うことで20人ほど募集され混ぜてみたり。僕は二階にいるから行かない。
5af66a67.jpg



草津節とかの踊りも見せられて20分の公演は終わった。まあ伝統芸能見学と言ったところか。
折角だから少し散歩するかと適当にぶらぶら。光泉寺とやらへ階段を上ってみる。
階段わきの雪の下から時折にょろりと顔を出すナゲ達の姿が。
cf7bfd36.jpg



登り切ったところの石灯籠横からもさりげなく。
a30b273f.jpg



階段の上だから奥は見晴らしのいい所になっているかと思ったのだがそんなことはなかった。奥の進むと雪に埋もれた幼稚園があったので引き返した。
cf8e6aa7.jpg



裏手の日陰から町を見下すナゲ。
d3aa77f1.jpg



階段を下り湯畑に戻ることにした。日が長くなってきたなと感じる四時半。
57ff6fd4.jpg