2017.11.19(日)
下久保ダム南岸 -ダムを渡る -坂元BS→バス移動(約6.4km)→太田部入口BS -橋を渡る
-太田部集落の古道 -民家の横から車道 -廃小学校西にある神社 -神社裏から続く謎の道
-作業道? -林道 -塚山古墳群案内標識 -テープに導かれる -テープが消える -境界標?を追う
-彷徨う -社殿の跡と石積 -尾根に出て展望 -塚山 -竹ノ茅山(978m) -三ッ山(849m)
-鞍骨山(850m) -舗装路着地 -舗装路離脱 -855.4m三角点峰 -太田部峠 -舗装路復帰
-舗装路離脱 -912m峰と949m峰の鞍部を目指すが少し東に登りあげる -949m峰 -天狗岩 -城峯山 -石間峠 -舗装路
-関東ふれあいの道 -舗装路 -宇那室バス停 -城峯公園散策 -最後は?舗装路歩き -下久保ダム南岸


遠回りして冬桜を見に行った。敢えてね。


ついに狩猟期がやってきた。地味尾根歩きに精を出したい気候ではあるが涙を飲んでなるべく撃たれなそうな場所を歩くしかない。
足尾に逃げ込むのは来週と決めていたので今週は奥武蔵かと地形図をにらむがどうも心に響く所が無い。今歩かなくても良いかなあと言う感じで。
そんな中たまたま冬桜なるものの存在を知った。埼玉と群馬の境辺り、神川町の城峯公園とその近くの桜山公園とやらで見られるらしい。観光地化を目論んだ町おこしの一環なのかなと思ったが今なら紅葉もおまけで付いてきてお得感があるので見に行きたくなった。
ただ片道運転二時間かけて行ったあげく公園の桜を数十分眺めて帰るとか無駄の極みなので登山を絡めることにする。

とりあえず冬桜は最後に見ることにしてルートを決めるべく地形図を眺める。この辺り歩いたことないけど見覚えがあるな?たそがれさんが今年3月に歩いていた。長瀞の方から歩いてきて採石場のそばを通り郡界尾根を城峯山へと歩くルートだ。
と、なれば僕が歩くルートは自ずと南から、もしくは西から城峯山へ行き城峯公園へ北上となる。ただ駐車地から歩きだしへの移動を考えるとバス・電車・バスと移動する南からはつらい。家から公共交通機関も考えたが帰りのバスの時間を考えると自由度が半減だ。
そこでバス移動が楽な西、太田部集落から塚山へと登り城峯山への縦走をすることにした。塚山へは登山道はないが古墳跡とかあるらしい。ついでに見て行こう。


11/19、4時過ぎに起きて二度寝。5時過ぎになんとか家を出る。
下道を走らせカーナビ任せで長瀞町に入り山道で北西へ。神流川の北岸からダムを目指すつもりがカーナビの案内で南岸のよくわからない道に入りこんな狭いとこ大丈夫か?な山道を通過して城峯公園の横を素通り。下久保ダム南岸の駐車地に着いた。
城峯公園の駐車場に置くのが都合は良いのだがこの時期一日置いておくのは観光客から白い目で見られるだろう。バスの時間が迫っていると言う切実な事情もあるのだが。

7:11、準備をして歩きだす。取りあえずダムを歩いて北岸に行かないと。駐車地の横にも冬桜が生えていたが少ししか咲いていなかった。風が吹いて寒いのでダウンを羽織る。
149925ff.jpg



ダムを渡ってからは西→北と車道を歩いて462号へ。石碑を見ていたら生き物の気配。馬が飼われていた。
6feb6091.jpg


25d59f8b.jpg



462号に合流した所にある下久保ダム入口BSでバスに乗っても良いのだが時間があったのでさらに西へ。7:30、一つ先の坂元バス停に着いた。ここまで1.7km。
6189cfee.jpg



消防車が通過して行ったりしたせいか定刻(7:37)から2分くらい遅れてバス到着。乗り込む。
約6.4kmを移動して7:53、太田部入口BSで降りる。太田部橋の手前。
太田部集落に行くにはこの橋が一番近いと言うか他の橋が遠すぎると言うか・・。
f3a60922.jpg



ダウンを脱いで赤いカッパに着替える。ハンターが出るとの情報を得たからだ。黒いダウンでは撃たれかねない。
7:57、歩きだして橋を渡る。紅葉も大分降りてきているな。
efbc5048.jpg



橋を渡った先にいた亀。
6d000cc8.jpg



左折して少し歩いて行くと法面の上に出られる入口あり。ここから古道に入れるらしい。
9c17202c.jpg



入口は藪めいており中に入っても竹がはえていたりしたがその先は至ってまともそうな裏道だった。
f72cbab1.jpg



木漏れ日の植林帯を登って行く。
ガサリと音がしたので左手を見るとのそのそと動く黒い塊。熊・・・ではないな。イノシシにしては足が長い。カモシカのメスか。向こうも離れたところで振り返りこちらを見ていた。この上には集落があるはずなのだがこんなとこにもいるんだな。
bf705fd8.jpg



360mより上で九十九折りに急斜面を登るようになると道が倒木で塞がれ始めた。これは面倒だなと道を無視して真っすぐ登ろうとすると踏み跡があったり。考えることは皆同じか。
99dee77f.jpg


4ae025c0.jpg



道跡に合流し登り始めから20分足らずで450mくらいまで上がってくると民家の裏手に出た。こちらの民家地形図に記載あり。そっと左側の藪めいたところの踏み跡を辿り破線路に合流し振り返る。
ef3f0a82.jpg



破線路からすぐに車道に合流した。ここから塚山を目指すには二パターンあり南の久保田地区まで行きそこから民家の裏手を通ったりしつつ山道を行くパターンと北の古指方面へ行き林道で上がるパターンを選べる。
僕はなるべくハンターに会いたくなかったので迷ったが南へと車道を歩き始めた。

ぶらぶらと山間の限界集落を行く。イチョウも色づいていた。
e3fbfba9.jpg



8:30、洋風な建物の前に着いた。吉田小学校太田部分校。廃校となって久しく避難場所として使われているようで。熊出没注意の看板におびえる。
8be4e85f.jpg



さて久保田地区を目指すかと南に歩きかけるが、小学校の反対側、法面上に続く道に気付いた。地形図を見ると破線路があり神社に続いている。神社の奥で破線路が途切れているのだが・・・。これは怪しいな。調べる必要がある。
僕は神社への道を歩きだした。
035348b4.jpg



石仏を横目に石段を軽く登る。鳥居は金属製で歴史はそんなになさそうだ。ぼろいけど。
7175e057.jpg


676d1f94.jpg



鳥居はこちらとあちらの境目。山の領域へと踏みいれる。
野晒しの本殿だが注連縄から下がる紙が真新しいから信仰はされているようだな。
8f0eed87.jpg



さて、神社や祠の裏には隠し通路ありの法則に従い本殿横から裏手へと進む。
果たして苔むした石祠の横に踏み跡が続いていた。山の神が通る道と言うわけでもないのだろうが。
a80929ed.jpg



細尾根に残る確かな道跡を辿る。破線路の途切れた先、尾根センターを通っている。ここを通ったルートはヤマレコになかった。もとよりそう記録の多い山ではないが。太田部集落からの第三のルート、見つかるだろうか。
ac5fc30f.jpg



自然林と植林の狭間、そういうところは大抵道がある。ここも例外ではない。参道なのか、境界を明瞭にしたのか、ただの作業道なのかは定かではないが。しかしただの作業道にしては明瞭でしっかりしすぎた細い道跡が580mくらいまでは続いていた。少しだけある紅葉も見ながらゆるりと登って行く。
3b7b0405.jpg


f4c2f0ed.jpg


c2d01d00.jpg



580mを越えたくらいで植林帯に入り込むと残念ながら道跡は完全に作業道と化した。保安林の標識もあったり。
まあ道は続いて行くようなので進んでいく。
f123cf34.jpg



やがて作業道は微かな踏み跡となり細いトラバース道になるといよいよ怪しくなるのだが辿って行くと折り返して明瞭に。まあ660mまでは尾根をそのまま直登してもいいだろう。
660mまでくると急に踏み跡は南南西へとトラバース気味に進むようになる。ピンクのプラ杭もあるからどこか安心。
1f100530.jpg



やがて溝状になった作業道を歩いて行くと幅広くなり林道レベルに。左下からも広い道を合わせる。ただこれは地形図に記載はない。
bc9d56e6.jpg



最後、久保田地区から上がってくる谷間にぶつかると作業道は西に方向を変え丸太で塞がれてしまった。
6250232a.jpg



しかし右手に上がるとその先は地形図に乗っている林道であった。9:03。標高730m手前。
11c3f06a.jpg



続く