2018.3.25(日)
中山駐車場 -中山登山口 -主稜線 -中山 -鳥居マークの場所 -彦谷湯殿山 -分岐 -巡視路 -登山口 -中山駐車場

陽気と晴天に誘われて


前日、最後に歩いた金原山周辺の歩きが余計だった。あれのせいで足の疲れが抜けずどうも日曜は出かける気にならない。天気は良いようだが眠たいし昼まで寝よう。
そう思っていたのだがやはりこうも天気が良いと引きこもっているのもどうかというのと来週以降は土日連続歩きをしたいので体力つけるべく散歩レベルに出かけるかと思いなおす。

アカヤシオ見るなら三床山なのだろうがやはり人が多いだろうし歩いた所がない所へ行きたい。そこで以前あにねこさんの記事で見た彦谷湯殿山へ行くことにした。足利の深高山の南西に位置する山である。ハインキングコースだしとりたてて何かあるわけではないのだが一応アカヤシオゾーンがあるらしいのでどの時期に咲くのか気になってはいた。疲れた足でもショートコースにすれば軽く散歩気分で歩けるだろう。行くことにした。

9時半くらいにのんびり家を出ると日曜の昼間だけあり渋滞に巻き込まれる。とはいえ家から50km程度。コンビニよっても11:10くらいには駐車地に着いた。
本来はもっと手前の西登山口から歩くのが一般的なようだが今日の僕は手短に散歩したいので奥の登山口から行く。要するに手抜きである。
11:19、舗装路の奥へ歩きだした。風が強い。
28b4ebfe.jpg



すぐに鎖で車通行禁止になっている方へ進む。歩行車はオッケーらしく倒木に気をつけてと書いてある。イノシシ注意らしい。
左の尾根にそのまま取りつこうかと思ったが藪めいており猪がいつ飛び出してきてもおかしくない。暖かくなりマダニも気になるのでやめておいた。
僕はナゲ藪は漕ぐがこの季節のシノタケ藪は避けたいのだ。
するとすぐに"湯殿山中山登山口"と書かれた木橋が。
踏みぬきぃになるのではと危惧するが無事渡り切る。
52bd335b.jpg



藪の間にちゃんとした道があり、コンクリで階段状になっている。ハイキングコースとはいえマイナーそうなのだがしっかり整備されている感があり不思議だ。
55352d9c.jpg


7cf64e61.jpg



11:32、足重たいなと思いつつ谷間を登っていくとほどなく主稜線に出た。一応三差路になるのか。
谷間のマイナー登山道なのに整備されていた理由は鉄塔巡視路だったからのようで。
谷間で遮られていた強風が再び。
b4aff63c.jpg



雑木林の登山道を抜けて歩いて行くと登山道はシノタケ藪を通るようになる。しっかり狩り払いされているので安心。この時期の低山笹藪はマダニ天国なので出来れば避けたい。
c7e9f985.jpg



ゆるゆるとシノタケゾーンを抜けて250mくらいまでくると植生が変わりちょっと岩も見える斜面に。
ヤマツツジらしきにょろりとしたものもが多数生息していたがまだ蕾さえまばらで。
c40d7d64.jpg


22a67c36.jpg



300mまで登り傾斜がいったん緩むと展望がある。
しかし春霞みで遠くが良く見えない。
a6a7ccb3.jpg



少し行くと北西も展望が良い。361mに行く途中で眺めた赤城山は霞んでいて。
39f1d29a.jpg



12:09、361m地点、中山の山名板は掠れていた。
やっぱり登りだと足の疲れが響き大分のんびり歩きだった。まあ散歩レベルの距離しかないからいいのだが。
1c63e12b.jpg



先へ行くと露岩があり北の展望が良い。
石尊山南西の採石場、200m小ピークは削り取られて既にないようだ。
0b2f9508.jpg


101c846e.jpg



380m級小ピークに差し掛かると北面にアカヤシオがまばらに。
しかし北面なせいかどれも蕾はまだ固く。三床山より遅くて一週間後で咲いているのではレベルか。強風も日差しのせいか今日は寒くないな。
fc31af25.jpg


10f50d60.jpg



次の380m級ピークにつくと"つつじの峰"と看板が。
どこにもアカヤシオはないが・・・と思ったらヤマツツジが佇んでいた。ヤマツツジの峰らしい。
ff09d3a0.jpg



その先で北面にやはり蕾のアカヤシオを見つつ歩いて行くと12:32、鳥居マークのところについた。社がある。
南面の展望があり段差で区切られているが平坦な個所がいくつか。休憩するにはいい場所だ。しかし一つ下の段から頭が生えていた。
挨拶すると中年のおじさん。ビニールシートを引いて陽気なピクニックのようで。
後から来た僕が邪魔するのも無粋なので湯殿山まで行くことにした。
95b57604.jpg


53df4d31.jpg



おじさんの左前方に明瞭な道が続いて下りそちらへ進む。
しかし少し下って湯殿山方面の尾根が左にあることに気付いた。
これは地形図の破線で南に下りているのでは?
おじさんのところに登り返すのは恥ずいので北東へトラバース。
進むべき尾根道に復帰した。
c521787e.jpg



祠があるから湯殿山?と思ったがまだ先。
深高山方面が見える。
3ba176f5.jpg


96564f32.jpg



露岩の尾根を少し下るとすぐに彦谷湯殿山(351.0)。R・Kさんの標高板あり。12:45。
24637076.jpg



端の方で石に腰かけ足利を見下す。今日はここでのんびり昼ご飯だ。いつもパンとおにぎりだから今日は趣向を変えて冷やしたぬきうどんを買ってみた。中々悪くない。少しかさばるのとコスパは悪いが気分転換には良い。今日みたいに暖かい日はあつあつのうどんよりこちらの方が良い。
7d25f6ca.jpg



時間的余裕はかなりあるので30分ほどだらけたあと下りに入る。
多少急な岩っぽいところを降りて行くとヤマツツジが咲きかけ。
アカヤシオにしろヤマツツジにしろやはり早かったようで。
bdb42a0b.jpg



鉄塔の下を通過しシノタケ藪の間に通された巡視路を利用したらしいハイキングコースを行く。
南に下るのだが北分岐へ書いてあるカタクリ20mが気になるな。
7d5b91a5.jpg


b2ecfd82.jpg



少し行ってみると確かに20mくらいで地面のあちこちからカタクリの葉が見えていた。咲いているのは少ししかいなかったが。
170075d1.jpg



戻って鞍部から南へ表登山口と書かれた方に下りる。破線東の谷間を通る感じだ。
見るからに巡視路である。
cd165d0d.jpg



大雨で崩れかけたらしい谷間を通過すると小奇麗な作業になった。
動く影を観察して見るとトカゲ。彼にとってはまだ寒いらしく動きが鈍い。
dd6361c5.jpg


47e5f3f5.jpg



やがて広い未舗装林道となり右から破線路も合流。ほどなく彦谷の神楽とか書かれた場所でた。13:43。
33e9ca6f.jpg



どうやら奥が湯殿山から直接下りてくるルートの登山口なようだ。
石碑やら登山口やらを眺めつつ満開の桜を撮影。しかし写真を見ると正面からのはいまいちで。写りの悪いタイプらしい。
39505ea2.jpg


697888d2.jpg



少しぶらついてから帰途に着く。舗装路を歩けば駐車場はすぐで。13:52。
まだ早いしもう一山とも考えたが、足の疲れはあるしアカヤシオはまだまだ焦る必要もなかろうと今日はのんびり歩きの余韻を残したまま帰ることにした。
d4b09e09.jpg



今回の軌跡
この地図は電子地形図25000(国土地理院)を加工して使用しています(令和元年手続改正により申請適用外)

無題

普段はこういう歩きをしないのだが(家から50km運転して2時間チョイ歩くだけは短い)疲れた足で散歩するレベルと考えるとまあ悪くはなかった。
ただ春の花を考えるともう一週遅い方が良いのだろう。そうなると必然的に行くコースの選択肢も増えてわざわざここに来る必要もないのが残念なところだが。
恐らく今週末は450mくらいまでは良い感じのアカヤシオが見れるんじゃないかなあと考えつつ、土日の予定を立てている。


このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント

 コメント一覧 (2)

    • 1. サクラマス
    • 2018年04月04日 16:14
    • ヤマツツジの開花はあてになりませんよ。狂い咲きみたいな輩が多いです。湯殿山の方が標高の割にはアカヤシオの開花は意外と遅いものですね。今週末ヤシオ山は咲いてるかしら?
    • 0
      ふみふみぃ

      ふみふみぃ

      likedしました

      liked
    • 2. ふみふみぃ
    • 2018年04月04日 21:58
    • ヤマツツジはアカヤシオよりも気まぐれでしたか。
      湯殿山も金原山と似たようなものだろうと思っていたのに群馬の方が寒いのか、風通しの問題か。
      ヤシオ山は既に先週末で満開だったようですから今週末は散っているかもしれませんね。なにせ仙人ヶ岳への尾根でそれなりに開花してるようですから。
    • 0
      ふみふみぃ

      ふみふみぃ

      likedしました

      liked
コメントフォーム
記事の評価
  • リセット
  • リセット