2018.6.17(日) 同行者:みー猫さん
作場平口 -ヤブ沢峠 -笠取小屋 -雁峠 -廃道 -スズタケ獣道 -古礼沢 -1700m二俣
-左俣 -稜線登山道 -燕山 -雁峠 -笠取小屋 -一休坂 -作場平口

癒しのナメとハブられナゲさん

奥秩父に古礼沢と言う沢がある。ナメが多く苔むしていい雰囲気、そして難しい滝も大してないようで前々から行きたいなあと思っていた。
ただ問題は古礼沢自体は癒し渓の部類ではあるものの下流の滝川本流で。水量多く深い淵やツルツルの残置ロープ頼りの悪場があり数年前に水難事故も起きているようだ。まあ沢初級者の僕が行ったらドザエモンは免れないだろう。
それでは諦めますか、となるところだが調べてみると雁峠から廃道と地味尾根を辿りピンポイントで崖を避けて古礼沢に下りるルートがあるらしい。一度500mくらい登ってから500mくらい下って沢にようやく辿りつく上に入渓までに8km、離脱後に7km歩いて帰らないと言うアプローチの辛さだが、体力を犠牲に安全を勝ち取れるのであれば仕方あるまい。まあそのうち行くかと考えていた。

そんな折りみー猫さんと次回の計画をメールでやり取りしていると今週末天気が良くなってきましたねと。天気が良くなってきたので一地味行きませんかということだろうか。急だし断られること前提で奥秩父のナメ三昧の沢は如何ですかと誘ってみると最近めっきり秩父行ってないので、とOKが出た。そこで具体的な行き先・ルートを伝える。
みー猫さんと滝川といえば一年前に初めて同行したロングハイク、滝川右岸道からの金山沢・和名倉山だ。あれは暑い上に中々えぐいアプローチだったがあれと比べれば今回の方が楽なはず。まあ現実はそう甘くないことが多いのだけれども。
とりあえず日曜はみーねコラボと相なった。

6/17、1時半に起きだしてすぐに家を出る。2時間くらいしか寝れなかった。
集合場所の留浦駐車場へ奥多摩を抜けて。
3時半過ぎに着いたので集合時間に30分の余裕。仮眠しようかどうしようかと思いつつ手洗いへ行きスマホを弄っていると4時より早くみー猫さん登場。近くの国道から離れた場所で寝ていたらしい。それじゃあ行きますかと作場平橋駐車場を目指す。
霧が濃く、国道を離れて狭い道路になったからは慎重になる。路面状況は心配より悪くなく落石はなくて。ただキャンプ場の先でシカ達と遭遇した。

無事作場平駐車場につくと先客が2台ほど。朝飯食べて準備していると話しかけてくる人が。今日晴れますかねえと。ここは電波が入らない。そんなことだろうと一応僕らは集合場所を留浦にしたのだがやはりか。9時くらいから晴れるんじゃないですかとうろ覚えの天気予報を答えた。まあどこに登られるのか知らないけどな。
準備をして歩きだす。
作場平口(登山口)の案内板を見る。とりあえず最初は緩やかに登りたいからヤブ沢峠とやら経由で行くか。
手洗いがあったので立ち寄ってスタート。4:57。
fa40af32.jpg



ぶらぶらと沢沿いの湿っぽい登山道を行く。展望もなく薄暗い登山道。つまらないからペースが上がらないとみー猫さん。僕もこの区間記憶がほとんどなく写真もほぼ撮っていない。みー猫さんと話しながらでないと耐えられなかったかもしれない。
f38fe2db.jpg



とはいえ2.9km、標高差400m近くを歩いて5:58、ヤブ沢峠。未舗装林道のような広さ。
気付けば霧の中にいた。
d668eee5.jpg



ガスの中沢登りは嫌だなあと歩いて行くとガスが晴れてきて。この雰囲気は好き。
b2f66f93.jpg



笠取小屋をスルーして歩いて行くと登山道が木道に。広い登山道に板が敷き詰められている。木々の隙間から北を見ると雲の上にいた。
134eec8c.jpg



笠取山方面と雁峠の分岐近くまで来て小高い丘のようなものを見つけた。展望良さそうじゃないですか?とみー猫さんを誘い立ち寄って見る。1832m地点付近。
すると期待通り雲海の上。あまり雲の上端と変わらない高さにいるようだ。
今日は標高1800mより上に来ないと展望楽しめないと言うわけか。
7c65c6ae.jpg



雁峠へと下りて行く。北西。
571f9e31.jpg



北の燕山方面。
3af07692.jpg



雲海に遠く浮かぶ山は果たして。
d745cb6e.jpg



折角雲の上に出たのに雁峠へと下りて行くとガスの中へ逆戻り。
低い笹藪の間に登山道が通る。
6:34、雁峠。
廃屋となった雁峠山荘(雁峠避難小屋)がガスのなかにぼんやりと。
99c1e453.jpg



登山道を離れ廃屋の裏手へと進みブドウ沢左岸をトラバースしていく廃道へと足を踏み入れる。
踏み跡はあるが幅広の廃道は概ね笹に覆われしっとりとしている。これは靴の中濡れるな。どうせ沢だしと諦めた。
このキノコ食べられますかね?撮影してノラさんに判別してもらますか。そんな感じで手を出さずに先へ。
ded6ba4a.jpg


0bc31f72.jpg



進んでいくとガスが下がって来たのか明るくなってきた。
日が差して雰囲気が良い。
a75624bc.jpg



顕著な谷間に差し掛かると広い廃道が土砂崩れで寸断されていた。
藪めいて狭くなりこの先これだと面倒だなと思ったがすぐに広くなり、藪も収まって助かった。
e32cd91f.jpg



朽ちた丸太、の横を通過。
その先でまた谷間のガレを通過。まあ道型は明瞭かつ広いのでまだ迷う事はない。
feec36c3.jpg



そう思っていたら1953m地点から南東に伸びる谷間で酷く崩壊していた。
少し下りてから沢を通過して?と思ったら沢を通過してから下りて登り返してじゃない?とみー猫さんが先へ。それで正解。
狭い溝をよじ登る。
4704233c.jpg



その先で狭いところを慎重に通過するとまた廃道は広くなって安心。
しかしだんだん細くなってきて鹿道レベル?少し道を外して復帰したり。
雲と同じような高さに。
8a6f5662.jpg


d7f6da1c.jpg



廃道が通っていたと思われる部分が大きく崩れていたので高巻く。高巻きも鹿道が通っていて安心。
91a08692.jpg



さらに進むが一段下の踏み跡の方が正しいような?と疑問に思う鹿道レベルの踏み跡でトラバースしていく。
トラバース廃道と稜線の高さが近くなったので尾根上に出ることにした。少し先行くみー猫さんが言うにはその先のトラバースは籔っぽいらしいとのことだし。
谷間を通ってから錯綜する鹿道を利用し尾根へ。
11dc8682.jpg



予定より少し早く尾根に出たので藪が濃かったら・・と思ったが杞憂。
燕山北東尾根の1815mくらい。7:41。
なお燕山は地形図に山名はないが2004m地点峰である。
dd5c558c.jpg



鹿道で意外と楽にいけるのかなあこの尾根。
1770mくらいまでこの尾根を行き、そこから北の支尾根を降りる予定で先へ。
"世の中そんなに甘くないぜ?"
にょろりとしたイキモノが現れた。言わずと知れた藪の番人、シャクナゲさんである。
最初は鹿道の横から様子を窺っていたのだがぬっと行く手を遮るようになる。
262489f4.jpg



鹿道で通過しようとするがこのナゲ達光を求めて南へ斜めに伸びている。かなりの障害である。おまけに太い。
幸い隙間があるので跨いで行く。
34417ecb.jpg



隙間ができたので先に進むがナゲ達は腰を低くして隙間を埋める作戦に出たようだ。しかしみー猫さんが右下に踏み跡を見つけてそちらで回避。
5b3acc66.jpg



尾根に戻るが通さねえぞ?とプレッシャーをかけてくるナゲ。
b4a1a3f2.jpg



しかしまた右に下りていくと鹿道か廃道か。ナゲトンネルを潜って抜けた。
にょろづいた尾根に戻るとなんとこんなところに古い白テープ。ある意味ほっとする瞬間である。
d1099670.jpg



にょろづくイキモノの隙間を抜けて行くともう一つ白テープがあった。
1770mくらいまで下りてきてそろそろ北に下りないと、となった。尾根は歩きやすくなり踏み跡が続いているがどこまでいけるものやら。
一先ず倒木に腰かけて一休み。7:57。
50f27fd3.jpg



15分ほど休んで北へと下りて行く。霧の奥秩父。
やがて枯れたスズタケの間を通る獣道?を行くようになった。白骨化はしていないがここもまたスズタケが枯れているのだ。
下るにつれてガスガスになり沢登りもこのままだと楽しめないなと心配になってくる。
f71c6f9a.jpg


fbf9f093.jpg



下るにつれて獣道は不明瞭になり地形的にも果たしてどこがどうなのやらと良く分からない。見通しも効かずぬかるむ地面は滑りあまり状況は良くない。
ただ藪は枯れたスズタケだけなので順調に下りて行けるのだが。
ちょっと左に寄りますかね、とみー猫さんと相談しつつ下る。
小さな雲の巣多いけど餌は取れるのかとみー猫さん。
8a17b963.jpg



なんだかんだ1420mくらいまで下りてくるとガスが薄れた。沢の音を聞こえ出す。
右の谷間に下りると失敗なのでちょっと左に寄りつつ。
実のところ今回の古礼沢ショートカットルート、核心は沢への下降点となる。
地形図を見ると崖マークが続いているのだがその崖マークが終わる辺りならピンポイントでロープ使わずに河原に下りられるらしい。
dac87d1a.jpg



慎重に探るように下りて行くとどこからか踏み跡合流。これを辿れば行ける?小尾根を下り、踏み跡でジグザクに急斜面を降りて、ついに古礼沢が見えた。
しかしここで慌てて滑り落ちてはいけない。
ルートを探り降りられる場所を探す。こう見えてまだ少し高さがある。
d71a31c6.jpg



探しまわった結果最後3mくらいの斜面をポンと滑り降りた。みー猫さんはどうするかなと下から観察していると倒木を利用して滑り下りてきた。
なにはともあれ核心部の下降は成功。
d994e1c8.jpg



9:02、情報通り古礼沢の河原部分に降り立った。
すぐにでもじゃぶりたいところだがまずは沢靴に。水は冷たいので僕はネオプレンソックスに。1330mくらい。
dd23fc29.jpg


dd34a5b7.jpg



ここまで4時間ちょっとかかったがまあ計画通り。これを見越しての五時前歩きだしなので余裕あり。いよいよナメばかりと噂の沢へ入渓である。

続く