2018.7.14(土) 同行者:みー猫さん
黒谷川林道小幽沢出会い先スペース -林道崩壊地点 -入渓 -大幽沢出会い -取水堰堤 -東ノ沢・西ノ沢出合 -窪ノ沢出合・ヨシノ沢(葦ノ沢)出合 -西俣・南俣出合い(1046m地点二俣)手前テン場
→二日目へ

スノーブリッジが出てこないことを祈りつつ進んだものの?


登山雑誌が選んだマイナー12名山なるものが存在するのを知ったのは2年くらい前だったような。熊遭遇率の高い僕にとってヒグマの生息する北海道の山が含まれている時点で12山制覇する気はさらさらないのだがいくつか登って見たいと思わせる山があり、そのうちの一つが丸山岳だった。
残雪期に縦走していくか、無雪期に沢登りでいくかの選択肢があるがやはりナゲさんが出ている無雪期でしょうとなる。
沢もいくつか選択肢があるのだが沢初級者の僕には大幽沢東ノ沢ピストン以外の選択肢は存在しない。山深く二泊三日、しかも沢となればソロで行くのは憚られるのだがみー猫さんも丸山岳に興味はあることを知っていたので前々からご一緒しましょうと声をかけていた。

問題はいついくか。
夏はメジロアブ天国となる地域なのでやつらが蔓延る前、もしくは秋となるが秋は行きたい所が一杯あるし日の短いのが心配だ。そうなるとスノーブリッジが崩れたと思われる7月中旬となる。雪の多い年なら8月までスノーブリッジがありそうだが幸い雪が少なそう。
そんなわけで今年の海の日連休はタイミングが抜群。後は天気だけだ。増水してるとわりと面倒らしいし。

そんなこんなで一週前から天気予報と睨めっこ。どうやら直前に雨は大して降っていないようで安心。問題は三連休。金曜夜から土曜朝にかけてが怪しい。雨ならアルプスでもいこうかな、でも駐車場埋まってるだろうなと悩んでいたが前日夕方の天気予報で雨は無くなり土曜昼から日曜にかけては晴れ、月曜も雨はなさそう。これは行かざるを得ないな。
一応朝方の雨だけ可能性を考慮して7時前に歩き始める感じでみー猫さんと集合時間を決めた。

7/14、集合場所の道の駅きらら289に5時くらいに着く。集合時間30分前。みー猫さんは既にいた。一応30分まで仮眠してから移動開始。黒谷川林道に向かう。
実のところ第一の核心がこのアプローチ。黒谷川林道は未舗装かつ2011年の豪雨で崩れ去り、おかげでここ数年大幽沢から丸山岳への遡行者が激減したという事情がある。ノラさんが黒谷川林道を偵察した記事によると今は小幽沢出会いくらいまでは車で入れるようになったらしい。
ということで未舗装ゾーンに入っていくがところどころ凹んでいて小さなとがった石もあり油断できない。道幅も凄く狭い。神経使いつつ時速20km未満で30分ほど走ると小幽沢出会い先の広いスペースに着いた。復旧工事時の拠点だったのだろうか。
まだ先まで行けるかもしれないが臆病な僕はここに駐車しましょうとみー猫さんを引き留めて歩く準備を始めた。

準備をしていると黒谷川本流に釣りに行くという御一行が登場。もう少し先まで行ってみると車で奥へ進んでいった。僕達も準備をして歩きで追い掛ける。6:53。
bebfb562.jpg



いつものことながらテン泊装備が重い。
のろのろと歩いて行くとすぐ先の三角州みたいなところを回り込む先までは林道が整備されていた。10台くらいは停められそうなスペースもある。ここまで車でこれば良かったか。
6980f5f4.jpg



そのすぐ先で林道は通行止め。でかい木の根で封鎖してある。
奥には2台程度は停められた。さっきの釣り人集団はここに停めていた。
どこから沢に下りるかと一応前進して見ると林道崩壊。ここからさきは補修されるのだろうか。
8edcde44.jpg



崖になっているし戻って下りやすそうな所を探そうかと思案するが、下を見ると沢の上流から下りてくる三人組が。彼らはこちらを見て前方を指差す。
崩壊した方向に進めば下りられると言う事だろうか。
信じて藪に覆われた踏み跡を進むとロープが垂れていたので利用して下りる。結構怖い。
帰りはこれで登り返すのはやめようと話す。
0bf4a0e1.jpg



とりあえず黒谷川には着地できたのでここで沢装備に。
近くの大幽沢出会いに向けて遡行開始。7:26。
渡渉するとそれなりに水流の抵抗。
今日は普通の靴下だがそこまで冷たくない。
2606384c.jpg



河原を利用しつつ歩いて行くとほどなく大幽沢出会い手前の青い橋。
大幽沢奥の取水ダムへと続く作業道のものらしいが林道崩壊した今となっては取りつきにも行けないか。手摺りも床網も取られているので渡る気にはならない。7:32。
本流は左で、僕らは右の大幽沢へと入っていく。
b0140938.jpg



河原の多い大幽沢を遡行していく。
本流と別れた上に取水ダムが上にあるためか水量はそこまででもなく。
181080fb.jpg



沢登りに来ているのだからさっさとずぶ濡れになればいいのだがまだ濡れる覚悟が出来ておらず、微妙に深そうな所はへつったり岩の上を通過したり。
940dafe3.jpg



ぬっ、と残雪ブロックが現れた。こんな下流にも残っているのか。
この先スノーブリッジがいくつ出てくるのだろうかと少し不安になる。
ae9cea23.jpg



しかし今のところ特に問題となる個所もなく8:06、取水ダムに到着。
魚道の横を利用してダム越え。
00ea3223.jpg



ダムと言っても水が溜まっているわけでもなく。
ダムの資材や重機はどうやって運んだんだろう。
みー猫さんはヘリじゃないかと言われる。
a6e059e8.jpg



相変わらず河原の穏やかな流れが続く。楽ではあるがみー猫さんが変わり映えしないねと退屈そう。
a044d4a7.jpg



するとその想いに応えたのか西ノ沢出会いも近いところでプチゴルジュな雰囲気。
3b8c1221.jpg



とりあえず右から左へと浅いところを移動してから、まだ浅いと思われる左側をジャブっていく。水量が多くないため股下まで濡れる程度で済んだ。
e55dc81c.jpg



死ぬことはなさそうだが水流真っすぐ越えるのは避けた方が良さそうだ。
右岸沿いに進む。
6b30a687.jpg



その先で巨岩が積み重なった隙間からみー猫さんが生えてくると渓相は平和になり、程なく西ノ沢・東の沢出会いに着いた。8:40。
左の東ノ沢に進む。右の西ノ沢もここでは平和そうだがかなりの悪渓らしい。
5dba9206.jpg


07f86417.jpg



二、三人寝られそうなテン場。
8ca8fb2f.jpg



先ほどまでの河原ばかりの渓相とは異なり、巨岩がゴロゴロしだしたのでおっ、と思ったがそれも最初だけ。東ノ沢もまた河原の多い穏やかな渓相だった。
0c758f16.jpg


7444bc10.jpg



沢から1mくらい上の高台が広い。薪も多いし整地したらテン場として使えそう。
二日目は早く下れたらここに泊まるのもありかななんて話した。
973866cf.jpg



穏やかな沢を歩いて行く。
穏やかなのだがヌメりがあるので河原をなるべく歩いてみたり。みー猫さんが少し前から人の足跡があると言うが中々人間のものだと断定できなかった。
しかしこれは人間でしょうと言う足跡をついに発見。沢を下る方向だ。
この辺りの岩に濡れた足跡は無いから今日のものではなさそうだがここ数日だろう。丸山岳に行ったのかは不明だが。山菜取りや釣り人も入る場所だ。
むしろそちらの方が多いか。
9d847f13.jpg



東ノ沢に入ってから1時間ほど経過。
途中10分ほど休憩はしているが相変わらず穏やかな渓相。楽だけど暇。このペースなら相当早くテン場に着いてしまう気がする。
c5524005.jpg



9:55、810m地点通過。暇なので支沢の小滝も眺めつつ進んでいく。
c3b17618.jpg



ちょっと岩を登って見たり、右から巻いたりとアクセントが出てきたと思ったがやはりその後20分くらい穏やかな渓相が続いた。
783da502.jpg


0d51c1c0.jpg



これはもう窪の沢出会い手前のゴルジュまでは楽勝かなと思っていた10:32、"世の中そんなに甘くないぜ?"とばかりに突如スノーブリッジ登場。窪の沢も大分近くなってきたところだ。
随分重厚だが下を潜る気はせず右からトラバース気味にスノーブリッジの上に出た。
1890ce89.jpg


e0d91c32.jpg



反対側に下りられるのか心配だったがうまい具合に壁との隙間から。
5dcafdb6.jpg



サイズ比較に僕を置いてみる。
こちらから見ると結構天井が薄い。
0b500538.jpg



そしてすかさず次のスノーブリッジ登場。
しかしこちらは崩壊しており隙間を潜ることができた。
fae4359b.jpg



さらにスノーブリッジが続いて現れる。
今度のやつは分厚くて簡単に崩壊はしなさそうだが上に乗るのはできそうにない。
be47f3ba.jpg



かといって下を潜り抜けようにも結構長そうだし深いところもありそうで。
これは巻くしかないと判断。
050bb4b3.jpg



少し戻り気味に左岸を巻き登ろうとすると斜面に取りつこうとしたところで残置ロープ発見。どうやらこれが事前情報を得ていたサブウリのゴルジュを巻く巻き道入口のようだ。
7b1f622e.jpg



最近あまり使われていないのか藪化進行中の巻き道を藪が薄く踏み跡だったと思われる部分を探して進む。
スノーブリッジを巻き終わった時点で下に下りるかどうか迷った。
巻き道は窪の沢出会いまで続いているはずであるがどうも小さな谷間を越えた先が不鮮明。みー猫さんが探りに出かけたが藪化しており進めるか怪しいとのこと。
仕方ないので急な狭い谷間を下りて沢に降り立つことにした。
b1802698.jpg



巻き終えたスノーブリッジ。暗い奥には入りたくないなあと思わせる。
19f1db56.jpg



みー猫さんが下りてくる。藪に覆われて見えない谷間上部は急で登り返すのが大変そうだったのでロープを残置。
4b5fd95e.jpg



スノーブリッジは回避したものの、まだ窪の沢出会いにはついておらず手前のサブウリのゴルジュが待ち受けている。
壁際をへつりで突破。
479fecfa.jpg



そして面倒そうな小滝に到着。滝壷はそれなりに深さがありそうで泡立ち、両サイドは簡単に高巻けそうにないツルツルな感じ。
さてどうしたものかと思案した。
2938fb92.jpg



続く