ちょっとどいてろ、とナゲ達を掻き分けるとすぐに三角点が見つかった。
丸山岳山頂に9:50。
山名板はない。たそがれさんが登る時にでもお願いしよう。
2e55fb53.jpg



山頂の西側は池塘と花畑でいい雰囲気である。
会津朝日岳方面へ接続する尾根は確認しなかったがまあいくこともないだろうしいいか。
97938da3.jpg


e027a69d.jpg



東峰方面を眺める。
草原とネマガリ・ナゲ達の住み分けはどうやって決まっているのだろうか。
08a2a9d8.jpg



大幽山に行きたいと思ったこともあるがこの辺りの藪を見るに沢利用しないとつらいだろう。なにより黒谷川林道をもう一度運転したくないのでお蔵入りか。
527e544b.jpg



折角なので草原で記念撮影。
なんとなくヘルメットは被ったままだった。
4edeb9ff.jpg



みー猫さん草原に立つ。
風があるので稜線は涼しい。
f71d4e87.jpg



平なのが見えるから平ヶ岳だな(適当)。
84093e9b.jpg



北西奥の山は何だろうか。
27428d6a.jpg



会津朝日岳。
普通は会津朝日岳から丸山岳を見て登山意欲が出るものらしいが僕は会津朝日岳に行ったことはない。
02c9f7f1.jpg



座って一休みしようとしたのだが南の雲が取れて燧ケ岳や三岩岳-会津駒の稜線が見えたので撮影しに行ったりと忙しない。
2aa1739e.jpg


9317ba77.jpg


06e47e50.jpg



早く下山したら昨日より下流に移動してテン泊する予定だったのだがついのんびりしてしまい山頂に50分くらいいた。まあ昨日とと同じテン場で良いか移動も面倒だしという気分になる。
096fce82.jpg



とはいえテン場までもそれなりに時間がかかるのでそろそろ下山しますかとなる。
熊を警戒しまたも北斜面で。
082c6644.jpg



東峰へ向かう。
9aa1ac56.jpg



ここから朝日岳見る方が木に邪魔されない。
76159dfa.jpg



往路でも撮影したはずだが雲も取れたしキスゲも合わせてもう一枚。
6d84ade9.jpg


d9891b53.jpg



花が咲いている方が見栄えはするが花が咲いていなくても草原はいい。藪漕ぎしなくていいからな。
c009960d.jpg


e4958349.jpg



気が向いたら会津朝日岳もいつか行こう。でもアクセス遠いから余り行く気になれない。
d2bfda7b.jpg



なんだかんだ東峰でもゆっくりしてしまったが11時過ぎにまた藪へ帰る。
fa22026f.jpg



下りなだけで精神的に藪が楽な気がする。
途中で暑さにうなだれていた萎れナゲ。
83c4cdae.jpg



最後はネマガリをガサって行きと同じ沢形に戻ってきた。チェーンスパイクつけているので急斜面も安心。
ここで沢を間違えて丸山朝日沢や窪の沢に下りてしまうと遭難必至。
5c634897.jpg



途中でフェルトに履き替えて沢を下りて行く。
往路より天気が良くて陽射しが暑い。沢で良かったと思える瞬間。
c4eb6145.jpg


b1707458.jpg



下りだと手間取るかなと思った所もすんなり下りられた。
73f30055.jpg



みー猫さんは御神木でうまく下りるが僕は面倒で最後ジャブった所。
0e08a2ac.jpg



途中の休憩で余りに暑いので水にタオルを浸して首を冷やした。
残雪の横、こんな季節にふきのとう。
8169b53f.jpg



テン場には14時半過ぎに帰還した。
夕飯まですることもないので暇である。取りあえず水汲みと薪集め。
みー猫さんが虫よけの網でイワナを取ろうというがまあ無理でしょう。
結局魚影も見つからなかったらしい。後で僕が水汲みに行く時は見かけたが。イワナも邪心が分かるらしい。

昨日より早めに薪に着火。慣れたので火を大きくするのも早い。
その薪を利用することもなく夕飯を食べる。まだ17時前だが。
こういうのんびりしたのでいいんだよとみー猫さんは笑顔。
f9787507.jpg



暗くなったら寝るだけだし明日は昼前くらいに駐車地に戻るつもりで3時半起き5時出発とした。

二日目の軌跡
この地図は電子地形図25000(国土地理院)を加工して使用しています(令和元年手続改正により申請適用外)

無題

このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント

コメントフォーム
記事の評価
  • リセット
  • リセット