2018.10.8(月・祝) 同行者:みー猫さん
1847m幕営地 -三俣山 -シゲト山 -黒檜岳 -大平山東南東尾根 
-林道合流 -銅親水公園

霧中の足尾行進隊


普通に考えたら夜明けとともに歩きだすのがテン泊登山の鉄則だろうが、どうせ朝方は寒いしツェルトから出られないだろうと言うズボラな理由で日の出くらいに起きましょうと決めていた。
5時くらいに起きてしばらくゴロゴロした後みー猫さんが起きているのを確認。外はガスらしい。予報が外れたか・・・。昨日逆光の紅葉しか見られなかったから期待してたのに。
日の出が近づいたので外に出てみる。思ったよりは寒くない。去年の上越国境と比べると大分まし。
盟主は雲に隠れた。
8c274911.jpg



日の出は見られないかと展望地にぶらぶらと歩いて行く。
僕は雲海の上にいた。東の空が明るくなって来たが、これでは日の出は見られないな。
8de2fdda.jpg



のんびりと朝食を取り身支度を整えていると7時を過ぎた。7:14くらいにテン場を後にする。8時くらいが一番ガスがとれるはずだがむしろガスが濃くなってきている。まあ仕方がないかと三俣山へ向かう。昨日の疲労は抜けていない。鞍部先の急登がかなり足に来る。久々のテン泊、体力不足が響いたか。
30e46526.jpg


24b8fbb2.jpg



かつての登山道、今は鹿道か。笹の被さる踏み跡を辿っていく。
傾斜が緩んで左の樹林帯で笹藪を避ける。日が差せばそれなりの紅葉か。
27c71648.jpg



傾斜が出るとまた足の進みが遅くなる。みー猫さんに待ってもらいつつ7:56、2年ぶりの三俣山。ガスに覆われて展望は皆無。先に進む。雨はポツポツ程度。
d94de374.jpg



笹原に倒木の多い三俣山先、ここは三年前の記憶があった。
東へ歩いて行くと笹が薄く、もしくはなくなり歩くのが楽になる。ようやく普通のペースで歩けるようになってきたか。
f07192ac.jpg



ナゲ誘いの大岩。東から来るとナゲ達に隠されて大岩の上にいることが分かりにくいわりと危険なところだ。左から巻くがみー猫さんが大岩上のナゲ達の様子を見に行く。あえてね。
9bc7fb90.jpg


71144867.jpg



1928m地点へ向かいつつそういえば三俣山へ、の標識どこだったかなとみー猫さん。そういえばそんなのもあったな。さっぱり忘れていた。注意して行きますかとなるが見つかるわけがなかった。二人して忘れていたがあの標識はもっと三俣山に近い場所にあるのだ。既にして通り過ぎた。
そのうち標識のことは忘れて、松の実だけこげた不思議な現象を見つける。
0271f2d1.jpg



9:18、1928m地点。黒檜岳への標識はある。
倒木に腰かけて20分ほど休憩。
dd62115f.jpg



この辺りも2年前に歩いているのだがあんまり記憶がない。あの時は小足沢左岸尾根のナゲの印象が強いからか。疲れて歩いていた気はするが。
ガスが少し流れた谷間、思っていなかった紅葉に驚く。
7ce08b85.jpg



足尾にもこんな色づく渓谷があるんだ。もっと光が差していればなあ。
しかしその思いもむなしくすぐに谷間はガスに隠されてしまった。
一度歩いた大して印象のない稜線でも季節を変えて再訪すれば違った顔を見せてくれる。僕は後何度足尾に足を運べばよいのだろうか。
よく知らないマークの掘られた石柱は答えてくれない。
84d60e66.jpg


c72156d6.jpg



ガスの切れ目から日光側をチラ見して、ガスの中を行く。
オレンジ色の紅葉。
石祠に都合よく天気が良くなりますようにと手を合わせ、みー猫さんに笑われる。
bf6861e1.jpg


bb163827.jpg



シゲト山の山頂っていつもよくわからないよな、と適当に登りあげるとちょうどシゲト山に着いた。10:14。
明治大ワンゲルの割れた標識をみー猫さんが持ち上げて合体させる。こんな山名板多かったかなあ。印象が薄い。
56cf2447.jpg



ガスが薄くなるかなと期待しているがそんなこともなく霧中の行進。
那須辺りではいくらでもいそうなツツジの紅葉もここでは貴重に思える。
a9c9de41.jpg



キノコ博士の後輩が食べられると言っていたヌメリスギタケに似てるな。でも違ったら怖いので放置。
ea565a9c.jpg



1919m地点を巻いて楽しようとしたが思ったより標高を上げてしまいあまり楽できなかったりしつつ先へ進む。
ナゲ達が稜線を占拠しようと出張ってくると雨量計も近い。
ナゲ達の色艶は良いようだ。
30b1172d.jpg



雨量計を越えて11:27、西の黒檜岳。
ここ電波入りましたっけ?入ったんじゃない、とうろ覚えだったが電波が入る。天気予報を見るが希望はぬえ。
南岸尾根を社山に行くには時間的にも微妙だし大平山東南東尾根で逃げるプランが僕の中で現実味を帯びる。
とりあえず昼飯ということでサラミを齧る。無駄に食料はあるが湯を沸かすのが面倒なので後はカロリーメイトで。
108df452.jpg


3bb253d1.jpg



30分ほど休憩して先へ。東の黒檜岳を過ぎ、なんか光もさしているので一縷の望みにかけるみー猫さんについて黒檜岳・大平山分岐へ。
しかし現実は非情である。僕らは雲の中にいた。
7c7d933f.jpg


3fa0aeb2.jpg



まあこれなら仕方ないですねと大平山東南東尾根でエスケープ。
相変わらず笹深い場所だ。鹿道を外れると面倒なことになる。まあ下りだからいいけど。
雨が降ったのか濡れた笹で靴はすぐにびしょ濡れになった。
ea71e6c5.jpg



しかし、笹深い上部から下りて行くと中層の雲の下に出かけているのか晴れ間も見えてくる。広葉樹が紅葉したラインもあり晴れていればとみー猫さんが唸る。
095863aa.jpg


83eef066.jpg


97594947.jpg



また鹿道を外しました、などと馬鹿をやっていると雲の切れ間に出た。やはり明るい空は良いな。日が差すと白い雲が清しく思える。
451f6f2e.jpg



なんだか今いる尾根だけ雲が避けているように思えて愉快。
少し楽しくなってきた。
05c6d43e.jpg



今がチャンスとカメラを構えるみー猫さんを今がチャンス?となんとなく撮影する僕。
f8d5973d.jpg


22c3ccb5.jpg



しかし楽しい時間はすぐに終わる。標高を下げて下層の雲のなかへ。
このケルンは誰のものか。
0aea9002.jpg



1557.4三角点が近づくと熊の気配が増す。
熊棚の残る木、そして熊糞の固め打ち。
去年この辺りで唸ってたあいつ、元気にしてるらしい。
あいにくのガスだし警戒を強める。
ddb2a6b4.jpg



13:47、1557.4m三角点。
熊熊しい領域なので先へ進む。
b7650f24.jpg



その先で南東に行くか南に行くか確認。僕は去年南へ行った。みー猫さんも前南へ行ったと言うが、僕が見たみー猫さんの記録では南東から上がっていたはず。みー猫さんの言う末端の光景も南支尾根と違うし。
確かめましょうと南へ行く。
幼樹ゾーンは相変わらず面倒だなあと歩いて行くとトゲが刺さる。抜くのに手間取り、しかも結局抜けずみー猫さんに少し待ってもらう。
林道に下りた後やっぱりみー猫さんの記憶とは違う事が判明した。やはりこちらはみー猫さん歩いていなかったようで。14:26。
fd1725d1.jpg


edab5ea7.jpg



後はひたすら長い長い林道を下るだけ。
靴がびしょ濡れなので足裏がふやけて歩きにくい。トゲはいつの間にか抜けていた。
1151m地点へと至るまでは何箇所か土砂崩れに寄り車が入れなくなっていた。まあ元よりハンターと自然保護関係の人しか入れないけど。
a284b5cf.jpg



やがて雲の下に出るがやはり紅葉は黄色ばかり。まあこれからなんだろう。
b40f2b2b.jpg



その後は疲れた体に鞭打ってひたすら下る。何度疲れたと呟いたか。
ヘルニアの手術痕が疲れると疼く。開腹した切り傷が盛りあがっておりそこはいまだに圧迫されると疼痛がある。これはまだしばらく付き合っていくしかないのだろう。

林道が沢を横切る所でも靴を濡らすことなく(既に濡れているのだが)16:23、銅親水公園到着。
靴下を脱ぐとぴょんと大きめなマダニが飛び出してきた。どこに挟まってたんだお前。まだ取りつかれてなくて良かった。慌ててデコピンしたが撮影しとけば良かった。
他のダニも気になるのでみー猫さんと別れて水沼温泉へ。二日分の汗を流しさっぱりして帰った。
1a042b65.jpg



今回の軌跡、小足沢部分。
他の場所は尾根沿いなので略。みー猫さんのブログに詳細あり。
ワープゾーンは健在だった。

この地図は電子地形図25000(国土地理院)を加工して使用しています(令和元年手続改正により申請適用外)

無題


小足沢右俣は思っていたよりも遊べる小滝が多く僕レベルにはちょうどいい地味沢だった。水は綺麗だし晴れていれば光が差すので雰囲気は良い。奥二俣の右俣は出会いからちょっと上くらいまでは寄れば良かったかもしれない。その先は脆いらしいので嫌だが。奥左俣は危険個所は無いが最後は急になる。火山っぽい地層の二俣先右俣で水流復活後に水を汲むといいと思う。
県境尾根から先は今更特筆すべきことは無いのだが、釜北のコル南や、谷間の紅葉があんなに良いとは思わなかった。面倒なのでまた来年行こうとは中々ならないがいつかまた晴れた日に紅葉を見たいと思う。

翌週は天気が微妙なのと残業続きで疲れていたので家で寝ていた。
今週末はやる気はあるのだが土曜の天気はどうも午後が悪い。朝方だけでも歩こうか悩んでいる。
このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント

 コメント一覧 (4)

    • 1. みー猫
    • 2018年10月21日 17:22
    • こんばんわ。
      思ったよりも沢も泊りも快適でしたね。翌日は残念な天気でしたが、時間的に松木山から下山は正解でした。ガス中の夢のような景色も見れましたし!林道歩きを避けたので今日は静かな二子山に行きました。
      みー猫
    • 0
      ふみふみぃ

      ふみふみぃ

      likedしました

      liked
    • 2. 瀑泉
    • 2018年10月22日 20:48
    • みー猫さんの記事で,一足お先に拝見しましたが,小足沢右俣,中々,良さそうな沢ですネ。1570mの二俣で右俣を選択してみたい気もするケド,3×10m滝やら詰めも長そうだし,その辺はおいおい検討するとして,来年にでも後追いさせていただきますヨ。
      ただ,いずれにしても距離があるから,日帰りなら6月頃早出かな。
      三沢左俣上部の紅葉は,以前,きりんこさんの記事で見た記憶がありますが,さすがに此処だけを目標に歩くのは,この時季できないかなぁ~。。。
    • 0
      ふみふみぃ

      ふみふみぃ

      likedしました

      liked
    • 3. ふみふみぃ
    • 2018年10月23日 07:25
    • みー猫さん、おはようございます。
      思ったより小滝が多くて楽しめた沢でした。
      天気が良かったとしても社山まで行くなら日の出と同時に歩きださないとだめでしたね(笑)。
      袈裟丸方面の紅葉も気になるところなので二子山は興味ありますね。私は山梨で林道を軽く歩きました(笑)。
    • 0
      ふみふみぃ

      ふみふみぃ

      likedしました

      liked
    • 4. ふみふみぃ
    • 2018年10月23日 07:29
    • 瀑泉さん、おはようございます。
      小足沢右俣、程良く楽しめる沢です。奥の右俣は脆い小滝が多いらしいので距離標高差以上に時間かかりそうですね。
      今回テン泊装備で最後水汲み過ぎてぐだりつつ9時間足らずで稜線まで行けたので空身で帰りも松木沢廃林道なら日帰りも出来るかなあと。6月に4時出とかですかね。
      まああの紅葉だけ目当てには行きませんよね(笑)。私も三連休晴れだったら東北か谷川にでも出かけましたよ。
    • 0
      ふみふみぃ

      ふみふみぃ

      likedしました

      liked
コメントフォーム
記事の評価
  • リセット
  • リセット