沢を離脱した僕は林道を南へ。沢を出てみると北風が冷たい。
すぐに白木山登山口にたどりつく。9:39。
a3b83eca.jpg



登山道を登っていくと小さな葉の紅葉。
6fc10e1b.jpg



植林の狭間をぶらぶらいくとロープが出てきた。
登山道だしロープ掴まないでもいけるかなーと思ったが結構急なのであっさりロープに頼る。腕は疲れるが足が断然楽だ。
ルート上に綺麗なツツジがぽつり。右斜面にはモミジが散見されるが近づけない。
そんなので気を紛らわせつつせっせとロープを掴んで登っていく。
1dedb28e.jpg


a7c90e7b.jpg


71fb592b.jpg



9:57、白木山山頂。登山口からコースタイム15分のはずだが時間がかかった。
展望もないので先へ。
a6dade12.jpg



高崎山方面への下りは少し下りると緩い下りとなり歩きやすい。
良い感じのもみじも散見される。
恋人峠を過ぎるとさらにいい色したもみじが増えてきたのでつい上を向き足をとめがちに。
1b462fa0.jpg


a1039666.jpg


3b08e70a.jpg



北側は植林っぽいしここに紅葉はあまり期待していなかったのだがそれなりにカエデが生えており見頃のタイミングでもあったらしい。
舗装路が横切るところまで気分良く降りて行った。
73223641.jpg


28c3f5d6.jpg


a88fac80.jpg



舗装路手前で男体山をちら見。10:26。
5ea8585b.jpg



舗装路を横切ると少し右に小さい標識があり高崎山へと導かれる。
尾根上に出ると北側が大規模な伐採地で遮るものもなく展望が良い。
でも風が強くて寒い。沢は暖かったなあ。寒いが景色がいいので足をとめた。
aa1c82dc.jpg



展望を楽しみつつ登っていく。振り向けば白木山。
3bd9277b.jpg



白木山の先が紅葉が良かったため高崎山への尾根も期待したのだがこちらはカエデがほとんど生えていない。斜面の下とかにはいるのが見えるのだが。
fee1fbd4.jpg



最後は笹藪の中を通る道で一登りして高崎山、10:45。
dba4b428.jpg



展望も何もない場所だが腹が減ったので15分休憩。
ピストンを避けるべく東に歩いて行きたいところだが今日はあまり時間がないので舗装路まで引き返す。少しだけ見た東側は紅葉が良い感じにも思えた。
420352ae.jpg



舗装路まで引き返す途中。どうも雲が西から迫りつつある。
b03cdaf1.jpg



舗装路に辿りついて11:13。
持方へと作業道を下りて行く。竹藪抜けて道路に下りる。持方から南へ竜神川沿いの道へ曲がるはずだったが道端の紅葉に引かれて西へ進みかけ慌てて戻る。
fcec04f8.jpg



まあ西へ進んで大円地越へと行くのがポピュラーだと思われるのだがそういう生き方はつまらない。
上武生へ向かう舗装路を離れて実線林道へ。
466m地点付近を通過し南西へ少しずつ標高を上げつつ。
たまに紅葉も見られる。
693b629e.jpg


1000ef31.jpg



11:55、554m地点北西の谷間に辿りついた。
ここから適当に谷間を歩いて554m地点へと向かうつもりだ。
もう少し南へ林道を進み谷間を上がると小草越に辿りつくのだが奇しくもそちらは日曜にみー猫さんが歩いたらしい。
eda23f1e.jpg



踏み跡があるようなないような、でも昔の切り株はあったりする笹藪を通り抜け沢の右側を少し歩くと480m二俣。水は流れていない。
笹藪はあるが554m地点東の鞍部へは簡単に登れそうである。
9022dfcb.jpg



笹密度は低いが肩くらいの高さの笹藪。適当にがさがさと進めば紅葉が見えてきて。
登山道に人はいないな?よし。
3b013390.jpg



12:05、鞍部で登山道合流。554m地点へと登りかけると前方からハイカー。藪漕ぎ場面は見られずに済んだのでセーフ。道を外れた者に世間は厳しいからな。
紅葉も良い感じでわざわざ遠回りして寄った甲斐があったと言う物。
d113e8d5.jpg



554m地点に12:11、2年前に歩いたはずだが展望の良さをすっかり忘れていた。
雲が出てきて薄暗くなってきたのが残念。
e9d5a718.jpg


cf72c17d.jpg


5f495eed.jpg



大円地越へ向かうが登り返す手前辺りにモミジが群生している。
その先も散見される見頃の紅葉を見つつ歩いて行く。
県境の紅葉と量を比べたら話にならないが質は悪くないか。
a5c2b0e9.jpg


fefb57ae.jpg


3e2d2961.jpg



12:30、大円地越到着。
ちょうど人がいなくなったのでベンチに座りおにぎりを食べる。
しかしすぐにGB軍団が大挙して男体山から押し寄せてきてしまった。僕の昼休みは6分で終わった。
普段なら舌打ちするところだが今日は平日。
このGB隊は休日歩くサラリーマンハイカーと被らないように平日歩くことを心がけていると見える。だからベンチを譲ると僕はさっさと男体山へ向かった。12:36。

男体山へ向かって歩いて行くといくつものGB軍団が現れるが全て道を譲った。
550mを越えると紅葉ももう終わりに見えて人生先の長くない方々に敬意を示そうかと思ったのだ。まあ嘘だが。なんとなく今日は道を譲る気分だった。
d7fe5409.jpg



紅葉は大してないが展望は良かったりするのでそれなりに楽しみつつ。道を譲ったりしたせいで強制休憩が入り足も疲れなかった。
13:02、男体山。
34bc33ae.jpg



平日かつ昼過ぎ、天気も下り坂のせいか山頂には誰もいない。
ちょうどいいので祠の展望地からじっくり周辺を眺めた。
e43ebedb.jpg


7bad9564.jpg


389055b0.jpg



3分ほどで山頂を立ち去り縦走路を北へ。
東屋を過ぎて歩いて行くと斜面の紅葉はくたびれ気味だ。
6432f201.jpg



いい紅葉も結構いるけど曇り空じゃ魅力半減だな。そう思いつつ歩いて行く。
二組ほどとすれ違った。
24b39bd5.jpg


28d43155.jpg


8aa1100d.jpg



13:47、月居山方面と白木山方面の分岐路に到着。
2年前は月居山方面へ進んだが今日は白木山方面へ少し歩いて地味尾根帰りだ。
ac32d56c.jpg



続く