北西へ歩いて行くと細尾根が1870m辺りでアスナロに飲み込まれていた。
ナゲもいそうな感じだが見当たらない。
アスナロとの縄張り争いに負けたらしい。
獣道も見あたらないしめんどくさいなあと藪に突っ込む。
しかし少し先で足元が切れ落ちて崖になっていた。アスナロで足元が見えなかったせいだがこれは危ない。
少し戻ってアスナロ藪を離脱し右側を巻き下りた。
6c971948.jpg


2cc204b4.jpg



その先は平和な尾根だったがどうも木々の感覚が狭く邪魔くさいので右に下りたりまた戻って見たり。適当に進んでいく。
f859f52d.jpg



しかしこのまま進んでいくとどうも谷間に当たりそうなので1850m手前で一本南の小尾根に移ることにした。地形図では分かりにくいが。
巨岩と倒木に埋もれた小さな谷間を通過して小尾根に向かうがこれは歩ける尾根ではなかった。
岩峰の塊な上にすぐに途切れているので尾根上を歩けない。
尾根の左をトラバースしようにも凸凹の巨岩の積み重なりで歩けやしない。
仕方ないのでまだましだろうと小さな谷間に戻り西へ下りて行った。
902a0948.jpg


265ce2e7.jpg



しかしこの谷間も北西へずれていく感があるので小尾根を横切り南西に向かい下りて行く。岩場に当たったので右を巻いたり。
この辺りGPSも測位しないし地形も凸凹と入り組んでおりはっきりいって現在地がさっぱり分からなかった。
960e0eef.jpg


39d5ad82.jpg



傾斜が緩くなったので1790mより下に来たかと進行方向を北西に。
いくつか巨岩を見たり幾度か窪地を横切るが地形図では読みとれないので未だに現在地は不明。
84c7513d.jpg


50ee38b4.jpg


deeb8147.jpg



こんなことなら高度計ちゃんと標高合わせとけば良かったなと思いつつ北西へ。
しかしどうも歩きやすい方に行くと西へと進みがち。
北へ無理やり進むために斜面を下りてみたり。
c965740f.jpg


3837c16b.jpg



GPSを信じるなら1750mより下に来てここから北西へ進むだけなのだがここもまた西へと誘う地形となっている。狭くなった灌木の隙間を適当に進みなるべく北へと行きたい心を忘れないようにして下っていく。
086ca17b.jpg


29201434.jpg



そろそろ登山道についてもいいんじゃないかなあと思いつつなんだかスッキリした所に出て、そこから滑り降りると道に出た。13:12。なんとも良く分からない地形だった。
f9f2bef8.jpg


f12a104c.jpg



後は道を南に進むだけだな、と思ったが標識があるので北側に回り込んでみる。
"立ち入り禁止"と書かれていた。
どうも降り立った道はただの作業道で地形図の破線ではなかったらしい。
確かに地図を見ると登山道はもう少し西に下りてから南に進んでいる。危なかった。
じゃあこの作業道はどこへ続くのかと気になるが、折角傾斜が緩やかな所を選んで登山道にたどりついたので今日は大人しく帰ることにする。
少し先の広場で雪が大分なくなっているようなのでチェーンスパイクを外した。
活きのいい若いハイカーが通り過ぎて行った。
aa953b09.jpg



ぶらぶらと湯元へと歩いて行く。夫婦ハイカーを抜かして歩いて行くと猿が前方からやってきた。
c30e05f0.jpg



この猿中々ふてぶてしい。
ストック突き出したら当たる距離まで近づいても逃げるそぶりなし。しかたないので少し下がって音を立てても座り込んで優先権を主張する始末。
襲いかかるそぶりでもしようかと思ったが猿と張り合っても仕方ないので左の笹藪斜面に突っ込んで猿を巻いた。
それを見て猿は僕のいた方向にダッシュして行った。
意地を張っていだけのようだ。早死にしそうだな。
842d0ee7.jpg



そのまま歩いて120号に合流。13:39。まだ舗装路歩きがあるので気は抜けないのだが今日の旅は終わった感。13:39。
19055364.jpg



10分ほど歩いて駐車地着。
車載気温は7℃まで上がっていた。
とはいえ寒いせいか観光客も減りいろは坂は混雑なし。
久々のやしおの湯も秋の混雑具合が嘘のように空いていた。これから雪が積もっても訪れる人間はそう増えないだろうし安心してやしおの湯に来れるな。
時間もいつもより早いので渋滞に巻き込まれることもなく帰ることができた。
650c975f.jpg



今回の軌跡。
この地図の作成にあたっては、国土地理院長の承認を得て、同院発行の数値地図25000(地図画像)及び数値地図50mメッシュ(標高)を使用した。(承認番号 平24情使、第26号)
このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント

 コメント一覧 (2)

    • 1. piko
    • 2018年12月16日 21:39
    • いやぁ、スゴいですねえ!よく、道のないところを、サクサク歩いて迷わないですね!私なら即、遭難ですねえ。体力ももちろんだけど、経験からの勘のようなモノですか?いやぁ、うらやましい歩きっぷりですわ!
    • 0
      ふみふみぃ

      ふみふみぃ

      likedしました

      liked
    • 2. ふみふみぃ
    • 2018年12月17日 22:39
    • pikoさん、こんばんわ。
      最後の辺りは半分迷ってますよ(笑)。普段なら道が無くても尾根沿いに歩けば良いので困りませんが終盤は現在地がさっぱり分からない地形でした。適当に行けば道に出るのが分かっているから大胆にいけるだけでもっと山奥でこれをやったら遭難してます。
    • 0
      ふみふみぃ

      ふみふみぃ

      likedしました

      liked
コメントフォーム
記事の評価
  • リセット
  • リセット

↑このページのトップヘ