11:44、箕輪山へと歩きだす。
不思議なものでガスっていた箕輪山方面が晴れだした。
ハクナゲさんも咲いている。
何かに導かれているかのようだ。
P7260395
一旦鞍部へと下って行くのだが、登山道はナゲ達灌木が手を伸ばしていたりと少し狭かった。
正面を見るとそこそこ時間かかるのかなあと思ったが標高差はさほどない。鞍部辺りにハイカーが一人見えたと思ったらさほど時間はかからずにすれ違った。
鞍部の登り返しが始まるくらいまでやってきて11:57。
なんだか箕輪山方面はすっかりいい天気だ。背後の鉄山は雲に覆われているのに。
明らかに誘いこまれている。暑い。
P7260404
1分後、塩沢登山口との分岐に着いた。
何やら書かれているので読んでみると塩沢登山口へのコースは高山植物保護のため下草刈りや枝きり等の整備はしなくなったようだ。ナゲ達の地道なアピールが利いたのか?
P7260407
P7260409
ちょっと覗いてみると確かに笹で道が覆われていた。
ナゲ達が登山道を埋め尽くすのには数十年単位の時間が必要だろうが。
P7260410
ナゲ達を見ながら箕輪山へと登っていく。
避難小屋からの下りと違い登山道は幅がある。
岩がぽこぽこあるのでそう歩きやすいわけでもないが解放感はある。
P7260419
P7260425
山頂近くまで来て振り向く。
鉄山方面はガスというか雲に覆われて。
P7260432
12:23、箕輪山到着。
若い夫婦らしきハイカーが先客として。
横向から登って来たものの疲れたので安達太良山は諦めたらしい。まあガスってるしいいんじゃないだろうか。吾妻山やら磐梯山は見えない。
P7260434
P7260436
画像を見てもらうと分かるのだが現在地は標識では箕輪山となっているが実際はもう少し東に高くなっている所がある。そこが本当の山頂のようだ。
踏み跡があるので一休みしてからいってみることにした。
P7260438
踏み跡は1分くらいで消えた。
昔は道があったんだろうなあと言う感じで。
ナゲ達灌木が刈り払われた道跡をささが覆っている感じで。
これじゃあ山頂に山名板もないだろうな。
帰ろうかと思ったが、某山アプリは頭がおかしいのか山頂どころかその東の1718.5m三角点まで道があるように書かれている。コースタイムは山頂から三角点まで5分。そんなわけないだろ。
P7260439
一応登山道から箕輪山山頂らしき辺りまでは3分くらいでこれた。
距離がほとんどないし見かけ倒しで足元がお留守だからだ。腕で灌木を軽く押すだけで進めた。11:28。
しかしまあここから先は目では踏み跡を追いきれない感じ。足で探る。
ここまできたら三角点まで行く気になっている。
P7260443
この辺りのナゲ達の開花時期と噛みあったらしい。どのナゲも良く咲いていた。
ここまで誘い込めば十分だと言うのか空は曇って来たが。
どうもまたナゲ達に一杯喰わされた気がする。
ナゲ達の横に分かりやすく笹ロードが続く。
P7260446
笹ロードが消えた。
帰っていいですか?という感じだがなんとなく隙間があるので通って行く。
隙間もなくなってガチ藪漕ぎとなり面倒だから引き返すか?今日は藪漕ぎにきたわけじゃないしと思うが良く見ると数m先に笹ロードがチラ見。仕方ないのでそこまで藪を漕いだりして進む。
P7260450
灌木オールスターズ、ハイマツもいるよ~安達太良編~。
ここまで面子が揃っているのは裏那須の三ノ倉を下りた時以来か。
まあ写真で見ると分からないが足元だけ踏み跡が残っている部分が多いので見た目ほど苦労はしない。
何故か奥の方が笹ロードが分かりやすかったりもした。
"枝にテープ回してへんやろな?"
某お笑い会社の社長の持ちネタをパクってナゲ達が脅したのか、テープ類は見なかった。
P7260452
P7260456
P7260461
そんなわけで目印はないので適当にあるいていたのだがもう少し下れば三角点か?というところでテープが一本。遠慮したのかナゲではナナカマドに。
その先の下りで藪に滑りこんで進むとそこだけ刈り払われた空間に1718.5m三角点。12:38。
山頂らしき辺りから10分くらいだった。
踏み跡が残っているおかげで見た目よりは楽な藪だったが初見5分は無理。
一応ルーファンがいるから。
というか藪慣れしてない人間には踏み跡辿るのも無理だろう。
一般ハイカー用のルート図に記載するものではない。
P7260464
P7260467
帰りは往路で感覚を掴んでいるので8分で登山道まで戻れた。
P7260469
一息ついて12:49、下山開始。既にしてこの辺りもガスガス。
10分ほど下ったが避難小屋から先は雲へと突っ込むような感じ。
P7260479
13:21、避難小屋。
辺り一面ガスに覆われている。
これはピストンじゃなかったら道に迷ったかもなあと思ったり。
P7260487
まさに五里霧中と行った感じの中を歩いて行く。
鉄山横のトラバースで一人のハイカーとすれ違う。何処まで行くのだろうか。まあまだ日没まで時間はあるが。
ガスって何も見えない代わりに風とミストのおかげで涼しい。
この季節にしては破格の涼しさではないのか。
ある意味ついている。
P7260490
13:44、矢筈森手前の1650mくらいまで登って来たところで膝の下ぐらいの筋肉が凝り固まって動けなくなった。理由は運動不足が一番であるが、箕輪山から水を飲んでいなかったのも大きい。ペットボトルからハイドレーションに水を移すのが面倒だったのだ。
足が痙攣しそうだなと思いつつ無視して歩いてきたツケがきた。
まあ日没まで時間もあるし休憩してもいいだろう。いやせざるを得ないのだが。
半端な場所だが腰をおろして塩タブレットを5個噛み砕き水を飲んだ。
10分くらいで回復した。
P7260504
気を取り直して矢筈森先に下り、14:00、篭山・くろがね小屋経由奥岳登山口への分岐に着いた。
帰りはロープウェイを使わずこちらで駐車地まで歩いて行く。
P7260509
こんな天気だからか長居する山でもないせいか誰もいないなあ。
稜線すぐ近くなのに沢に水が流れている。
有毒ガスとか鉱物が溶けていそうなので飲む気はない。
P7260518
14:12、篭山西側の分岐。峰の辻だったか。
左のくろがね小屋経由ルートと右の経由しないルートに分かれる。
まあ普通はくろがね小屋経由で行くのだろう。
だから僕は右へ行く。
P7260525
最初は拓けていたがそのうちボサってきて。
とはいえ藪に還っていることもなく刈り払い・枝払いもされていそうだ。
人気はなくてもちゃんと整備されているのだろう。
P7260535
P7260536
やがてハイマツやナゲが消えナナカマドや広葉樹の森の小道となった登山道を歩いて行くと14:49、くろがね小屋経由との道に合流した。
とても幅広で歩いてきた道とは大違いだ。
P7260543
P7260544
まあ歩いていて面白いのがどちらかは別として。
ガスの下に出たのかすっかりいい天気。暑い。
やはりくろがね小屋経由の道が人気なのかそこそこハイカーがいる。
休憩しようと思ったがそのまま下っていく。
P7260549
1210mから下では広い登山道・馬車道と狭い道・旧道に時々分岐する。
旧道の方がショートカットなのでそちらを行くのだがぬかるんでいて下りだとかなりやばい。
簡単にツルっといける。ストックで何度も踏みとどまった。
まあ旧道の方が早いので馬車道に合流する度旧道へとまた戻ったのだが雨上がりの日は利用しない方が良さそうだ。
P7260551
最後は馬車道に合流し橋を渡る。沢沿いの遊歩道が分岐していたが疲れたのでスルー。
ゲレンデ方面に出てそのまま駐車地へ。15:41、着。
標高差は大してなかったが久々にしてはそれなりの距離を歩けた。
P7260560

すぐ隣の奥岳の湯でさっぱりする。600円。
建物前の水道で靴の泥を洗えるようにブラシもおいてあったのがポイントが高い。
平日なので新4号で夕方の帰宅ラッシュに巻き込まれるのではないかと危惧し仮眠せずに帰った。

今回の軌跡
この地図の作成にあたっては、国土地理院長の承認を得て、同院発行の数値地図25000(地図画像)及び数値地図50mメッシュ(標高)を使用した。(承認番号 平24情使、第26号)
無題
登山道歩きだしロープウェイも利用したしとお気楽登山で特にコメントすることもないのだが、想定外に藪漕ぎとなった箕輪山東の1718.5m三角点、これはちょうどいいアクセントになった。
見た目に反して意外と楽なのでインスタ映えする藪漕ぎを気楽にできるのでお勧めだ。
久々でもそれなりに歩けたので次週は奥日光でリハビリしてお盆のテン泊に出かけたのだが、結果としてはもう少し標高差のあるところを荷物多めで歩いておいた方が良かったかなあと、今になって反省している。