2019.9.8(日)
薬王院先の駐車場 -舗装路 -みかん園コース -自然探究路 -筑波山(男体山) -筑波山(女体山) -坊主山 -薬王院先の駐車場

暑さに辟易。

前日の歩きが3時間弱と大したこと無かったので日曜も歩くことにした。
とはいえ台風が来るようだしさっさと登ってさっさと帰ることにする。
そうなると山ビルもでるこの季節、自ずと行き先は限られてくる。無難なところで筑波山だ。北、南からはそれぞれ歩いているが西からは歩いたことが無い。出かけることにした。

9/8、七時半くらいに家を出て、コンビニ寄りつつ8時20分くらいに薬王院先の駐車場へ。登山者用の駐車場らしいので安心。10台くらい先客がいたがまだ余裕あり。
さっさと準備をして歩きだすが8時半になっていた。
みかん園コースとやらを歩くべく舗装路をうねうねと歩いて行く。
南進して行く途中に見上げた空は雲に覆われていた。暑いので陽射しが遮られていた方が良い。
P9080005
15分ほど歩いてやっているのかわからないみかん園の前を通り過ぎるとみかん園コースの入り口が現れた。標識とかはないが踏み跡があるので分かりやすい。
ぶらぶらと立ち入っていくが森の小道は蜘蛛の巣がいっぱい。
去年加波山に行った時もそうだったような・・・。
とりあえず今日は先行者がいないようだ。
P9080009
そう思っていたら登山道に入って10分後、上から年配の夫婦が下って来た。往路が薬王院コースだったのだろうか。ここから先は蜘蛛の巣払いをしなくて良さそうだ。
でもしばらく歩いて行くと道が広くなりそもそも蜘蛛の巣が張られていなそうな。どこか損した気分だ。
P9080011
展望もなく風もない登山道を登っていく。
正式な登山道ではないらしいがまあ十分に登山道と言える感じに踏まれている。
歩きやすいはずなのだが一向にペースが上がらないどころか苦しい。理由は簡単、暑いから。既にして汗だく。齧ったら体が冷たくなるかもしれないキノコ達を横目に歩いて行く。
P9080012
P9080013
P9080018
中々標高上がらないなと思いつつ9:26に450mくらいをすぎると傾斜が増して岩っぽく。
岩場を適当に歩いていると気配を感じて振り向く。
少し下に軽装のおじさんが一人。トレランかなと暑さにやられた僕は先に行ってもらう事をもくろむが、その後おじさんが追いついて来ることはなかった。
P9080021
P9080024
550mくらいで右の谷に明瞭な踏み跡が伸びていた。水場があるのかハンターが通るのか。
すると町内放送が入り台風の警告かな?と思ったらイノシシ猟真っ最中だから山に入る方は気をつけてとのこと。ここまで登ってから言われても。さっき禁猟区の看板見かけたからここは大丈夫だとは思うが。
普段なら斜面を直登するところも暑いので大人しく巻いて行く。
キノコを荒らしたのは僕じゃない。
P9080029
P9080030
その後も暑かったのでろくに覚えていないがそれなりに急な巨岩ポコポコなところを歩いて行くと10:16、自然探究路に合流した。ロープについてる案内板には立ち入り禁止とか書いてあるのだろうか。確かめなかったが脱出禁止とは書いてなかっただろうからセーフ。
P9080034
P9080037
自然探究路は4年ぶりなので全く記憶にない。石階段を登った先でトレランとすれ違う。
展望地があったことは覚えていたので立ち寄る。
台風が近づいている割にはいい天気だがこの周辺だけか。
P9080041
10:33、男体山につくが去年も来ているしGBの溜まり場になっていたのでそのまま通過。
P9080050
P9080051
御幸ヶ原へと下っていくと後ろから数人のGG軍団がついてくる。
少しペースを上げるが僕のペースに合わせてくるようだ。
抜かれるのもシャクナゲさんなので早めのペースを維持して御幸ヶ原に到着。10:38。
GG軍団はついてきたもののゼェハァと息を切らしていた。向こうも意地があったのかもしれない。
P9080052
そのまま女体山に向かうが観光客に阻まれる。子ども連れが道幅いっぱいに広がってのそのそと歩いている。山というか観光地なので道を譲れと強く主張するのは躊躇われるところだ。反対側から歩いて来る子連れのお父さんが手に何か持っているのでカメラかと思ったら大きな財布だった。ここらへん岩が濡れてて滑るのに。転んだ拍子に財布が崖下に飛んでいったらどうするんだろう。少し見たくなった。
ガマ石前で6人くらいの家族が道を塞ぎつつお金を投げるとなんたらと話している。家族団欒はいいけど道を塞がないでほしい。無法地帯だ。
台風が来るせいか普段より人が少ないように思うのだがそりせいで余計ちんたらした奴らが発生するらしい。どうせなら明日の朝までゆっくりしてればいいのに。
10:53、女体山山頂。
随分と空がどんよりしてきた。さっさと帰るか。
P9080061
P9080063
御幸ヶ原に戻りコーラを買って一気飲み。恐ろしいことにこの日は二時間半ほどの歩きで2L水を消費してしまったのだ。残り500mlあれば下りはしのげると思うのだが。
一息入れて下山を開始。11:14。
筑波山に熊はいないようだ。
P9080070
しばし自然探究路を歩いて行くが、薬王院2.5kmとの看板を見て自然探究路から離れる。
ナメコのようなものを見つつ植林帯を歩いて行くと709.7m三角点ピークへの分岐が現れる。坊主山と言うらしい。汗だくだがどうせ二度とこないので立ち寄ることに。登り返しは面倒。
P9080073
11:28、坊主山。
北の方へ下りて行くハイカーの声がした。地形図を見る限り道はないのだがあちらにマイナーなコースがあるのだろうか。僕は少し休憩してから登山道方面へ踏み跡を戻った。
P9080075
P9080077
登山道に戻り下っていくと650mくらいからひたすら階段が続く。標高にして100m、時間にして10分程度だったのだが延々と階段が続くのでげんなりした。これが登りだったらと思うとぞっとする。登って来たおばあさんが息も絶え絶えだったのに同情。
P9080079
階段地獄から解放されて6分ほど歩くと舗装路が横切る。
そのまま直進して登山道をだらだら下っていく。
トレラン軍団が現れたので道を譲り、どこか消化試合な感が否めない歩きを続ける。
P9080083
退屈なので体感的に長く感じつつ256m地点手前の分岐を左へ。気を抜いていたら左足を軽くひねった。軽傷で二、三日で治ったのだが危ないところだった。最近気を抜いていて軽くひねることが増えた気がする。
P9080086
12:15、薬王院先の駐車場。
子供会かなにかの引率っぽいおじさんが子供たちに何か説明していた。今から登るようだが天気は大丈夫なのだろうか。まあ僕には関係ないか。
全身汗だくだがここから温泉に移動するのが面倒なので着替えて帰った。帰路で寄ったラーメンがまあまあおいしかったのは収穫。やっぱり暑い時期の筑波山にくるのはやめようと思ったが、もう三回やらかしているのでまた来るんだろうきっと。
P9080088

今回の軌跡
この地図の作成にあたっては、国土地理院長の承認を得て、同院発行の数値地図25000(地図画像)及び数値地図50mメッシュ(標高)を使用した。(承認番号 平24情使、第26号)
無題
ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村