沢は緩やかになりこの先も沢沿い歩きで行けば楽そうだったが1322m地点へは行きたい。
いたしかたなく僕は沢を離れることにした。1330m辺りで適当に斜面をトラバースして尾根を目指す。
PA260195
最初は崩れやすい斜面でこれ大丈夫かと思ったが少し行くと獣道に合流した。
これ幸いと辿っていく。
途中水が染みだしている個所は崩れそうで怖かったが後は安心して通過できた。
PA260198
1340mくらいで尾根に復帰し平坦な1320mゾーンへと歩いて行く。
綺麗なカエデが見られる一方ツツジの葉がチリチリに痛んでおり皮肉にも日が差して明るい尾根に。
この辺り風通しも良さそうだから台風や大雨でやられたのだろうか。まあツツジの方が紅葉早いからなあ。
PA260202
PA260203
生きてたツツジと黄葉した何か。
PA260205
対岸の尾根は紅葉したのか見えるが尾根ではなく斜面にいる。黄葉はこれからか。
PA260213
雲が増えてきて盟主の頭が雲に隠れた。
PA260224
まあ分かっていたのだが1322m地点には何もなく。10:25。
閑散とした場所だが熊の襲撃を気にしなければゆっくり出来そうな場所だ。日当たり良好。
何の木か知らないが鮮やかな黄葉が何本も生えていた。
PA260228
PA260230
対岸の尾根に移るためここから東へ斜面を下りて行く。
一応小尾根にはなっているようだがさて。
PA260231
やはり結構急で真っすぐは下りて行けない。ジグザグに灌木が利用できる個所を探して下りて行く。
獣道で少し右へとトラバースして見たり。
最後は左へ獣道を辿り沢へと無事降り立った。
PA260236
下り立ったのは利根倉沢の支流(1180m二俣左俣)で1250m辺りで二つの枝沢が合わさる辺りだ。
普段はもっと水量少ないんだろうなと思う。
二俣の少し上でテン場になりそうなポイントを発見。
まあここでテン泊する必要性はないのだが。
PA260238
PA260242
利根倉沢右岸尾根の支尾根突端は急な上にグズグズに見えた。
ここはスルーして支流1250m右俣を少し遡行して見る。
PA260245
遡行して見るなんて言っても地味沢の沢沿いを歩くだけだが。
石の隙間から流れる水。右斜面から湧いているのかどうか。
PA260249
こうも石がゴロゴロしているのを見ると土石流とかやばそうだなと思う。
1280mくらいまでやってきて奥の方に直瀑のようなものが見えた。
しかし右手の斜面に灌木利用して登るのにはちょうど良さそうな小尾根が存在している。
この先に進むと尾根に登るチャンスはあまりなさそうだ。
そんなすごい滝でもなかろうとスルーして僕は小尾根に取りついた。10:41。
PA260251
PA260252
一登りで綺麗なカエデ。日が差さないのが憎い。
PA260254
わりかし急で下りだったら補助ロープ必須的な空気だが灌木がほどよい感覚で生えているので登りなら問題ない。少し登ると傾斜も緩くなり灌木もより増えて安全地帯になった。
PA260255
カメラを構える余裕が出来たので撮影しつつ登っていく。
紅葉の下を潜っていく感じ。傾斜はそれなりにあるが藪もなく登りやすい。
この辺りは台風と大雨の影響をあまり受けていないようだった。
PA260262
PA260269
PA260276
10:57、1350mくらいで支尾根を合わせると傾斜がかなり緩くなりかなり歩きやすく。
相変わらず藪もなく快適な地味尾根歩きになった。
尾根上は風の影響を受けやすいのか日当たりが良いからさっさと落葉したのか知らないがスカスカで日当たり良好。
PA260283PA260286
落葉しているので展望ポイントもある。
PA260287
色づくカエデと色づいてないカエデ。
PA260294
11:07、1400mくらいで尾根合流。薄く笹が生えるようになった平坦部。
腰かけるのにちょうどいい岩があり11:20まで休憩した。雰囲気のいい地味尾根。
PA260296
ぶらぶらと登っていくとツツジが多い。何ツツジなんだろう。
僕はナゲと違ってツツジは花が咲いてないと種類が分からない。
ここもまた大部分のツツジは葉がチリチリになっていた。
PA260300
1510mくらいまでやってくると南側に色づいたツツジが沢山いるので近づいてみる。
少し下の方に大量にいるようだが曇ってきたし色が映えないだろうからスルーするか。
こいつらが花咲くツツジなら春に来たいところだが。
PA260314
PA260318
緩く平坦な部分を半月道へと歩いて行く。細い獣道が続いていて。相変わらず笹は低くて快適な地味尾根である。
この辺りもまたツツジばかりだった。
PA260321
PA260324
灌木が途切れた個所から半月山駐車場が見える。向こうからもこちらは見えると思うのだが、人がいるとは思わないだろうな。
PA260327
少し下ってから半月道へ70m程の登り。
この辺りツツジが痛んでおらず色づいた奴が多かったので眺めながら行くと登りも苦にならなかった。陽射しが弱いのが悲しい。
PA260334
PA260342
PA260356
11:53、半月道(旧道)に到着。獣道レベル。見下すとツツジ、しばらく行ってもツツジ。
PA260371
PA260378
ツツジもいいけどカエデも見たいなあと歩いて行くと、カエデがあちこちに出てくる。でも黄色。
PA260387
やっぱり赤いのはツツジばかりだ。
赤いカエデが見たい。いい色してるけどまたツツジか・・・と思ったら奥の奴はカエデだった。
PA260397
紅葉を見ながらぶらぶらと廃道を歩いていると半月山の南西辺りで道が崩壊していた。
下は普通に崖だし上から巻くかと覗きこむとここが一番秋らしいんじゃないかという光景。
PA260401
崩壊地を高巻きつつ見下せばさっきまでいた廃道上も良い感じだったか。
PA260404
少し高巻けばいいだけだったのだが良い色した奴がいるので20mくらい登ってしまった。
PA260409
少し登りすぎたなと思いつつ下りて行く。
普段なら水が流れていそうにない沢形にも水が流れていたり。
半月道に戻るが1550mちょい上のこの辺り、カエデの紅葉タイミングがちょうど良かったらしい。ゴールは近いのでさっさと行くかと思っていたがついカメラを構えてしまう。
ツツジと違ってこいつらは台風や雨への体制があるらしく別に痛んでいなかった。
PA260422
PA260427
欲を言えば真っ赤なのがもっと良かった。まあでも色づいた楓をそれなりに見られたからいいかと思う事にした。
PA260434
登山道入り口を目指して半月道からジグザクに上がっていくが駐車場下まで来たところで上にいた外人観光客に見つかった。人目につかないように南から来るのは避けたのだが。
そしらぬふりをして駐車場に上がる。
半月道のカエデの紅葉はここからじゃ足元すぎて見えない。さっき僕がいた尾根の平坦地も人がいてもよくわからないだろう。灯台下暗しか。
PA260443
前日光の方は全然色づいてないな。逆に大雨のダメージはなさそうだ。
来週以降の紅葉に期待したい。
PA260444
12:21、車に戻った。
中禅寺湖スカイラインの途中で展望台に寄ったが曇ったこともあり大した写真は撮れず。
スカイラインで前を下りる車がエンジンブレーキの存在を知らないらしくブレーキランプパカパカのろのろ下りているのには閉口したが時間が早かったせいかいろは坂はのろのろ運転ではなくそれなりにスムーズに下りられた。
しかし何故か馬返しをすぎてしばらく行くとパタっと流れが停まってしまった。なんでここまできて。
一向に進まずしばらくまつと少し進む。土砂崩れで交互通行の場所なんてあったか?と不思議に思いつつもエスケープできる場所ではないので仕方なくまった。
細尾大谷橋の交差点までくると渋滞の原因が発覚。交差点手前で事故が起きて交互通行になっていた。この時期に傍迷惑な。なんと事故車は前輪が片方吹っ飛びフロントガラスが砕けて横向いていた。こんなとこでどこをどうしたらこんな惨事に。車が多くてスピードも出せないだろう場所なのに。謎であった。
なんだか日光からさっさと離脱したくなったのでやしおの湯はやめて鹿沼の華ゆらりへ。相変わらず空いているがガラガラでもない。のんびりと湯に浸かって帰った。

今回の軌跡
この地図の作成にあたっては、国土地理院長の承認を得て、同院発行の数値地図25000(地図画像)及び数値地図50mメッシュ(標高)を使用した。(承認番号 平24情使、第26号)
無題
中禅寺山南西尾根南支尾根は地形図通りに途中までが急。登りは疲れるだろうし下りは雨上がりはやめた方が無難だ。下り立った沢はナメ小滝も見えて気になったが、まあわざわざ行くほどの沢でもないだろう。普段は水量なさそうだし。雰囲気は良い。
利根倉沢右岸尾根は登りなら適当に取りつけるが下りだとロープがいるかもしれない。真面目に末端へと下りればいいのかもしれないが地形図的にそちらも急だ。
まあ今回歩いた地味尾根はどちらも突端が沢に落ち込んでいるのでそうそう利用価値もないのだが。足倉沢右岸尾根の中盤が危険だからそれを回避して北側斜面の緩そうな小尾根から登ると言うのには利用できるかもしれないがわざわざやるかというと微妙。
ツツジは痛んでいる奴も多かったが風のダメージを受けなさそうな場所の奴はそれなりに色も良かった。カエデは台風や大雨の影響は大してなさそうで。前日光の紅葉はそれなりに楽しめるのかなと思う。来週は何処へ行こうか。悩むところである。