2019.11.2(土) 同行者:みー猫さん、ノラさん
林道ゲート前 -林道終点 -沢沿いの踏み跡 -笠倉沢手前の小尾根 -笠倉山 -笠倉沢手前の小尾根 -沢沿いの踏み跡 -林道終点 -林道ゲート前

普段とは趣の違う藪。

西会津の木地夜鷹山に行きたかった。
紅葉が良かったり途中に雰囲気のいい沼があるらしい。
登山道をピストンするなら4時間程度のようだが沢から行きスラブを登り周りの尾根を周回して、となると登山道外になるしそれなりに楽しめそうだ。
ただ濃厚な熊の気配がするようで一人で行くと遭遇する可能性は高いように思える。みー猫さんに声をかけてみることにした。

するとみー猫さんは南会津の笠倉山(993.7m)にノラさんと行く予定だと言う。
そういえば去年からそのうち行くとか聞いていたような気がする。標高は大したことないが道はなく斜面が急でヤバいらしい。
笠倉山も一人では行く気にならなそうな山である。半日で登れそうなので下山して時間があったら木地夜鷹山もピストンで・・・ということで僕も笠倉山に行くことにした。

11/2、2時に家を出たもののコンビニに寄ったり下道で行ったらとろい車の後に着いたりして待ち合わせの蒲生岳駐車場についたのは5時40分くらいだった。なお集合時間は6時半である。
しかし既にしてみー猫さんもノラさんもいた。ノラさんとは初対面であるがブログで何年もやり取りしているのでそう余所余所しさはない。挨拶もそこそこに僕のレガシィに乗り合わせて塩沢川沿いの林道へ。
未舗装路になってすぐの少し広いスペース先で車は通行禁止になっていた。荒れているらしい。
参考にしてきた記録より往復で4kmほど余計な歩きが追加されるがしかたがない。道が狭いからあまり運転したくないし。
準備をして歩きだす。6:15。
すぐに前方にピークらしきものが見えたがあれは笠倉山ではなく二俣の中間尾根のようだ。
PB020003
5分ほど歩いた先で林道の横から水が豊富に湧き出ている。
まあ飲む気にはならないが帰りに装備を洗うのには良さそうだ。覚えておこう。
10分ほど歩いて行くとにゅっと笠倉山が顔を出した。
こうして見ると高さもないし大したことなさそうに思えるのだが。
PB020012
ぶらぶらと紅葉を見つつ林道を歩いて行く。
思っていたより天気は良くない。
つづけやす沢との二俣中間尾根は良い感じに色づいている。
しかし斜面がツルツルのスラブのようでルートを選ばないと登れそうにない。
PB020017
PB020026
6:45、林道の終点に着いた。ここは広場になっており何台も余裕で停められる。まあ途中で水没してる場所もあったしあまり運転したくはないが。
擦れて読めない標識の奥に踏み跡は続いて行く。
PB020037
踏み跡は細く、昨夜降った雨のせいでずるりと行きそう。沢が横切るところでみー猫さんが軽く滑った。
PB020054
15分ほど歩いて笠倉沢手前の小尾根に到着。ここから笠倉山へと登ることにする。
なお踏み跡はさらに奥へと続いていた。
7:08、藪入り。最初はアオキの藪が茂っていて邪魔だったが少し進むと藪が無くなる。
しかし面倒なのがここからで。かなり急だしずるずる滑るので捕まる藪が欲しかった。
PB020063
PB020071
PB020073
喰えそうもないキノコを横目に560mくらいの大木に腰かけて5分休憩。足を休ませながら行きましょうと言うみー猫さんの作戦。7:31に小尾根に乗って登っていく。ピンクテープあり。
相変わらず傾斜は急だが紅葉が綺麗な物もちらほら。
そして逆茂木がその片鱗を見せ始める。
PB020084
藪の隙間から対岸を。天気はまだ回復しないが暑いのでこれでちょうどいいか。
気温は低いがここは風が吹かず、急斜面をわしわしと登るので暑くなる。
PB020102
サルノコシカケの仲間がびっしりと。
PB020107
小尾根を歩いているのだが急なのでいつもの地味尾根と違ってきつい。
これ下りは大丈夫かなと言う気持ちも出てくる。
しかし周りの色づきは悪くない。
PB020110
PB020114
7:52、680mくらいまでやってきたが逆茂木が牙を剥き始める。
尾根上を通るのは逆茂木が邪魔でかなり面倒な感じ。
たまらず右の斜面に逃げるが気付けばかなり急になっていた。
ここもまた灌木が蔓延るが灌木を掴んでよじ登らないと進めないくらい急で足元が滑る。腕力勝負が始まった。
PB020118
PB020122
PB020123
8:05、730mくらいで少し傾斜が緩んだので10分くらい休憩。
先に進むがうねうねと逆茂木が行く手を阻む。
ここまで逆茂木と戯れたのは柄沢山を北西から目指して幻湿原で撤退した時以来か。
PB020134
まさに紅葉と同化している瞬間。
先頭を行くみー猫さんは薄い踏み跡を探っていく。ピンクテープはあるのだがベタ打ちではない。
ただ踏み跡を辿っていくとピンクテープと一致すると言うか藪のせいでそこしか歩けないと言うか。
PB020142
藪に潜むみー猫さん。
PB020150
藪に潜むノラさん。
PB020151
怖いのは灌木の少ないスラブの斜面を登る場面だが、危険はないとはいえ逆茂木を乗り越える時が一番面倒だった。
PB020157
8:41、850mくらいで少し傾斜が緩みスラブの上に道がある稜線歩きになったような。
これは楽できるか。対岸を見る余裕も。
PB020167
PB020169
しかし現実は厳しく再び逆茂木との交流を深める。
PB020177
とはいえ踏み跡も拾えて楽できたりするしこのまま一気に山頂へ、とも思ったがみー猫さんが900mの岩場とその先の等高線が密な所に備えましょうと言われて880mくらいで10分少々休憩し、9時に歩きを再開。
900mの岩場マークの所は別に何もなく踏み跡を辿って通過し拍子抜け。
しかしその先で軽い段差や岩場が出てくる。
PB020188
PB020189
そして豪雪地帯の岩場で山頂近くとなればこの奴らがいないはずもなく・・・。
にょろりとした見慣れたフォルムのイキモノがすっと現れた。
藪の番人、シャクナゲさんである。
しかしナゲ達にとってもこの辺りは寒いのか背が低く、登山道でもないのに踏み跡横で大人しくしていた。
PB020191
ナゲ達が現れた先、950mくらいで傾斜が緩み緩く平坦なゾーンが少し広がる。
ナゲ達は集落を形成していたが広いのでガードが甘くスカスカ。シャクナゲートも形成していない。
適当に横を通過して行くと再び細尾根になり前方が一段高くなっている。
いよいよあそこが山頂手前か?歩きだし3時間、尾根に取りついて2時間少々。距離も時間も短い上になんだかきつかった登山も終わりが見えてきた。
あまりの急斜面に下りが怖いのだが、とりあえずそこは考えないことにした。
PB020195
続く