2019.11.9(土) 同行者:本P、酒、ソフテニ
浦山大日堂BS -大持山西尾根 -大持山 -小持山 -大持山 -横倉山 -ウノタワ -天神山 -鳥首峠 -滝入ノ頭
-滝入ノ頭から少し戻った1030mくらいから西に派生する支尾根 -林道 -浦山大日堂BS

軽めの藪漕ぎ最初の一歩。

前回新人の登山研修をした際新人の一人、ソフテニが参加したい熱い意思を表明しつつ予定が合わなかったので再度企画することにした。
会津とか福島県境に行くか迷ったのだが遠出するのが面倒だったしもはや紅葉には遅い気がする。そう思っているとウノタワの紅葉がそろそろちょうどいい時期のようだ。そういえば行ったことがない。西側の支尾根から行けば軽く登山道外も歩けるし入門編としては悪くないのでは。周辺の林道があちこち通行止めらしいので登山道区間もそこまで人出は多くない、気がする。天気も良さそうなのでそこで決めた。いつものように本Pを誘い、登山が趣味の酒も勿論同行。前回疲労困憊だったHeyはスタジオにいくので・・・と不参加。

11/9、4時前くらいに後輩三人をピックアップし一路秩父へ。
カーナビが微妙な道に案内し、後輩と話していたのて黙ってその案内に従ったらどうもいつもと違う経路に進み少し時間がかかって。浦山大日堂BSについたのは6時を過ぎていた。先客は一台。
準備をしているとどこに行くのかと話しかけられたが西尾根とかを話すのが面倒なのて有間山とかと適当にごまかした。
本Pが既にして駐車場裏で本日の相方(木の棒)を物色している。言われる前にやる。教育の成果だ。
PB090001
このまま駐車場裏の急斜面に取りついても良いんだが?と提案して見るとソフテニが初めてなのでやめておきますとのこと。HIDEJIさんはここの斜面を下りたらしいのだが。
ノーマルルート(といっても登山道ではないが)に進む事にした。6:26。
車道を少し西へ歩くと地元のおばあさんに話しかけられたので山登りですと挨拶。
民家の間の狭い通路を通過して鉄塔巡視路標識に従い山入り。6:29。
PB090005
いきなりの急登が足に来る。ソフテニは皆が足に来ていることを聞いて自分だけではないと安心したらしい。
しばし歩いてトラバース気味に登るようになると傾斜が緩む。
元より薄着一枚の僕は問題ないが歩きだし一桁気温に恐れをなした後輩達は厚着しており早速暑くなったので上着を脱いだ。
PB090009
565mで駐車場へ直接下りる尾根を合わせる。
植林の急登が始まる。
標識もあるし踏み跡もあるから安全だろ、というがこの急傾斜はあんまりないですよねと言われる。
PB090012
600mくらいで傾斜が緩んで。
広い尾根上なので危険は感じなくだらだらといく。
630m辺りに潰れた小屋。
斜面に紅葉が見えたが藪の中で見づらい。
PB090015
640mくらいから急斜面を一登りすると700mくらいの鉄塔に着いた。6:57。
展望が良いので後輩達が喜んでおりしばし撮影。
ホラーゲームなら絶対ここでイベント起きてますよとソフテニがはしゃぐ。
東側は逆光で見えない。
本Pが鉄塔って柵に覆われてませんでしたっけと言うがそれは素人意見。山では柵なんかない、と僕と酒。鉄塔の高圧電線は雨や霧が深いとジジジと音がすると豆知識を披露するが誰も知らなかった。お前ら鉄塔アマチュアだなと先へ行く。
PB090017
PB090026
今日の参加面子。
手前がソフテニ、ひのきの棒装備が本P、カメラを構えているのが酒。
PB090035
細尾根を越えて植林帯のストレートな急登。
この構図、ソフテニが中々いい感じたと思ったらしい。でも登るのは足に来るぞと言うと苦笑した。
PB090037
7:10、760mの鉄塔。
この鉄塔は役目を終えたのか電線が外されていた。
PB090039
PB090047
鉄塔先で植林帯に再度突入。
少し進んで細尾根の下りと思っていたら後輩からテープに山名が書いてあると声がかかる。
足を止めて振り返ると焼山793mのテープがいくつかあった。地味すぎてスルーするところだった。
PB090061
PB090062
細尾根の下りがソフテニにとって一番怖いらしい。
彼以外の三人は登山靴だがソフテニだけはテニスシューズ。登山靴かそうかと行ったのだがテニスシューズは靴底厚いし滑らないので、と履いてきたのだ。しかしどうやらテニスシューズは足首をやらないようにあえて少しは滑るようになっているらしくそれが下りだと仇になるようだ。僕もテニスシューズはいてテニスはしているがあくまでお遊びだし既に底がツルツルなのでそのへんの細かい所は気にしたこともなかった。
PB090068
鞍部から登り返していく。
植林の急斜面はあちこち踏み跡らしきものが見えるがどれが正解かと後輩にクイズを出す。
PB090070
7:31、860mくらいでちょうどいい切り株が林立し陽射しの差す雰囲気のいいところがあったので10分休憩。
PB090076
その先の急登で僕らは尾根を行くが酒がトラバース気味の踏み跡を辿って行った。
ソフテニがペットを偵察に出すみたいですねと言う。
偵察は間もなく踏み跡が途切れて戻ってきた。
PB090079
920mくらいから傾斜がゆるんで。
また少し急になるが8:02、1030mくらいから急に植生が植林から広葉樹林へと変わった。
後輩達も植林よりこちらの方が雰囲気が良いと言う。
PB090084
何故か急ダッシュで駆け上がって行く本P。この後当然息を切らした。
その先に会った紅葉が見たかったのか。
PB090089
PB090095
見上げると紅葉はわりと良かったのだが逆光でいまいち。
1142m地点に8:21。ここから平坦なゾーンが続き足に優しい。
でもソフテニはさっきまでの傾斜がある方が山らしくていいと言っていた。
PB090110
PB090118
平坦地を歩いて行くと1140mくらいの岩に崩れたケルン。
石を追加した後何故か撮影し合う酒とソフテニ。同期二人は仲が良い。
PB090124
ゆるゆる楽勝ゾーンも終わり1250mから最後の急登。
尾根真ん中の大岩は思い思いに避けて。
そして労せずあっけなく大持山に着いた。8:55。
二時間半は予定通り。ソフテニも登山は初だが最近週数回7km走っているらしいので体力に問題はなかった。
PB090130
PB090134
PB090151
PB090157
山頂には誰もいない。
標識の上にちょうどカメラがおけたので記念撮影。
バックに大して山が見えるわけでもないしもう少し人間に焦点を合わせれば良かったか。
PB090164
10分休んで小持山へ。まあ折角なのでピストンで立ち寄る。
デブ返しの岩。トントン、アウトと言うと本Pに受ける。
PB090170
所詮は登山道なのだが確かトレラン大会で死者が出ていた気もするので一応気をつけろよと後輩に言う。
PB090182
1260mの細長い地形のとこから展望を。
南東には雲海。今日は西から来て正解か。
PB090185
PB090195
何個か軽い岩場を超えて。10mくらい?の岩崖が現れた。
あれがラスボスだぞというと、登れるんですか?と本Pが慄く。
本当は右に巻き道があるというと怒られた。
PB090207
巻き道で登って振り返る。
良く見ると足元の針葉樹の隙間にキケンの看板。
こんな見えにくい所にあっても・・・と本P。
PB090208
その先は特に何もなく小持山に着いた。9:39。
少し先から武甲山が見える。今日は鳥首峠より先へ行くので武甲山まで行く気はない。
PB090214
PB090222
10分休んで大持山へ戻る。
往路では登り立った岩場が下りになるのでソフテニは緊張。
PB090226
PB090227
往路では見過ごした1260mの細長い地形から西側の展望。ハイカーが一人いた。今日初ハイカーに遭遇。全然人が来ないので何かあるのかと思っていたところだ。この後は断続的にハイカーと出合うようになり単純に時間帯だけの問題だったようで。
5分ほど展望を満喫して皆満足。
PB090228
PB090229
PB090230
10:19、大持山に帰還。7分休憩して今度は南東にウノタワ経由で鳥首峠へ。
黄葉はまあまあ。
少し下って随分整備された登山道。ここだけ切り取れば街角の並木道か。
PB090261
PB090263
PB090267
10:32、麦坂峠との分岐に着いた。
ベンチ代わりの倒木もあるし展望も良い。ここで休憩すればよかったなあと反省。
ソフテニが下りて行く尾根の方面に赤い一角があるのに気付き興味を持つ。
ああ、あれはウノタワだね。今から行く奴。適当な事を言った。
正確にはウノタワの奥にある雑木林の一角だろう。
しめしめその奥の人気のなさそうな所に行く合法的な理由が出来た。ウノタワは人が多そうだからな。
心の中でほくそ笑んだ。
PB090273
PB090274
続く