ろくに山を歩かなかった翌日、曇り程度だったら地味尾根に出掛けるかと思ったがカーテンを開けると雨だったので出かけるのをやめた。
だらだらしていたがタイヤ履き替えをしていないことに気づく。今年はもう雪山に行かないし夏用タイヤに変えないと。夕方になってようやく出かけた。

カー用品店でタイヤ交換を頼むがそういえば夏用タイヤの溝が大分減っていたことを思い出す。ぱっと見細かい溝が消えかかるレベルだ。2016年の初夏にパンクして交換して以来だから大体四年か。冬はスタッドレスを履いているとはいえ経年劣化はある。ついでに交換した方がいいか点検してもらうことにした。

点検の結果製造後5年たっているし溝も減っているから替えた方がいいとのこと。溝は何mm残っているか聞くと測っていないらしい。適当だな。まあ商売だし溝が目視で減っていたら交換を進めているのだろう。溝がなくなるギリギリを攻めるリスクを考えて履けても後半年だろうと思い買い換えることにした。

店員にタイヤの候補を見せてもらう。ブリジストン・10万円、ヨコハマタイヤ・7万円台中盤、ダンロップ・7万円。元々ヨコハマタイヤを履いていたのでこの三つを勧められる。
ブリジストンは最高級だがそこまでのものを買う必要はなくダンロップでいいのではと店員は言う。スタッドレスはブリジストン一択だが夏用タイヤは確かにそこまで求める必要はないだろう。ヨコハマタイヤかダンロップの二択だと僕の中で。どうやら燃費はダンロップの方がいいようだが雨天時の性能はヨコハマタイヤの方がいいようなのでヨコハマタイヤにすることにした。

代金を払いタイヤ交換をしてもらおうとすると店員が4000円で保険に入れますよという。2年間の間パンクした場合一度だけ新品のタイヤに変えてもらえるらしい。工賃は別途かかるようだが。少し考えたが入ることにした。以前タイヤ交換したのも釘を踏んでパンクだったし2年以内に買い換えるのはなんか悔しいからだ。

そういえば我がレガシィも新車で買ってから10年が過ぎて11年目になった。夏・冬タイヤどちらも買い換えたばかりだから最低でも後4年は乗ることになる。
ただ今のところこの車に全く不満なんかなくて。たまに別の車に乗ると違和感しかない。乗りたい新車も特にない。長く乗り続けられるように半年点検は欠かしておらず、故障も今のところはない。僕にとってこれ以上の車はないから、このまま乗り続けていたいと考えている。