12:14、1445m地点を発つ。
ここから上海岳までは烏ヶ森さんが歩いた時は残雪が残っていたらしくどの程度の藪か情報が得られなかった場所だ。モンスターネマガリが占拠しているのではと予測されていたが。
期待に応えて?ネマガリ登場。踏み跡は薄いが足元が楽になるだけまし。
次第に背丈を増してくる。
P6210298
P6210300
1450m辺りのヌタ場を越えて歩いていく。
この辺りは獣道というか完全に熊の通り道だった。熊糞もよく見かけたしみー猫さんは熊がネマガリ齧った跡を見たという。一人では歩きたくないこと請け合いである。
熊道を行くニンゲンとケモノ。
P6210304
P6210309
熊道なので真っすぐになっていなかったりと微妙にたどりにくい。笹が覆いかぶさっているから上から見下ろすとわかりにくいし。
熊道を外したりして進路を西に変える1480m手前辺りが一番面倒だった。
尾根が幅広なのも影響しているのだろう。
P6210321
P6210322
進路を西に変えると尾根が細くなった影響か獣道が追いやすく成り少し捗る。
しかし少し踏み跡を外すとこれだ。
抵抗少なく歩ける場所を探して進む。
P6210327
上海岳までもう少しというところにくるとギャラリーのナゲ登場。
ナゲの横を通り灌木の隙間を通る笹薮を通過すると上海岳山頂(1501.3m三角点ピーク)にポンと飛び出た。13:03。
P6210328
P6210331
P6210333
山名板ないなあと思っていたら三角点の横に裏返しで落ちていた。まあよくある。
P6210337
上海岳山頂は少しだけ休めるスペースがある。
ようやく終わりも見えてきてやれやれとザックを下ろして休憩。
三角点タッチで記念撮影。
なお道中では皆うつみだけとかうえうみだけとか呼ぶことはわかっていたもののシャンハイと呼んでいた。
P6210338
P6210339
十分休憩して13:37、上海岳を発つ。
15年前の刈り払い跡がどれだけ残っているかが勝負の分かれ目だったのだが登山道クラスに残っていて一安心。
ガスガスで展望はないが気にしない。
P6210343
ちょうどこの辺りはハクナゲの花シーズンだったらしく見頃の花を楽しめた。道があって楽だしナゲは楽しめるし僕にとっては癒しの小道。
P6210347
P6210352
しっかりしていた踏み跡も1450mくらいにくると成長した灌木たちの手によって少しわかりにくくなっていたりも。まあ踏み跡辿れるので藪より断然歩きやすい。
アズナゲも混ざっている。いずれは踏み跡を覆いつくす腹積もりだろう。
P6210356
1430mの鞍部くらいまで降りていくと後続からチェルシーさんのチェーンスパイクが外れたと声がかかったため
少し進んだところの木に腰かけて待つ。
しかしなかなか来ないので心配していると10分くらいでようやくやってきた。
どうやらチェーンスパイクの片方がどこかの藪に消えたらしい。見つからなかったそうだ。
なおみー猫さんとチェルシーさんは中国製の安いチェーンスパイク、bonさんはモンベルのチェーンスパイクをしていた。
僕は今回のルートでそんなもんいらないだろうと家に置いてきた。
P6210363
ガスガスの中で再び現れたハクナゲの花が癒し。
灌木たちに隠されつつある踏み跡だが足元は楽。
P6210370
P6210374
P6210376
倒木のせいでふさがれていたりしたがその先も踏み跡を忠実にたどれば問題ない。
少しずつ踏み跡を侵食しつつある灌木達と触れ合い進んでいく。
栃木側が切れているとか先人の記録で見た気もしたのだがガスと育った藪のせいで気にならなかった。
1438m地点くらいで一瞬笹薮ゾーンになるがまた灌木ゾーンへと帰っていく。14:20。
P6210381
P6210389
P6210394
1438m先では灌木達に恐れをなしたか踏み跡は時折尾根の南側を巻いていく。
1395mの鞍部くらいでみー猫さんがトップに立つ。
というかここまで8割方僕がトップで歩いてきた方がおかしい。気が急いていたのでひたすらトップで藪いていたが4人いるのだから本来は消耗を避けてトップを交代しつつ行くものなのだ。まあ獣道と踏み跡あったからね仕方ないね。
P6210404
ここまで上海岳から忠実に踏み跡をたどってきたのだが1422m地点への登りでどうも踏み跡が怪しくなる。
獣の踏み跡はあるのだが怪しい。
とりあえず藪もそんなに濃くないのでそのまま登っていく。
1410mくらいでは藪も薄かったし足元に古い石杭も見たからそんなルートを間違えたわけではなさそうだが1422mへの踏み跡は完全に見失い仕方なくなんとなく薄いかなあ?と思えるルートで1422m地点へとモンスターネマガリを泳いだ。
P6210409
P6210412
14:43に1422m地点辺りを通過。
踏み跡がわからないので適当にモンスターネマガリを漕いで下る。
みー猫さんとbonさんが少し西よりへ行ったので僕とチェルシーさんはそれよりは少し東を下った。
熊道も見つからないし絡まる蔦のテープカットも必要だったし短時間だったが今回の歩きで一番ろくでもない藪だった。
P6210415
幸いにして下りだったので5分ほど下った1400mくらいで踏み跡に合流し解放された。
まあ相変わらずネマガリゾーンなのだが踏み跡があるだけで天国のような楽々さ。
クラリスの尻を追いかけていく。
P6210417
1385mくらいで少しスペースがあったので8分ほど休憩し先へ。
下るほどに笹薮の背丈が低くなり歩きやすく。
ゴールが近いのでまた気が急いて先頭に立つ僕がいた。
P6210427
緩い下りで踏み跡もあるので歩きが捗りあっというまに1310m級小ピークへ。
もう林道へは直接下りられそうではあるが一応最後まで踏み跡をたどる。
P6210433
P6210435
15:22、大川峠に飛び出した。感動のゴールインである。
N田君と二人で始めた裏那須の無雪期栃木福島県境歩き、年一歩きで5年かけて大峠から大川峠の区間が完了した。感無量である。
なおここ数年このブログに登場しないN田君だが元気にやっている。若くして人生のゴールイン決めて守るべきものができたため気軽に山へ出かけられなくなっただけだ。
P6210440
しかし感動に水を差すイキモノがいた。
ベルトを締めなおそうとしたら腰の上あたりの腹肉がちくっとするので見てみると奴がいたのである。マダニが。
とりあえず冷静に撮影会。
P6215005
サイトによってはマダニは下手に素人がとらず医者に除去してもらうことと書いてあったりするがあれは半分間違いだ。マダニは0.1%くらいのレアガチャを引き当てるとやばい病気を持っているのだが、その場合でも長い食いつかれている方が感染率が上がるらしい。日本ではまれなライム病も一日以上食いつかれていないと感染しないそうだ。それにマダニは食いついてしばらくするとセメントみたいな物質を吐き出して容易に外れないようにしてしまうらしい。
そんなわけできれいに除去できるならさっさと取り除いたほうがいいのである。

今回bonさんが救急キットを持参されており、ピンセットを受け取る。とりあえずハッカ油を吹き付けてもらうと苦しいのかマダニがうねうねしだした。
そこをDrみー猫に依頼し摘まんで引っ張ってもらう。ちょっと痛いがここは我慢。真っすぐ何回か引っ張ってもらうと口器も残らずきれいにマダニが除去成功。助かった。
さらにポイズンリムーバーで傷跡から血を吸い取りアルコール綿で消毒してもらう。恐らくマダニにかまれた直後の応急処置としては完璧。bonさんが救急セットをもっていて助かった。
ポイズンリムーバーは僕も持参しているのだがピンセットも持参しないとだめだな。
なおマダニ類の運ぶ病原菌にはアルコール消毒はかなり有効とのこと。

とりあえず万が一発症した時に検査するためにマダニは空のペットボトルに入れてお持ち帰り。酸欠になったのか気づいたら死んでいたが。
余談であるが翌日午前、会社を休み皮膚科に一応診察してもらいに出かけた。マダニも見せたが綺麗に除去できているからまず問題ないとのこと。熱出たらまた来てねと言われた。一応一週間たった今もぴんぴんしている。
ジップロックに入れて会社に持っていったら物珍しさから皆見たがった。
そのまま机の上にジップロックに入れて置いたら数日してマダニからカビが生えてきた。どうも保存の仕方が悪かったようだ。次回があっては困るのだが保存方法は考えた方がよさそうだ。
カビが生える前のマダニ君。
P6220472
人間たちのマダニ騒動を呆れた目で見ているお犬様。
P6210443
最後にひと騒動あったが後は林道歩いて帰るだけ。
なのだが11kmもある。しかも半分は崩壊しているので大分時間がかかりそうだ。
15:43、下山開始。
早速崩壊しているわ藪が覆いかぶさっているわで先が思いやられた。
P6210447
P6210451
崩壊して歩きにくい林道だが九十九折のところまでくると笹薮が酷く繁茂していることはなくなったのでダニに食いつかれたばかりの僕としては心理的負担が軽くなる。
九十九折はショートカットして下り先へ。
崩壊具合はましになってきたなあと思っていたのだが行きの尾根とりつき近くまで来たら一番崩壊していて。
P6210462
さらに水流にやられたのか岩盤が見えている個所を通り抜けるとワサビ沢右岸尾根とりつきに着いた。17:50。疲労と歩きにくさで峠から2時間もかかった。
P6210464
一休みしたいところだがこの先の橋が流れたところまでは暗くなる前に越えておきたい。
橋が流れたところに着いたのが18:04。ザックを下ろして座り込む。疲労困憊。
余談であるがすっかり疲れ果てた僕は林道歩きにおいては皆の後ろをへろへろになった足にむち打ち必死についていった。
P6210467
18:15、歩きを再開。あとは日没までにどこまでいけるか。
19:07、コブキ沢出会い辺りで大川を渡る橋の上でヘッデン装着。日没である。
P6210470
最後は暗くなった林道を歩いて19:36、ゲート着。
16時間21分の今までで最長の歩きだった。
P6210471
コロナがなかったら温泉に入ってというところだがこのご時世なのでそのまま流れで解散。
途中軽く仮眠しつつ22時過ぎに帰宅した。
達成感もあるがもうあの崩壊林道栃木側を歩かなくていいんだというだけで心が軽くなった。

今回の軌跡。長い林道の軌跡部分は半分カット。
この地図の作成にあたっては、国土地理院長の承認を得て、同院発行の数値地図25000(地図画像)及び数値地図50mメッシュ(標高)を使用した。(承認番号 平24情使、第26号)
無題
そんなわけで無雪期栃木福島県境歩き裏那須の部(大峠-大川峠)は完了した。途中からもう裏那須ではないのではとも思ったがじゃあ何と呼ぶのか考えるのも面倒なのでここまでは裏那須で通すことにする。
今回は全般的に獣道か踏み跡が使えたので思ったよりは歩きやすかった。薄い熊道を歩いて時間のかかった上海岳手前を踏まえても獣道がなかったら相当時間がかかるだろう。黒滝股山ピストンみたいな灌木細尾根だとしたら誰も縦走できないだろうなと思う。
僕は第一回で漕がなくてもいいゲロ藪を無駄に漕いでいるせいで一回分多くかかったが、今回のように1389mから大川峠まで一気に歩くのであれば日帰り四回で大峠から大川峠まで歩けるはずだ。今回同行したメンバー以外に無雪期県境歩きにこだわる人間はそうそういるとも思えないがそのうちこの区間について簡単にまとめようと思う。
1389mから大川峠までの歩き、尾根取り付きから大川峠まで10時間15分くらいとまあそれはそれで長いのだが退屈で面倒なのが6時間の林道歩きだ。今後林道はますます崩壊していくと思うので、崩壊が酷い奥の方面、今回歩いた区間は早めに歩いておいた方がいいかもしれない。