9:50、下降再開。
しばらく続いているらしいナメ床をひたひたと下っていく。
傾斜も緩くフェルトでは滑らない。
水量少ないのが残念だがきりんこさんが遡行した時に感じたというドブ川のような臭さはなかった。
P8150170
簡単な小滝だが下りなので慎重に行く酒。
P8150173
いい感じにナメ床が続いていくのだが時間帯の関係であまり明るくならず写真は映えない。
10:00、1550mくらいで右岸から枝沢を合わせる。
右から降りてきた。
P8150184
下っていくと日が差してきて。
輝くナメに酒も笑顔。
世の中こんなナメばかりな緩い沢はあんまりないぞと釘を刺す。
P8150189
1510mくらいで3段10mナメ滝を下る。10:07。
初心者の酒でもロープなしでクライムダウンできた。
P8150203
長く続いたナメゾーンはこの小滝で御終い。
平凡なゴーロとなった沢をだらだらと下っていく。
たまにナメがあって喜んだり。
ちょくちょくテン場適地もあった。
P8150211
P8150214
どんどん下っていくと次第に枝沢を合わせて水量が多少は増えてくる。
基本ゴーロなのだが1385m二俣が近くなるとナメ成分が増えてきた。上流の長いナメゾーンより水量ある分こちらの方が映えるかもしれない。
P8150242
天然ウォータースライダー行っとくか?と酒を煽るがやめときますとふられた。
P8150248
10:44、1385m二俣。
右俣は気楽に下れる沢だった。
ここで休憩するのも何なのでそのまま左俣へ。
P8150252
左俣はしばらく平凡だと思っていたのだがすぐにナメ小滝が2連続で。
その上少しナメ床を歩くと平凡なゴーロゾーンが始まった。
P8150255
稀にナメ床があるが基本こんな感じで。
どこでも休憩できるのだが何の見ごたえもないところで休むのもなんだかなあと先へ進む。
P8150273
1470mくらいで右岸の枝沢を見送ると右俣とは違う色のナメ床が少し続く。
P8150276
少し進んで11:16、1490mくらいでヤマレコの記録で見た記憶のある小滝。
確かこの先くらいから滝がでてくるはずなのでここで休憩。
P8150279
11:33、遡行再開。
1500m先で右岸から入る枝沢は滝が連続している。
ひろたさんの記録で見たことがあるがこの先8m、25m、18m、25mと滝が続くらしい。
初級者は登れそうもないのでもちろん眺めるだけで本流を先に進む。
P8150288
ちょろちょろと出てきたナメを行くと遊べる小滝。
でも上から見下ろすとこんなのでも滑ったら怪我は免れないなと気が引き締まる。
P8150294
P8150297
その上で奥にスダレ滝が見えたところでアクシデント。
なんと酒がストックの先端部分をスッポリ落としてしまったという。
ゴムカバーとかバケットではない。ストックの全体1/3くらいのパーツが消えたというのだ。どんな不良品だと思ったがそのパーツがなくなってもすぐ気づかなかった酒もすごい。
さっきまではあったはずなので・・・と酒は少し戻って探しに行ったが10分ほど探してあきらめた。
P8150299
安物のストックで金銭的ダメージは大してないらしいがいらぬモノを山に奉納してしまったな。
気を取り直して7mスダレ滝下へ。11:55。1550mくらい。
右から簡単にまく。
P8150305
P8150308
そのすぐ先で15m三段滝。
ここも右から巻く。そうやばくはないがフェルトだとちょっと緊張。
P8150314
P8150316
すぐ上の15m2段滝は1段目は右から巻いて二段目は左の狭い水流を登りその上のナメをひたひたと歩いた。
P8150324
そして倒木のある10mナメ滝へ。
左の藪沿いにいけば簡単そうだが基本右のガレで巻くらしい。
踏み跡もあるのでそちらへ。
P8150326
ガレをのぼっていくと少しぐずぐずの土斜面となり少し嫌な感じ。
奥の岸壁は迫力がある。
P8150329
落ち口くらいまで高度を上げて沢方向へトラバース。
すると落ち口への最後の2歩くらいが幅狭くずるりと行きそうな土が乗っているだけな感じで嫌らしい。
一応落ちても倒木に引っかかって衝撃をやわらげればまず死なないだろうが。
いまいち信用できないが一応ホールドもあったのでそそくさと通過。
続いてやってくる酒に手を貸してやろうか?と声をかけるが大丈夫ですとあっさり通過してきた。でもやっぱり怖かったという。今回の唯一の核心がここだったか。
P8150330
最後に落ち口上を通過して安全地帯へ。
まあここはよっぽどポカやらかさない限り問題ないが滑ったら10m下へさよならなので酒も慎重になる。
P8150331
滝ゾーンは終わり12:16、1650mの顕著な二俣についた。
左俣に少しナメが見えるがすぐにおしまいだろう。
稜線へ最短となる右俣へ。
P8150336
その先でちょろナメをすぎるとどんどん枝沢を分けて水量はぐっと少なくなった。
もうちょろちょろとしか流れていないが水量が多い方へと適当に選んで進んでいく。
P8150342
1720mくらいで右岸から水がわいていたので水をくむことにした。
しかし湧水量が微妙で汲みにくい。5分ほどであきらめた。
少し前に左岸からそれなりに湧いている場所を見かけていたのでさっき汲めばよかったなあと後悔。一応まだ水は少しある。
P8150344
1750mくらいの二俣?で写真中央の沢形へ進む。
P8150348
すると水はちょろちょろとだが流れ続けており源頭で湧水ゲットから密かに期待。
P8150349
しかし12:50、たどり着いた1770mくらいの源頭は一か所から湧水が出ているのではなく斜面一帯からしみだしている感じで。これは汲みにくいし泥が混ざるやつ。
7分くらいあがいたが汲めなかった。ぶっちゃけ下りは大して時間がかからないし四郎沢の水をろ過して飲めばいいのだが源頭の水を飲みたかったのである。
無駄にあがく僕をみて呆れたのか、酒は先に稜線出てますねと先行していった。
P8150353
まあ適当に高い方に進めばどういっても登山道にぶつかるからいいかと酒を見送った僕も水を諦めて登山道目指して進む。12:58。
針葉樹の疎林は踏み跡が続いて藪漕ぎなく進めたのだが最後1820mくらいからは笹薮にin。稜線はすぐそこなので踏み跡探すのも面倒でまっすぐ上った。
P8150357
13:08、1850m鞍部で登山道合流。
少し先で登山道に出ていた酒と無事合流。
四郎峠まで少し歩いて沢装備解除することに。
P8150359
13:21、四郎峠到着。
往路でも沢装備解除したところでまたもや沢装備を解除。下りでは四郎沢を歩くつもりはなく登山道オンリーでさっさと帰りたい。
P8150364
13:38、下山開始。
往路も通っている箇所はたったか下っていく。
1630mくらいまで降りると地形図上の1600m二俣中間尾根を下るように。まあ1600mに二俣は存在しないのだが。
P8150367
14:04、1575m辺りの二俣で中間尾根は終わり。
瀑泉さんの記事にもあるがここまで地形図の二俣がずれているのは珍しい。
破線路が間違ってるのはよくあるけど。
P8150368
往路は通らなかった登山道箇所はわりと笹が覆いかぶさっていてダニが心配。まあこの日は見なかったのだが。
P8150372
丸沼温泉手前まで下ると見上げた空は青。
午後は天気が崩れるらしいとの予報で少し急いだのだがもう少しのんびりでもよかったか。
P8150374
14:34、丸沼温泉の駐車場につくと朝は結構すいていたのに9割がた埋まっていた。
登山靴を脱ぎ、着替えて帰途に就くと湖畔で遊ぶ家族連れの姿が。
三密避けてきてもこの人口密度だとどうなんだろうなと横目に見つつ。紅葉にはまだ早いのにいろは坂を下りきるまで割と混んでいた。
まあ悪くない盆休みの締めとなったか。

今回の軌跡
この地図は電子地形図25000(国土地理院)を加工して使用しています(令和元年手続改正により申請適用外)
無題
四郎沢はナメが続くのだが右俣を詰めていかない限りはそう長く歩けるわけでもなく。わざわざ四郎沢目当てに行くよりは大薙沢にいくついでに歩くくらいがいいのかなと思う。
大薙沢は癒しの右俣とちょいちょい滝のある左俣で楽しめたのだが山の反対側から行って四郎岳に立ち寄ったうえでも9時間かからなかった。
がっつり歩くというよりは軽い気持ちでいく沢かなと思う。大清水から行ったらまた違う感想になるのかもしれないが。
盆休みは泊りこそいけなかったがそれなりの歩きを三回こなせた。
ただそれでも月末のやばい歩きには体力が不安だったので、翌週は磐梯山にロングコースで行くことになるのであった。