2020.10.18(日)
みやぎ蔵王白石スキー場駐車場 -コガ沢コース  -水引入道 -ジャンボリーコース  -林道 -みやぎ蔵王白石スキー場駐車場

行きがけの駄賃に。

ビジネスホテル泊まった翌朝は5時半に起きた。
朝食バイキングは6時半からなのでのんびりと支度をする。
バイキングのメニューはあまり多くはなかったが味は良かったし腹も膨れたので満足。
部屋に戻りチェックアウトして南蔵王を目指して走り出す。
昨夜調べたところ南蔵王の標高低いところに行けば紅葉がみられると思ったのだが山頂まで行くと低いところでももう終盤のようだ。
とはいえ安達太良辺りならいつでもいけるし折角ここまで来ているので蔵王周辺を歩きたい。そこで標高1000m以下から登り始めるという水引入道とやらに出かけることにした。
だらだらとドライブしていくとみやぎ蔵王白石スキー場駐車場についたのが八時半過ぎ。
普段なら遅すぎる時間だが6時間もかからない山なので問題ないだろう。
駐車場はかなり広くここに停められないということはないだろう。
30台くらいは停まっていたが100台でも余裕だ。
昨日の雨のせいでいつもの登山靴が濡れており、はきたくないので古い登山靴を履いて準備完了。
8:57、歩き出す。
今のところ快晴のようだ。
PA182540
三日間朝日連峰を歩いてきた翌日なので足が重い。しかし荷物は大幅に軽くなったので足は前に進む。なんとも微妙な感じだ。
最初はスキー場のゲレンデを登っていくのだが早くももくもくと雲がわいてきた。
昨日の天気予報では晴れだったんだが?
これは紅葉してても微妙かな。
PA182551
歩き出し15分ほどでゲレンデから横の林の中へ。
たまにいい色した紅葉はあるが基本的にこのあたりまだ早いようだ。
沢を右下に見てトラバースするようになるとだんだん木々が色づいてくるが緑成分多め。
PA182555
PA182557
ぽつぽつといるハイカーたちに道を譲られつつ先へ。
わりとゆっくり歩きたい気分なのだが勤続疲労的に。
道沿いの木々はまだ赤が少ないのでどうしても沢をのぞき込んでそちらの紅葉に目が行くように。
やはり沢沿いは紅葉が早い。
PA182565
道沿いも早く色づかないものかと思うが標高をじりじりと上げていくものだからあまり周りの光景は変わらず。
9:43、1050m手前くらいで登山道が沢の高さまで一旦降りる。
光があればそれなりの色づきだがやはりまだ早いか。
PA182588
このまま沢沿い歩きなら紅葉も進んでいるはずと思ったが、無情にも登山道は沢沿いから高さを上げていく。黄色は結構いいのだが。
PA182605
それでも標高を上げていくと対岸もそれなりに色づいている雰囲気に。
登山道脇にも赤いものが見えだして1150mくらい。
黄色も鮮やかでなんだかいい雰囲気になってきた。
これで晴れていればなあと思うが致し方ない。
PA182625
PA182629
PA182633
PA182644
綺麗な赤いカエデというものはなかったがそれなりに紅葉が楽しめるのでいい気分で歩いて行ったのだが、次第に茶葉が目立ち始め、気づけば鎖を掴んで沢へと降りる箇所へ。10:30。
地形図で水線がY字に分かれるうえで登山道は二回沢を渡渉して北へ向かうのだがそこへたどり着いたようだ。
PA182655
PA182672
PA182694
渡渉して次の渡渉点へと回り込むところで、二俣をのぞき込む。
すると右俣の向こうに地形図では水線のない支沢が滝を落としていた。
PA182699
鎖を掴んでトラバースしていく。
まあそう難しい場所でもないのだが一応慎重に。
対岸は崖っぽいがどう登り返すのかと思えばやはり鎖があって安心。
PA182703
晴れていたらそれなりに映えそうな谷間。
PA182705
渡渉後、鎖のある登りなのでまあ問題なかろうと登っていくが、小さな沢の流れがあるらしく鎖場の岩がヌレヌレで嫌らしい。ちょっと慎重になった。
その先は危険はないようだが一気に標高を上げていくので足にきそう。
前後に誰もいないのでマイペースで行くことに。
PA182714
足が重いと思いつつ標高を上げていく。
光があれば映えるであろう紅葉もあったが、沢沿いと比べるといまいちぱっとしない。
そして対岸の斜面上の方を見ると晩秋の装い。上の方は紅葉が終わっているようだ。
どうにもどこの紅葉を楽しむにも微妙な時期にきてしまったようだ。
東北の紅葉が遅れている今年でこれだから、本当は10月頭くらいに来ないと山頂付近の紅葉は楽しめないんだろうな。
PA182721
PA182729
まあそれならそれで写真撮る手間が省けるからいいかと強がっていると
"上ばっか見てんじゃねえぞ"
足元から声がかかった。
いつの日か藪の番人、ベビナゲさんである。1400m手前でちょうど11:00。
PA182734
不思議なことにこの足元にいるナゲ達、この一角にしか存在していなかった。ちなみにアズナゲ。
まさかシャクナゲ愛好家がここだけに種をまいたなんてこともないのだろうがどこからやってきたのだろうか。
ナゲという話も相手もいないのでぽつぽつと存在するしょぼ紅葉を眺めつつ淡々と登っていく。
PA182737
PA182745
11:23、1530mくらいまでやってくると久々にナゲ登場。
ペロっとめくってみるとハクナゲ。
さっきのベビナゲ達はアズナゲだからこいつらとは関係ない。謎は深まった。
PA182751
そのすぐ先でガレゾーンに出た。
一気に展望が広がり晴れなら爽快だろうが、この曇天では。朝方の快晴はまやかしか。
PA182760
西の支尾根を見下ろしてみると意外と紅葉は存在するようだ。
まあこれも残滓かもしれないが。
いつか紅葉のピークにここへきたら歩いてみてもいいかもしれない。
PA182763
PA182766
PA182776
11:32、ジャンボリーコースとの分岐についた。
少し風が吹いて寒くなってきたが面倒なのでそのまま山頂を目指す。
分岐から先は結構ハイカーがいる。
さっきまでの閑散具合が嘘のようだ。まあ遅く登り始めたから皆もう山頂に行ったあとなんだろうな。
盛りは数日前に過ぎましたよといった雰囲気の紅葉の残滓がお出迎え。
PA182794
紅葉と天気が良ければ向こうの稜線まで行く腹案もあったが今日はいいか。
またいつかタイミングがあったら向こうから歩こう。
PA182801
火山っぽい雰囲気のゾーンを抜けてゆるゆると登っていくと、最後は登山道なければ空中戦という藪模様。
しかし登山道が通っていれば天下のハイマツ様も無力。あっさりと11:43、水引入道の山頂についた。
何故ここに来ることにしたかといえば紅葉の他に名前が面白かったからである。
PA182805
PA182817
PA182820
僕は9時近くに登り始めたのだが、勤勉な早朝から登り始めたハイカーたちは先の稜線まで行く人が多いらしく、こちらに向かって何人も歩いてくる。
この天気とこの紅葉具合でここに長居してもな。さっさと分岐まで戻った。11:52。
PA182832
PA182833
PA182851
分岐付近でしばらく休憩して12:05、下山開始。
帰りは尾根上を通るジャボリーコースとやらにする。
稜線の紅葉はチリチリ。ここらへんのナゲもやはりハクナゲばかりだった。
PA182862
1480mくらいまではトラバース気味に下る登山道だったが、そこからは一気に標高を下げていくように。
すると状態のいいツツジの紅葉も出てきたり。
対抗するべく飛び出してきたのは、久々にアズナゲだった。
PA182873
PA182882
PA182879
良い色したカエデの巨木が出てきておっ、と思ったが曇天なので映えない。
紅葉の盛りでもこの天気ならダメだったかもな。なんてのいうのは負け惜しみだ。
PA182887
その後も赤いのはいなかったが黄葉はぽつぽいるなあと思いつつ、印象に残るほどではないのでおざなりな感じで下っていく。
まあこの程度ならヨソでも簡単に見られるしという。東北に求める紅葉のハードルは高いのだ。そのわりにこの日は適当に下調べもろくにせずきてしまったのだが。
PA182893
PA182897
もはや見るべきものも大してないし歩きやすいからとたったか下っていくと12:59、1110m辺りに水場があるようなので立ち寄ってみる。
見たところ奥の方から染み出しているようで水温も冷たいので悪くない水場に思える。
無駄に水を背負っていたので汲まなかったが。
PA182911
水場を後にし、840m辺りまで下った13:26、このまま林道に降りると少し標高を損するのでショートカットすることにした。
南へ向かって笹薮を漕ぐ。
下りなのでこの程度気にならない。
PA182915
すると、藪の中で特徴的なキノコを見つけた。マイタケ・・・いや違うか。
でも食べられそうな顔してるよなあ。
まあ僕はキノコに詳しくないからスルーするのが賢明だな。
よく考えたら持ち帰って調べればすぐ正体がわかるであろう特徴的外見だったのだが、面倒なのでスルーしてしまった。帰ってから調べたら明らかにハナビラタケ(食用)であった。
PA182917
キノコをスルーした僕は13:30、林道にとびでた。目撃者はいないな?よし。
林道は未舗装だがかなり走りやすそう。
ぶらぶらと歩いて駐車場に帰った。
駐車場は広すぎて、端にたどり着いても駐車地までがまだ遠かった。13:53。
PA182921
PA182923

今回の軌跡
この地図は電子地形図25000(国土地理院)を加工して使用しています(令和元年手続改正により申請適用外)
無題
その後荷物をまとめた僕は帰途に就いたのだが高速が事故渋滞していたりで思いのほか時間がかかって。四日ぶりの自宅に帰りつくととりあえず風呂には入ったが後は疲れて寝てしまった。
翌日の夏休み最後の日もだらだらと過ごし日常生活(仕事)に戻ると三日間留守にしていた間にたまったメールが現実へと否応なく引き戻してくれて。
平日は仕事で疲れて帰ったら寝るかゲーム、休日は性懲りもなく山へと出かけていたら気づけば東北で過ごした四日間からもう一か月も過ぎていた。忙しいと時間がたつのはあっという間だ。
栃木福島県境歩きを三週連続で敢行したのでその記録もまとめないといけないのだが、明日は狩猟解禁前に奥久慈へ行こうと思っている。