2022.4.10(日曜)
西口笹トンネル東出口横 -南の小尾根 -稜線 -いつものアカヤシオ生息地 -西口笹トンネル東出口横

流石に盛りを過ぎていた。

また三か月くらいブログ更新をさぼった。
相変わらず仕事が忙しくてやる気が出ないのである。年度が替わってもシームレスで仕事量はそのままだ。むしろ増えそう。

このところの近況をまとめると
"栃木・茨城県境 八溝山南東の峠から石尊山"
"鹿沼市境歩き 笹目倉山・風雨雷山・お天気山・羽賀場山周回"
"賀蘇山神社手前からハナント山-城山公園まで縦走"
"閑馬Ⅰ峰・金原山・三床山周回"
"二ツ森・大滝山・天狗角力取山・水無山手前まで残雪縦走"
となる。
まあそれなりに歩いてはいる。

さて今年は低山アカヤシオが外れっぽいのだがもう少し様子を見に行こうかと思っていた。
しかし土曜日は後輩のとんとんが麻雀の面子が足りないぶひぃと言うので、しかたないなと朝10時から12時間麻雀をしていた。
いつも通りドラの類が勝手に集まるのはいいとして不思議と染め手もできやすく、清一色を三回も上がってしまった。チップも点数も独り勝ちして帰った。

4/10、五時過ぎに起きだしたが眠い。
麻雀は座ってるだけとはいえ12時間もやれば腕も頭も疲れる。昨日後輩に運使い果たしてるから山行ったら滑落するんじゃないですか、とも言われたし二度寝しようかと思ったが天気がいいので六時過ぎに家を出た。
行く先は鹿沼のよくわからないところ。今年は一週間程度開花が遅れているとはいえ流石に遅いのではないかと思ったが南摩ダム北側の代替道路が開通しているのでショートカット周回が可能になっているであろうと確認しておきたかった。

7時半過ぎに西口笹トンネル東出口横路肩に車を停める。今日は暑い。
7:41歩き出す。
薮っぽい道路南の小尾根に取りついた。
P4100001
薮をがさって小尾根に乗ると獣道あり。
わりと歩きやすいのかと思ったが、ここは鹿沼。そんなに甘くない。
いきなりやばい岩峰が現れた。
直登しようなんて気はさらさら起きない。
P4100004
左は弱点無し。
右に回り込み狭いバンドを伝って半分くらい登ると急な土付きの溝しか弱点無し。木の根をつまんでなんとか登った。藪の中に盛りを過ぎたアカヤシオが居たが相手をしてる余裕なし。
P4100010
岩峰の上に出てほっとしているとアカヤシオの花弁が落ちている。
見上げると咲いていたが盛りを少し過ぎたのと枝が邪魔して見栄えはしない。
P4100016
平和になった小尾根を西へと登っていくが、目につくのは見事に満開な山桜ばかり。
後醍醐天皇の時代は花見と言えば山桜だったらしいし花見的に間違ってはいないのだが。
P4100022
P4100024
P4100025
439mピーク北のピークまでは登らずに、北へとトラバースして主稜線に乗る。
北進して400m級ピークも巻いて東へと。
P4100027
P4100034
次の400m級ピークからがアカヤシオゾーンなのだが・・・やっぱり盛りは過ぎていた。花弁が大量に落ちている。
P4100036
P4100040
P4100042
勝手知ったる岩尾根なので適当に巻きつつ歩いて行く。
盛りを過ぎているからなんとも言えないが花付き良くはないな。壊滅的でもないが。
P4100048
P4100050
気に入りの場所を巡ってくがスカスカ。数日遅かったな。
やっぱり先週くるべきだったか。日曜の雨が悔やまれる。
ただ蕾のまま萎れているのもいたから霜でやられたのかも。
P4100056
一応もう少しだけ見ておくかと東進していくが微妙。
日当たり悪いが多少ましな奴らを見て引き返す。
P4100066
P4100068
分岐を南へ。駐車地近くへ伸びているいつもの支尾根を南進していく。
いつもは咲いているヒカナゲさんが既に散っていたのでやはり来るのが遅かったなと。
西へと折れて散り残ったアカヤシオつまみ食い。
ダム採石場が生々しい。
こちらの尾根だけは手を出さないでほしいが。
P4100088
P4100090
P4100093
一度下りているので不安はないが、急な岩尾根を降りていく。
何故か少し状態のいいアカヤシオもいたが藪の中。
P4100107
P4100108
P4100110
ゲロ暑いので汗だくになりつつ薮めいた小川を少し下るとトンネル横に上がる階段が見えて、駐車地はすぐそこ。
9:52。駐車地着。汗だくなので帰りたくなった。
P4100113
今回の軌跡
この地図は電子地形図25000(国土地理院)を加工して使用しています(令和元年手続改正により申請適用外)
無題
西口笹トンネルを西に抜けて、架け替え中の南摩ダム南岸にできるらしい林道を見に行くが入り口で通行禁止。2年後の完成を待つしかないようだ。
アカヤシオシーズンに利用したいのだが、春までに完成しないと使えるのは3年後か。

標高的に200mくらい上げればアカヤシオ的にはちょうど良さそう。
直ぐ近くの二股山でよくねって感じもするが、たまには新規開拓しに行こうかと、僕は鹿沼南西部、誰もわざわざアカヤシオ見物に来ないであろう場所へ移動することにした。
コンビに立ち寄ってゲットしたコーラが、酷く美味かった。