スカイラインをぶらぶらと歩いて茶ノ木平遊歩道入り口に11:41。
P4300323
展望台で中禅寺湖をチラミして。
稜線北側のアカヤシオ群生地はちょうど咲き始めなので傷んでいなかった。
P4300324
P4300327
P4300333
1575m地点へ向かうべく、1550m辺りから南へトラバース。
背の低い笹薮をガサっていくと尾根上へ。
1575m地点辺りのアカヤシオも咲き掛けなので傷んでおらず印象良し。
P4300348
P4300353
晴れたり曇ったりな1575m地点で12:06から15分ほど休憩。
誰か来るかなと思ったが誰も来ない。
前日光はアクセスが良く軽く歩ける山域なのに登山道を外れた場所ではほとんど人と会った記憶がない。人より熊に会いやすい場所。
P4300365
P4300370
時間があるので手焼沢・長手沢中間尾根を1520mくらいまで下ってアカヤシオ観察。
しかし既にして旬を過ぎていて。
何度も歩いているが当たり年でも旬に会えたり会えなかったり。
前日光のこの辺りや田沢奥山辺りは霜にやられて残念というパターンが多い気がする。
P4300380
P4300382
P4300388
12:40に1575m地点へ戻ると、北進して登山道に合流し茶ノ木平方面へ。
明智平・茶ノ木平分岐に12:55。
その先直ぐで湧水の沢が始まる。
P4300408
P4300410
ここの水を飲む人間はまずいないだろうが、この沢水を頼りに暮らしているイキモノ達がいる。
道を外れて沢沿いに行けばにょろりとしたシルエット。
沢水独占、シャクナゲさんである。
P4300415
P4300419
あまりこういう平坦でだだっ広い地形には生息していないナゲ達であるが、
ここの冷たい沢水が気に入ったのか、この一角だけ集落を形成している。
去年適当に道を外れて歩いていたら存在に気付いたのだが、花をつけることもなくひっそりと暮らしているようだ。
対岸奥の登山道に人影が見えたが、当然の如くナゲ達に面通しすることもなく先へと歩いて行った。

13:11、明智平・細尾峠分岐。細尾峠から歩いてきたハイカーとすれ違う。
一人ぶらぶらと細尾峠へと下り初め。点在するアカヤシオは下るにつれて状態が良くなるが花密度はそこまで良くない印象で。
P4300453
P4300470
P4300482
P4300497
1453m地点東は相変わらずアカシヤオが群れていていい場所だ。
P4300511
P4300513
P4300515
P4300524
14時近くなり、天気も下り坂。
細尾峠へさっさと下ることにする。
曇り空ではあるが去年ここを歩いて時は強風+雪が舞っていたので大分まし。
P4300541
14:26、細尾峠。
写真には写らないようにしているがそこそこ駐車はあった。
大体が薬師岳や夕日岳方面へ行ったのだろうが。
P4300543
そして長い下りが始まる。
地蔵坂のくねくねは段差が大きいためショートカットすることが困難。法面で補強もされているし。
上部と下部でちょろっとショートカットするのが限界だった。
下りきって対岸に渡れば駐車地はすぐなのだが、川へ降りて這い上がるのはわりと大変。遠回りで橋を目指す。
P4300548
P4300549
15:18、駐車地着。
7時間半弱と思ったよりも歩いていなかった。
想定より天気もアカヤシオの状態も良くなかったので仕方ないか。
特に意味もないが粕尾峠経由で帰った。

今回の軌跡
この地図は電子地形図25000(国土地理院)を加工して使用しています(令和元年手続改正により申請適用外)
無題ふ
この後GWは村杉半島に出かけたし、5月後半は奥秩父・南ア前衛峰と歩いて終わったので今シーズンのアカヤシオ見物はこの日が最後だった。総括してやはり今年は外れだったと言える。袈裟丸に行く気もしなかったし。田沢奥山へ出かけたみー猫さんや瀑泉さんの記事を見ると結構よかったようなのであそこはどうも他とは傾向が違うようだ。霜にあたるかどうかなだけな気もする。
そういえば足尾に花見へ行こうなんて考えもあったが天気の都合もあり結局行かなかったし、今年はまだ足尾へ行っていない。花が絡まないと足尾で行きたい場所は松木奥になってしまうので、またしばらく足が遠のきそうである。